フラボノイドとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 化合物 > 色素 > フラボノイドの意味・解説 

フラボノイド

同義/類義語:フラボン類
英訳・(英)同義/類義語:flavonoid

フェニル基を含むフラボン構造類似体総称で、多くは糖と結合した形で広く植物含まれる発芽などの生理作用を持つほか、ラジカルスキャベンジャーとして生体内過酸化物分解に働くと考えられている。

フラボノイド

【仮名】ふらぼのいど
原文flavonoid

多く植物植物由来食品含まれる物質。フラボノイドは抗酸化作用示している。

フラボノイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/05/16 10:25 UTC 版)

フラボノイド (flavonoid) は天然に存在する有機化合物群で、クマル酸CoAマロニルCoAが重合してできるカルコンから派生する植物二次代謝物の総称。いわゆるポリフェノールと呼ばれる、より大きな化合物グループの代表例。その中にアントシアニンカテキンフラバンを含む広い概念で、付着する糖のバリエーションを考慮すると7,000以上の構造が知られている。フラボンアントシアニンは天然色素として用いられる。また花の色素として知られるアントシアニン紅葉(赤色)の原因でもある。フラボノイドのうち、クエルセチンヘスペリジンなどをあわせてビタミンPと呼ぶこともある。しかし、日本ビタミン学会はビタミンPをビタミン様物質として規定している。つまり、ビタミンPはビタミンではない






「フラボノイド」の続きの解説一覧





フラボノイドと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

フラボノイドのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




フラボノイドのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2014 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2014 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフラボノイド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS