フェランティとは?

フェランティ (Ferranti, Sebastian Ziani de)

フェランティという人は

セバスチャン・チアニ・デ・フェランティ セバスチャン・チアニ・デ・
フェランティ

リバプール生まれ、若い頃はイギリスエジソンと呼ばれた。 発明家技術者イギリス指導的な電機メーカーとして活動的生涯を送る。 科学電気技術高等教育は受けなかったが、1881年ジーメンス社イギリス支店働き始め工場内でアーク灯発電機に囲まれながら電気工学への熱意が育った。 目覚めた彼は天才であり、1883年弁護士勧め独立し、交流発電機発明歩きはじめる。

フェランティの主な経歴

1886年、サー・クーツ・リンゼー社に招かれ技師長を任命される。 ニューボンド街のグローヴナー美術館白熱電球照明としており、ジーメンス単相交流発電機ゴーラールギッブズ変圧器使用していた。 早速フェランティは変圧器一次巻線並列接続がえした。 グローヴナー美術館発電所は後に拡張し、700馬力、2500V、5つの発電機、5つの回路をもち、34千個の電球ロンドン1区域を照らすに至った。

1887年一万馬力一万ボルトという壮大なデッドフォード発電所計画が始まった。 なんとこのとき23歳である。 当時一万馬力一万ボルトとは未知技術であり、途方もない冒険であった。 テムズ川のほとりから川越えでロンドン送電する計画であった。 まだ主流直流であり、ロンドンにも小規模直流発電所は増え続けていた。 購入した高圧ケーブル機能せずフェランティ自ら紙絶縁ケーブル設計したりもした。 フェランティは交流システム未来を信じていた。

デッドフォードのフェランティ発電機

デッドフォードのフェランティ発電機

 

1890年、デッドフォード発電所ロンドンに向け送電開始したのだが、変電所火災などのトラブルがあり顧客をとられることになった。 フェランティの青写真かなわずホプキンソンフレミングはデッドフォードをこう評している。 「高電圧長距離送電を使っているため構造的難点をかかえており、薄氷のうえかろうじて...解決するには消費区域近く小規模直流発電所建設して...」 これは、交流直流いずれが主流になるか争うなかで、交流側であるフェランティには屈辱だった。 しかし、フェランティの挑戦すべての大規模発電所先駆けだったといえる

セバスチャン・チアニ・デ・フェランティ

チャールズ・H・マーズとともに混沌し、開発が遅れていたイギリス電力事情打開尽力した人物である。


フェランティ

名前 Ferranti

フェランティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/09/16 02:51 UTC 版)

フェランティFerranti International plc)社は、かつて存在したイギリスの電子機器製造業者。特に軍事関連電子機器と電力系統向けシステムで知られていた。1885年に創業し1世紀以上に渡って続いたが、1993年に倒産。一時期はFTSE100種総合株価指数にも選ばれていた。さらに、1951年に世界初の商用コンピュータの1つ Ferranti Mark 1 の製造販売を開始したことでも知られている。


  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Ferranti Timeline”. Museum of Science and Industry. 2012年2月22日閲覧。
  2. ^ Diversification at Moston
  3. ^ Ferranti: History[リンク切れ]
  4. ^ Media, Business and Communications timeline
  5. ^ a b John Vardalas, "From DATAR To The FP-6000 Computer", IEEE Annals of the History of Computing, Vol 16 No 2, 1994
  6. ^ Ferranti Airpass radar equipment being fitted to a Canberra test aircraft in 1955
  7. ^ SELEX Galileo receives subcontract from CAE
  8. ^ The Ferranti Inertial Land Surveying System (FILS) as part of an integrated navigation and positioning system
  9. ^ The Surveying Handbook by Russell Charles Brinker, Roy Minnick
  10. ^ Using UHF-AM Radios in Tanks, Page 45
  11. ^ TIALD: The Gulf War GEC Ferranti
  12. ^ Bristol Aero Collection
  13. ^ Ferranti Sonar Unit to go into venture with Thomson
  14. ^ Miller, Charles (1990年5月8日). “Radar Deal Keeps Britain in Forefront of Airborne Technology”. The Press Association Ltd. 
  15. ^ “Court finds GEC 'intervened' on behalf of onetime EFA rival Ferranti”. Aerospace Daily (McGraw-Hill Inc.): p. 398. (1994年3月15日) 
  16. ^ a b c UK electronics - a fallen or sleeping giant
  17. ^ Manchester Mark 1
  18. ^ The Ferranti Argus computers
  19. ^ Ferranti offers F2420 at five times power of FM1600E
  20. ^ a b c The ISC / Ferranti Scandal
  21. ^ “Elbit Systems Acquires the UK Company Ferranti Technologies for GBP15 Million (US$31 Million)”. Security Info Watch. (2007年7月26日). http://www.securityinfowatch.com/article/10548002/elbit-systems-acquires-the-uk-company-ferranti-technologies-for-gbp15-million-us31-million 2012年6月30日閲覧。 


「フェランティ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「フェランティ」の関連用語

フェランティのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ゼーベック

ガッサンディ

ピクシー

マルコーニ

ビオ

ゲーリッケ

ファラデー

ラーテナウ





フェランティのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
電気史偉人典電気史偉人典
Copyright(C) 2016 電気史偉人典 All rights reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフェランティ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS