フクロウとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > フクロウの意味・解説 

フクロウ

作者今江祥智

収載図書わらいうさぎ今江祥智ショートファンタジー
出版社理論社
刊行年月2004.7


フクロウ

フクロウ
フクロウ

映像ファイルをダウンロードして再生することができます



読み方:フクロウ(fukurou)

フクロウ科

学名 Strix uralensis


読み方:フクロウ(fukurou)

フクロウ科

学名 Strix uralensis


読み方:フクロウ(fukurou)

分野 狂言

年代 成立未詳

作者 作者未詳


読み方:フクロウ(fukurou)

作者 石川淳

初出 昭和25年

ジャンル 小説


読み方:フクロウ(fukurou)

作者 伊藤永之介

初出 昭和11年

ジャンル 小説


読み方:フクロウ(fukurou)

作者 志賀直哉

初出 大正14年

ジャンル 小説


読み方:フクロウ(fukurou)

作者 山崎俊夫

初出 大正8年

ジャンル 戯曲


フクロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/01 02:17 UTC 版)

フクロウ(梟、鴞、学名Strix uralensis Pallas, 1771)は、フクロウ目フクロウ科フクロウ属に分類される猛禽類である鳥類の一[2][4]夜行性であるため人目に触れる機会は少ないが、その知名度は高く[5]、「の物知り博士」、「森の哲学者」などとして人間に親しまれている[6]。木の枝で待ち伏せて音もなく飛び、獲物に飛び掛かることから「森の忍者」と称されることがある[7]


[ヘルプ]

注釈

  1. ^ フクロウ類は羽毛が非常に柔らかく初列風切羽の先が細かく裂けていることから羽音を立てずに飛行することができる。
  2. ^ 他の種類の鳥は視野は約340度と広いが、遠近感をつかめる範囲は約24度と狭い。
  3. ^ 雛へ給餌するために運ばれる鳥類として、アカゲラアリスイオオルリカッコウカワセミカワラバトカワラヒワカラ類キジバトクロジコマドリサシバスズメツグミ類ツツドリヒヨドリホオジロ類ムクドリモズなどが確認されている。
  4. ^ キジコジュケイヤマドリなどのかなり大きなものまで食べる。
  5. ^ 大きなものとしては、ノウサギを巣に運び込もこともある。
  6. ^ 鳥獣調査報告第12号(11月から翌年の2月までにフクロウが食べた物の調査結果、農林水産省
  7. ^ 20年もしくはそれ以上生きるフクロウの個体がいることが知られている。
  8. ^ 東京都の北多摩と南多摩では絶滅危惧IB類(EN)、西多摩では準絶滅危惧(NT)。
  9. ^ 千葉県のカテゴリー「重要保護生物(B)」は、環境省の絶滅危惧IB類(EN)相当。
  10. ^ 青森県のカテゴリー「希少野生生物(Cランク)」は、環境省の準絶滅危惧(NT)相当。
  11. ^ 奈良県のカテゴリー「希少種」は、環境省の準絶滅危惧(NT)相当。

出典

  1. ^ a b c Strix uralensis (Ural Owl) in IUCN Red List of Threatened Species. Version 2013.2” (英語). 国際自然保護連合(IUCN). 2013年12月20日閲覧。
  2. ^ a b c IOC World Bird List 3.5 (Owls)” (英語). 国際鳥類学会議(IOC). 2013年12月22日閲覧。
  3. ^ a b Strix uralensis Pallas, 1771” (英語). ITIS. 2013年12月22日閲覧。
  4. ^ 日本鳥類目録 改訂第7版”. 日本鳥学会 (2012年9月15日). 2013年12月22日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k 樋口 (2007)、22頁
  6. ^ 富士元 (1998)、70頁
  7. ^ a b c 樋口 (2007)、17頁
  8. ^ a b c d e f g h i 中川 (2010)、147頁
  9. ^ a b c d e f g h i j 叶内 (2006)、358-359頁
  10. ^ a b c d e 小海途 (2011)、84頁
  11. ^ a b 福田 (1986)、44頁
  12. ^ 中川 (2010)、143頁
  13. ^ 叶内 (2006)、355頁
  14. ^ 中川 (2010)、230頁
  15. ^ a b c d e 高木 (2000)、24頁
  16. ^ a b c d e f g 国松 (1995)、104頁
  17. ^ 樋口 (2007)、21頁
  18. ^ a b c d e 真木 (2012)、150頁
  19. ^ a b c 福田 (1986)、46頁
  20. ^ 福田 (1986)、16頁
  21. ^ a b c d e 福田 (1986)、47頁
  22. ^ a b c 福田 (1986)、6頁
  23. ^ 富士元 (1998)、6頁
  24. ^ 福田 (1986)、17頁
  25. ^ a b 富士元 (1998)、9頁
  26. ^ 福田 (1986)、9頁
  27. ^ 福田 (1986)、2-4頁
  28. ^ 富士元 (1998)、7頁
  29. ^ a b c 小宮 (2011)、32頁
  30. ^ 富士元 (1998)、5頁
  31. ^ a b c d e f g h 樋口 (2007)、24頁
  32. ^ a b c d 白石 (2007)、17頁
  33. ^ 福田 (1986)、48頁
  34. ^ a b c d 樋口 (2007)、23頁
  35. ^ 本郷 (2009)、95頁
  36. ^ 白石 (2007)、21頁
  37. ^ 滝沢 (2013)、86頁
  38. ^ 風間 (2004)、79頁
  39. ^ 福田 (1986)、28頁
  40. ^ 福田 (1986)、49頁
  41. ^ a b c d e 樋口 (2007)、25頁
  42. ^ 福田 (1986)、20頁
  43. ^ 富士元 (1998)、20頁
  44. ^ 富士元 (1998)、24-25頁
  45. ^ 富士元 (1998)、40頁
  46. ^ a b 樋口 (2007)、27頁
  47. ^ 福田 (1986)、11頁
  48. ^ 大庭 (2007)、22頁
  49. ^ a b 梓川鳥類生態研究会 (1993)、78頁
  50. ^ 要伝寺_親子観
  51. ^ 日本のレッドデータ検索システム「フクロウ」”. (エンビジョン環境保全事務局). 2014年2月13日閲覧。 - 「都道府県指定状況を一覧表で表示」をクリックすると、出典元の各都道府県のレッドデータブックのカテゴリー名が一覧表示される。
  52. ^ a b 風間 (2004)、74頁
  53. ^ 東京都の保護上重要な野生生物種(本土部)2010年版 (PDF)”. 東京都. pp. 49 (2010年). 2013年12月21日閲覧。
  54. ^ 千葉県レッドデータブック動物編(2011年改訂版) (PDF)”. 千葉県. pp. 89 (2011年). 2013年12月21日閲覧。
  55. ^ 岡山県版レッドデータブック2009 (PDF)”. 岡山県. pp. 79 (2009年). 2013年12月21日閲覧。
  56. ^ レッドデータブックおおいた2011”. 大分県 (2011年). 2013年12月21日閲覧。
  57. ^ レッドデータブックとちぎ・フクロウ”. 栃木県 (2011年3月). 2013年12月21日閲覧。
  58. ^ 埼玉県レッドデータブック2008動物編 (PDF)”. 埼玉県. pp. 98 (2008年). 2013年12月21日閲覧。
  59. ^ 岐阜県レッドデータブック(初版)・フクロウ”. 岐阜県 (2002年). 2013年12月21日閲覧。
  60. ^ レッドデータブックあいち2009・フクロウ (PDF)”. 愛知県. pp. 167 (2009年). 2013年12月21日閲覧。
  61. ^ 三重県レッドデータブック2005・フクロウ”. 三重県 (2005年). 2013年12月21日閲覧。
  62. ^ 京都府レッドデータブック・フクロウ”. 京都府 (2002年). 2013年12月21日閲覧。
  63. ^ レッドデータブックとっとり(動物) (PDF)”. 鳥取県. pp. 61 (2012年). 2013年12月21日閲覧。
  64. ^ しまねレッドデータブック・フクロウ”. 島根県 (2004年). 2013年12月21日閲覧。
  65. ^ レッドデータブックやまぐち・フクロウ”. 山口県 (2002年). 2013年12月21日閲覧。
  66. ^ 青森県レッドデータブック(2010年改訂版) (PDF)”. 青森県. pp. 207 (2010年). 2013年12月21日閲覧。
  67. ^ a b 樋口 (2007)、22-23頁
  68. ^ Hundreds of pet owls abandoned after Harry Potter craze fade, DailyMirror, 20 May 2012
  69. ^ 釧路町の概要”. 釧路町. 2013年12月22日閲覧。
  70. ^ 市の木・花・鳥・昆虫(平成17年4月27日指定)/青森市”. 青森市 (2005年4月27日). 2015年4月12日閲覧。
  71. ^ 花・鳥・木”. 花巻市. 2013年12月22日閲覧。
  72. ^ つくば市のプロフィール「市の花・鳥・木」”. つくば市 (2013年4月1日). 2013年12月22日閲覧。
  73. ^ 市の木・市の花・市の鳥をご紹介します”. 取手市 (2011年5月6日). 2013年12月22日閲覧。
  74. ^ 市の木・花・鳥”. 松戸市 (2013年11月25日). 2013年12月22日閲覧。
  75. ^ 市のシンボル(花・木・鳥・昆虫・小動物)”. 北杜市 (2011年6月24日). 2013年12月22日閲覧。
  76. ^ 市の木・花・鳥”. 袋井市 (2010年5月16日). 2013年12月22日閲覧。


「フクロウ」の続きの解説一覧





フクロウと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「フクロウ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||



8
100% |||||


10
100% |||||

フクロウのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

コサメビタキ

コサギ

オオチドリ

ハマシギ

フクロウ

キビタキ

ジョウビタキ

ヒバリシギ





フクロウのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
オーエンオーエン
Copyright (C) 2002-2017 Oen Co.,Ltd. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフクロウ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS