フィンスイミングとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 競技 > スポーツ競技 > フィンスイミングの意味・解説 

フィンスイミング

歴史と概要

フィンスイミングとは、文字どおり、足ヒレフィン)を装着して水面水中を泳ぐことです。

フィン歴史は、紀元前885年頃の古代アッシリア兵士レリーフ中に、足ヒレしきものを履き水中移動している姿が描かれています。これが歴史上みられる最古記録です。ルネッサンス期にレオナルド・ダ・ビンチが「水掻き」を考案し、そのイラストが残っています。

フィンスイミングは1950年代に、スクーバ(SCUBA)ダイビング発達とともに広がっていきました。ヨーロッパ中心に様々なフィン考案され、競技会通して改良加えられました。1970年代には、旧ソビエト考案された両足をそろえて履く「モノフィン」によって推進力飛躍的に向上しました。このモノフィン開発により競技会だけでなく、人間水の世界より一層水生哺乳類近づくことが可能になったのです。

フィンには、先に述べたモノフィン両足をそろえて履く1フィン)とビーフィン片足ずつ履く2フィン)があります

ビーフィンは、簡単に楽しめる利便性自由度の高い機動性特徴です。初心者でもすぐに始められ、4泳法クロール背泳ぎ平泳ぎバタフライ)のコンビネーションなら、推進力30アップするといわれています。ビーフィン水中ゲームでは欠かせないフィンです。水中ホッケー水中ラグビーではビーフィンしか使えません。

モノフィンは、イルカ尾びれのような形状をしています。泳ぎ方もイルカと同じように体全体をうねらせ、両手前方突き出し組み抵抗を減らして泳ぎます。推進力ビーフィンよりはるかに大きく50mを14秒台、100m33秒台で泳ぎきり、秒速3メートルを上回ります。まさにイルカ人魚です。


競技方法(フィンスイミングの種目)

サーフィス水面泳)
呼吸法としてスノーケル長さ48センチ以内)の使用も可能です。スタートターン時を除き、身体の一部水面から出ていなければなりませんが、腕のかき方は自由です(スタートおよびターン時の潜水は15mまで)。プールでの公認種目は50m、100m200m400m800m1500mあります

アプニア(息止泳)
息を止め一気に50m泳ぎます。顔を水面に出すことはできません。
競技は50mのみで行われます。

イマージョン水中泳)
スクーバ器材空気ボンベレギュレーター使用)を使い水中でのスピード競う競技です。顔を水面に出すことはできません。公認100m400m800m3種目です。

ビーフィン競技
日本国内でフィンスイミング普及のため、大会等で実施されている競技。50m、100m400m1500mで争われます。国際競技としては認知されておらず、通常のサーフィス種目の範疇に含まれます。

水中ラグビー
ビーフィンを履いて、飛び込み用に使われる水深のあるプール(3.4m~5m)で行われます。水中でのパスが可能なボール使い両端に置かれた網のゴールボールを入れるというラグビーバスケット合わせたような水中ゲームです。息を止めていられる時間だけしかプレーできないので、息止め能力要求されます。非常にエキサイティングゲームで、世界選手権等の国際大会では水中映像大型映像装置映し出し水中でのゲーム内容観戦できるようになってきました。2年一度世界選手権開催されています。

水中ホッケー
こちらもビーフィンを履いて行う水中ゲームプール両端ゴールを沈めて、小型団扇(うちわ)のようなスティック使いプールの底ゴム製のパッドパスしあってゴール目指します。これも、息を止めている時間だけしかプレーできないので、息止め能力要求されます。しかし、水深浅く、足の立つところでも練習できるため、世界では急激に競技人口が増えています。2年一度世界選手権開催されています。

水中ターゲットシューティング
フィンを履き、息を止めプール潜り水中銃標的を撃ちます。撃ち終わったら矢を抜いて元の位置まで潜って帰ってこなければなりません。水中バイアスロンのようなゲームですが、世界中大勢愛好者がいます。世界選手権2年一度開催されています。フィンビーフィンモノフィン問いません。

●オープンウォーター・ロングディスタンス
海・川・湖などでの競泳です。モノフィンビーフィンを問わず人気のある競技です。公認種目は男女ともロングディスタンス6kmと20km、それに2km×4人のリレー種目があります。このロングディスタンス2年一度世界選手権が行われています。

水中オリエンテーリング
スクーバ器材装着し、コンパス測量機などを使用して、水中設定されたポイントオリエンテーリング競技のように、いかに短い時間周り終えるかを競うゲームです。非常に知的競技のわりに、安全のために体に結び付けられたブイ状の浮きが、水面ちょこまか動き回る様はコケティッシュで、観ていても大変楽しめる競技になっています。これも2年一度世界選手権開催されています。



フィンスイミング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/26 17:01 UTC 版)

フィンスイミング(英語:fin swimming)とはフィンと呼ばれる足ひれを装着して行なう水泳競技をいう。広義にはフィンを用いる水中スポーツの総称としても用いられる。腕を頭上で組むストリームライン(流線型)の姿勢をとり、全身を波(ウェーブ)のようにうねらせて進むウェービングと呼ばれる泳法を基本とする。ワールドゲームズの正式種目の1つである。




  1. ^ 坂本弥生. “フィンをつけたスイマーたち Vol. 23 第1回CMAS WORLD GAMESレポート”. スイミングストリート. 日本水中スポーツ連盟. 2008年9月28日閲覧。
  2. ^ フィンスイミングチーム デルフィーノ
  3. ^ 日本水中スポーツ連盟. “世界記録・日本記録”. 2008年9月28日閲覧。
  4. ^ 湘南オープンウォータースイミング(笹川スポーツ財団)
  5. ^ 坂本弥生. “フィンをつけたスイマーたち Vol. 35 湘南オープンウォーター フィンスイミング編”. スイミングストリート. 日本水中スポーツ連盟. 2008年9月28日閲覧。
  6. ^ 日本水中スポーツ連盟. "世界記録・日本記録", 前掲.
  7. ^ Finswimming Master World Cup
  8. ^ オードリー春日、アンカーで失態も世界大会でメダル獲っトゥース!


「フィンスイミング」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「フィンスイミング」の関連用語

フィンスイミングのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ドッジボール

ダブルダッチ

ソフトボール

武術太極拳

グライダー

新卓球

なわとび

ビーチバレーボール





フィンスイミングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2016 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフィンスイミング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS