フェキソフェナジンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 医薬品 > > 医薬品 > フェキソフェナジンの意味・解説 

フェキソフェナジン

分子式C32H39NO4
その他の名称:MDL-16455、α,α-Dimethyl-4-[1-hydroxy-4-[4-(hydroxydiphenylmethyl)piperidino]butyl]benzeneacetic acid、テルフェナジンカルボキシラート、Terfenadine caroxylate、テルフェナジン酸、Terfenadine acid、フェキソフェナジン、Fexofenadine、2-[4-[1-Hydroxy-4-[4-(α-hydroxybenzhydryl)piperidine-1-yl]butyl]phenyl]-2-methylpropanoic acid、カルボキシテルフェナジン、Carboxyterfenadine、α,α-Dimethyl-4-[1-hydroxy-4-[4-(α-hydroxybenzhydryl)piperidino]butyl]benzeneacetic acid、α,α-Dimethyl-4-[4-[4-(hydroxydiphenylmethyl)piperidino]-1-hydroxybutyl]benzeneacetic acid、α,α-Dimethyl-4-[4-[4-(α-hydroxy-α-phenylbenzyl)piperidino]-1-hydroxybutyl]benzeneacetic acid、4-(1-Hydroxy-4-(4-(hydroxydiphenylmethyl)-1-piperidinyl)butyl)-alpha,alpha-dimethylbenzeneacetic acid、2-[4-[1-Hydroxy-4-[4-(hydroxydiphenylmethyl)piperidino]butyl]phenyl]-2-methylpropanoic acid、2-(4-{(1RS)-1-ヒドロキシ-4-[4-(ヒドロキシジフェニルメチル)ピペリジン-1-イル]ブチル}フェニル)-2-メチルプロパン酸、2-(4-{(1RS)-1-Hydroxy-4-[4-(hydroxydiphenylmethyl)piperidin-1-yl]butyl}phenyl)-2-methylpropanoic acid、2-[4-[1-Hydroxy-4-[4-(hydroxydiphenylmethyl)piperidine-1-yl]butyl]phenyl]-2-methylpropanoic acid
体系名:2-メチル-2-[4-[1-ヒドロキシ-4-[4-(ヒドロキシジフェニルメチル)-1-ピペリジル]ブチル]フェニル]プロピオン酸、2-メチル-2-[4-[4-[4-(ヒドロキシジフェニルメチル)ピペリジン-1-イル]-1-ヒドロキシブチル]フェニル]プロパン酸、α,α-ジメチル-4-[1-ヒドロキシ-4-[4-(ジフェニルヒドロキシメチル)ピペリジノ]ブチル]ベンゼン酢酸、4-[4-[4-(ヒドロキシジフェニルメチル)ピペリジノ]-1-ヒドロキシブチル]-α,α-ジメチルベンゼン酢酸、α,α-ジメチル-4-[1-ヒドロキシ-4-[4-(ヒドロキシジフェニルメチル)-1-ピペリジニル]ブチル]ベンゼン酢酸、2,2-ジメチル-2-[4-[4-[4-[ジフェニル(ヒドロキシ)メチル]ピペリジン-1-イル]-1-ヒドロキシブチル]フェニル]酢酸、4-[1-ヒドロキシ-4-[4-(ヒドロキシジフェニルメチル)-1-ピペリジニル]ブチル]-α,α-ジメチルベンゼン酢酸、α,α-ジメチル-4-[1-ヒドロキシ-4-[4-(ヒドロキシジフェニルメチル)ピペリジノ]ブチル]ベンゼン酢酸、2-[4-[1-ヒドロキシ-4-[4-(α-ヒドロキシベンズヒドリル)ピペリジン-1-イル]ブチル]フェニル]-2-メチルプロパン酸、α,α-ジメチル-4-[1-ヒドロキシ-4-[4-(α-ヒドロキシベンズヒドリル)ピペリジノ]ブチル]ベンゼン酢酸、α,α-ジメチル-4-[4-[4-(ヒドロキシジフェニルメチル)ピペリジノ]-1-ヒドロキシブチル]ベンゼン酢酸、α,α-ジメチル-4-[4-[4-(α-ヒドロキシ-α-フェニルベンジル)ピペリジノ]-1-ヒドロキシブチル]ベンゼン酢酸、2-[4-[1-ヒドロキシ-4-[4-(ヒドロキシジフェニルメチル)ピペリジノ]ブチル]フェニル]-2-メチルプロパン酸、2-[4-[1-ヒドロキシ-4-[4-(ヒドロキシジフェニルメチル)ピペリジン-1-イル]ブチル]フェニル]-2-メチルプロパン


フェキソフェナジン

【仮名】ふぇきそふぇなじん
原文fexofenadine

特定のアレルギー症状治療に用いられる薬物。かゆみ、くしゃみ鼻水喘鳴涙目などの原因となるアレルギー反応が起きる際に放出される化学物質作用阻害する。抗ヒスタミン薬一種である。「allegraアレグラ)」とも呼ばれる

フェキソフェナジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/28 08:35 UTC 版)

フェキソフェナジン(Fexofenadine)は、ヒスタミンH1受容体拮抗薬で、アレルギー性鼻炎花粉症)、蕁麻疹、皮膚疾患に伴う瘙痒(そうよう)に用いられる。商品名アレグラで発売され、現在はジェネリック医薬品やオーソライズドジェネリックも販売されている。(「アレグラ」はイタリア語の「嬉しい」「楽しい」から。)




  1. ^ 旧:マリオン・メレル・ダウ社(アメリカ)。現在の本拠地はフランス
  2. ^ 「フェキソフェナジン」第1類へ - 要指導薬4成分が移行”. m3.com (2015年9月7日). 2015年10月1日閲覧。
  3. ^ 「アレグラFX」新発売のお知らせ (PDF) - 久光製薬株式会社 ニュースリリース 2012年11月1日(2013年3月3日閲覧)
  4. ^ 「ディレグラ配合錠」新発売のお知らせ (pdf)”. 2014年11月3日閲覧。


「フェキソフェナジン」の続きの解説一覧





フェキソフェナジンと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「フェキソフェナジン」の関連用語

フェキソフェナジンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ドラカエナ・スルクローサ

フリスビードッグ

見切り部

オニグルミ

ツユクサ

マナヅル

ファセットビーズ

宗太節





フェキソフェナジンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフェキソフェナジン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS