フェチとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > フェチの意味・解説 

フェチ

異性身体的あるいは装飾的パーツ部分)や要素に対して特に性的魅力感じ傾向嗜好趣味・性癖といっ た意味で用いられる語。

日本語の中では、フェチの語は魅惑感じ当該パーツの名称に接尾辞的に付き脚フェチ」「わきフェチ」「声フェチ」「靴フェチ」「においフェチ」のように表現されることが多い。偏執的とまでは行かない比較軽度執着、というようなニュアンス多分にある。

フェチはもともと「フェティシズム」(fetishism)を略した語である。フェティシズムは、そもそもは「モノ神聖呪力見出し崇める」という信仰崇拝在り方を意味する。「呪物崇拝」「物神崇拝」とも訳される。崇拝対象となるモノは「フェティッシュ」(fetish)と呼ばれる

精神分析学創始者として知られるジグムント・フロイトは、「フェティシズム」を異常性愛性的倒錯形態区分呼称として用いた。この文脈ではフェティシズムは「拝物性愛」とも訳される。精神分析学におけるフェティシズム病的執着を意味し、いわゆるフェチとは(指向は似るが)程度著しく異なる。しかしながらいわゆるフェチも場合によっては変態性欲見なされることがないわけでもない。

萌え」の語も、いわゆるフェチと似たニュアンス接尾辞的に用いられる場合がある。「萌え」は「ギャップ萌え」「ドジっ娘萌え」のように、より抽象的要素に対して適用されやすく、また執着程度はより軽いといえる

フェチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/11/19 02:31 UTC 版)

フェチとは、身体の一部や衣服・その他記号化された様々な物品・現象に「個性的」な執着を見せたり、性的興奮を示す傾向を指す俗語の一種。性的嗜好の一つで、呪物崇拝物神崇拝、拝物愛などとも関連するフェティシズム(fetishism)を略した言葉である。




「フェチ」の続きの解説一覧

フェチ

出典:『Wiktionary』 (2009/10/09 14:45 UTC 版)

名詞

フェチ

  1. 異性持ち物や体の一部などに執着欲望感じること。
  2. 性的なものには関係なくとも、物事にこだわること。また、こだわっている人。マニア

語源

関連語





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

フェチに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「フェチ」の関連用語

フェチのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

御前崎海水浴場

結婚記念日

ノコギリソウ

渡良瀬川沿岸

OKゴールデン・リバー

アオセンミノウミウシ

ロストワックス法

96式多目的誘導弾システム





フェチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2016 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフェチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのフェチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS