フラクトゥールとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > フラクトゥールの意味・解説 

フラクトゥール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/02/04 07:37 UTC 版)

フラクトゥールDe-Fraktur.ogg Fraktur[ヘルプ/ファイル]、フラクトゥーア)は、ドイツ文字、亀の子文字、亀甲文字、ひげ文字などとも呼ばれる書体である。ドイツでは、第二次世界大戦頃までこの書体を印刷に常用していた。




[ヘルプ]
  1. ^ R. Paulli, "Den sejrende antikva", i: Det trykte Ord, published by Grafisk Cirkel, Copenhagen, 1940.
  2. ^ Tore Rem, "Materielle variasjoner. Overgang fra fraktur til antikva i Norge." in: Mats Malm, Barbro Ståhle Sjönell & Petra Söderlund (eds.), Bokens materialitet - Bokhistoria och bibliografi, Svenska Vitterhetssamfundet, Stockholm, 2009
  3. ^ Martin Bormanns Schrifterlass vom 3. Januar 1941
  4. ^ Helmut Heiber: „Die Rückseite des Hakenkreuzes“, München 1993, S. 224 f., ISBN 3-423-02967-6
  5. ^ Albert Kapr, Fraktur: Form und Geschichte der gebrochenen Schriften, Mainz, 1993, p. 81.
  6. ^ a b c d e これらのコードポイントにある大文字は、フォントによってはフラクトゥールにならず、別のブラックレター文字が表示される。


「フラクトゥール」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「フラクトゥール」の関連用語

フラクトゥールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

時計草

ハット

テスラ

T-4

帰雁水月図鐔

すいか包み

スロッテッドヘッド

神明鳥居





フラクトゥールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフラクトゥール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS