フォロワーとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > フォロワーの意味・解説 

フォロワー

【英】follower

フォロワーとは、Twitterはじめとするソーシャルサービスにおいて、特定のユーザー更新状況手軽把握できる機能設定利用し、その人活動追っている者のことである。

Twitterには「フォロー」という機能がある。これは指定した人のツイート自分ホームタイムライン上で閲覧確認できるようにするもので、より手軽に、動向を漏らさずチェックできるようになる。

フォローを行うこと・フォロワーになることは、基本的に片方向的なアクションとして捉えられる。基本的にTwitetrにおいて誰かのフォロワーになるために申請承認を行う必要はなく、またフォロワーを解除する場合にも制限制約はない。ただし非公開ツイート閲覧には、フォローリクエスト送信して承認を得る必要がある

Facebookにも相手動向アクティビティ)を自分アカウントニュースフィード上に表示させる機能があり、Twitetrと同様「フォローする」「フォロワーになる」といった表現が用いられる。Facebookには友人知人との双方向的なつながりを持つ「友達機能があり、フォロー機能芸能人政治家といった著名人動向チェックなどに適した片方向的なつながりという位置付けになっている

なお、フォロワーの語は元々は「後に続く者」「追従者」といった意味の英語である。


参照リンク
フォローに関するよくある質問 - (Twitter
フォローする - (Facebook
Webサービスのほかの用語一覧
Twitter:  フォローリクエスト  フォロー  お気に入り  フォロワー  TweetMe  Janetter  空リプライ

フォロワー

出典:『Wiktionary』 (2010/11/07 07:20 UTC 版)

名詞

  1. 追従
  2. 信奉者
英語のfollow には「ただ漠然と付いて行く」という意味も含まれている。しかし、半ば日本語化している当語においては、「漠然とではなく、その対象に付いていくに値する何らかをそれが持っている」という意味を暗黙の内に含んで用いられる場合大半である。
通常では一般的な日本語である「追従者」を使えば良いのであるが、例えば「ビートルズ・フォロワー」のように非日本語名詞(大抵は英語の固有名詞)と組み合わせて用いる時に好んで使われる傾向がある。これは、いわゆる「〜信者」という表現該当する場合多々あるが、必ずしもこの意味だけで用いられる訳ではない。たとえば音楽において、顕著影響を受けているために奏法等のスタイル似ているアーティスト比較して言う時に「AはBのフォロワーだ」というように用いる。

発音

ふぉろわー

語源

英語follower

追従する」を意味する動詞followに「動作者、行為者」を意味する接尾辞-er付加され名詞したもの音写

翻訳





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

フォロワーに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「フォロワー」の関連用語

フォロワーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Galaxy S7 edge

WT310/C

Optimus chat

ドブ付きトンボ

LED Cinema Display

FOMA ユビキタスモジュール

Wedge Touch Mouse

超解像





フォロワーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリフォロワーの記事を利用しております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのフォロワー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS