フェンシングとは?

Weblio 辞書 > スポーツ > スポーツ辞典 > フェンシングの意味・解説 

フェンシング [1] 【fencing】

西洋流の剣術細長い剣を片手持ち,突いたり斬ったりしあうもので,中世ヨーロッパ騎士の間で戦闘術として発達し,次第競技化した。サーブル・エペ・フルーレの三種がある。

フェンシング

歴史と沿革

フェンシングは中世騎士道華やかなりし頃、「身を守る」「名誉を守る」ことを目的として磨かれ、発達してきた剣術です。その後火器類の発達により、戦(いくさ)の場での実用性は急速に衰退していきましたが、その繊細かつ奥深いテクニック魅せられる人が多く軍人貴族基礎的教養として、競技化への道を歩むこととなりました。

1750年金網マスク開発され、危険性大幅緩和されたことが引き金となり、この頃からヨーロッパ各地競技会盛んに開催されるようになりました。オリンピックでは、1896年の第1回近代オリンピックアテネ)で正式種目に採用されて以来欠かすことなく現在に至っています。しかし、当時は国によって競技規則違いがあり、問題数多く発生しました。

1914年6月パリで開催された国際オリンピック委員会IOC)の国際会議統一的な「競技規則」が制定され、これにより競技の公正さが保たれ、判定を巡る争い無くなりました。この規則はフェンシングの国際性を確立する上で大きく貢献し、同時に現在の国際フェンシング連盟FIE)の試合規則原案ともなっています。


競技方法

フェンシングにはフルーレエペサーブル3種目があります使用する用具や有効面(得点となるターゲット)が違うなど、各種目で競技規則異なります。

男女とも共通のルールそれぞれ個人戦、団体戦あります世界選手権などでは、上記3種それぞれで、男女別、個人戦、団体戦12種目が行われます。

個人戦の場合プール戦(6~7名ずつの総当たり戦)は3分間で5本先取した方が勝利トーナメント戦は3分間3セット15先取した方が勝利となります。時間内で終わらなかった場合得点の多い方が勝ちとなります。時間終了して同点場合は、1分間1本勝負延長戦行います。1分経過しても同点場合備え延長戦前に抽選一方選手優先権持たせておき、延長戦終了時に同点場合優先権のある選手の勝ちとします。

団体戦場合、1チームの3名が相手チームの3名と合計9試合戦い、3分間で5本単位勝負重ねて45先取または、9番目の試合までの合計リードしたチームの勝ちとなります。9番目が終了して同点場合は、個人同様の1分間1本勝負延長戦決着をつけます。

突き」の判定電気審判器で行います。電気審判器と選手の持つ剣はボディコードと、審判コードまたは無線により接続されています。

審判通常1名)は試合進行指揮し、ランプ点灯した「突き」についての有効性判定します。ランプ点灯のほか、ルールに則した攻撃か、選手以外の物を突いて審判器が反応ていないか、ピスト試合コート)の範囲内行われ攻撃か、などの条件加味し有効な得点となるかどうか決定します。

●フェンシングの有効面
有効面は種目ごとに範囲異なります。各図の白地部分が有効面です。

フルーレ (2009年1月以降有効)

エペ

サーブル


道具、コートなどの説明

道具
○剣: 各種目で仕様異なる。

マスク: 絶縁マスク(フルーレ・エペ用)と伝導マスクサーブル用)がある。フルーレサーブルでは透明バイザーマスクも使われる。メッシュ金網)は一定条件の下、12kgの圧力耐える必要があるマスク前垂れ素材1600ニュートン圧力対す抵抗力がある。
※「ニュートン(N)」とは力の単位で、質量100gの物体にかかる重力大きさは約1Nである。

手袋: パッドが入っていて、手首から腕の半分までを覆う必要がある

試合衣服(ジャケット・ズボン): 十分に丈夫な素材で作られており、800ニュートン圧力耐える布地である。胸部の特定の部分を覆うプラストロン(プロテクター)をジャケットの下に着用する。プラストロンも800ニュートン圧力耐える素材であることが必要。ジャケットの裾は、「構え」の姿勢をとった時に10cmまでズボンに重なる必要があるズボンはひざ下までを覆う形で、ひざ下は隙間なくストッキング着用する。

○ボディワイヤー: 剣の鍔の内側ソケットにプラグで接続されるボディワイヤーは、剣を持つジャケットの袖を通り背中に出て、リールまたは無線機のプラグに接続される。フルーレ・サーブルの場合はボディワイヤーからメタルジャケットに接続される。

シューズ: 軽快に動ければシューズに特別の制約はないが、前後俊敏に動くためとその独特のフォームから、踵が低く底面平板滑りにくい形状のものが多く使用されている。

ピスト (試合コート
床面下図で囲まれたピスト全部)は、アルミニウムなどの通電性のある金属構成されています。電気審判器に接続されていて、床面接触した剣の突きや斬りでは信号を出さないようになっています。



フェンシング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/08 03:29 UTC 版)

フェンシング: fencing)は、ヨーロッパで発祥した剣を用いるスポーツ競技である。


  1. ^ : Fédération Internationale d'Escrime
  2. ^ Transparent visor mask FIE緊急通達 2009年11月5日
  3. ^ ロシア語ラテン文字翻字: Vladimir Viktorovich Smirnov
  4. ^ 陸軍省大日記 明治17年 「大日記鎮台 11月木 陸軍省総務局」
    陸軍省 明治17年11月
    「第七六八号 教導団 東京鎮台 今方戸山学校仏国剣術伝習ニ付員外助教トシテ下士若干名同校泊中付右ニ就シテハ其台府下屯在歩兵隊ノ内ヨリ軍曹伍長ノ内五名左ノ項目ニ達該致候ハ至急取調人名可申出此旨相達候事 十七年十一月十四日 西郷陸軍卿 一、二十五歳以下ノ軍曹伍長ノ内服役年限多キモノニシテ停年未満ノ者 一体格強壮行方正勤務勉励ノ者 一剣術志願ノ者 教導団ヘ本文別ニ近衛局ニ移牒モ本文朱書該所ノ通リ 但年齢ハ本文ノ如ク限ルト雖モ実際ノ都合ニ依リ多少之ヲ超過スルモ妨ケナシ」

    陸軍省大日記 陸軍省日誌・送達・受領日誌 明治17年 文書受領日記
    戸山学校 取調委員今村少佐
    明治17年1月3日〜明治17年12月29日
    「十一月二十九日 通報 庁名 戸山学校 西洋剣術用欽剣御渡相成度義ニ付伺 領収」
  5. ^ 陸軍省大日記 明治20年 「貳大日記 7月」
    陸軍大臣伯爵 大山巖 明治20年7月18日
    陸軍省 総務局 仏蘭西共和国陸軍
    「弐第二〇五九号 総務局 教師キエル氏帰国ニ付仏国陸軍大臣ヘ謝状之件 明治二十年七月十八日 戸山学校雇教師仏国剣術下副官キエル氏今般解雇帰国ニ付テハ該国陸軍大臣ヘ別封謝状送付相成度ト存候〜」


「フェンシング」の続きの解説一覧

フェンシング

出典:『Wiktionary』 (2010/11/07 05:07 UTC 版)

名詞

フェンシング

  1. 西洋式の剣術

語源

翻訳

参照





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

フェンシングに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「フェンシング」の関連用語

フェンシングのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

キャンプ

ドッジボール

気球

カーリング

ダブルダッチ

ユニカール

ショートテニス

セーリング





フェンシングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2016 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフェンシング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのフェンシング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS