ファンクション・キーとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > コンピュータ > ハードウェア > 鍵盤配列 > ファンクション・キーの意味・解説 

ファンクションキー/ファンクションスイッチ


ファンクションキー

別名:プログラマブルファンクションキーPFキーFキーFnキー
【英】function key, programmable function key

ファンクションキーとは、キーボード上にある特定の機能実行するためのキーのことである。ファンクションとはもともと、機能作用働きといった意味を持つ英語である。

ファンクションキーは2種類あり、キー自体機能割り当てられていて単独で押すタイプと、他のキー同時に押して機能呼び出すために使用するタイプがある。一般的に前者キートップに[F1]~[F12]、後者は[Fn]などと刻印されている。

[F1]~[F12]などと刻印されたファンクションキーを単独で押すタイプは、一般的にキーボードの上辺に配置されている。ファンクションキーの数はキーボード仕様によって異なり10個から15程度のものが多い。また、キー役割は、異な作業環境でも共通のものが割り当てられているのではなく機種や、OSアプリケーションなどによって異なる。従って、ユーザービリティを考慮してキートップキー近くに、デフォルト動作やその短縮名刻印されていたり、キーボードテンプレート取り付けられたりする場合がある。多く環境で用いられるファンクションキーの例として、ヘルプ画面表示するための[F1]キーが挙げられる。なお、ファンクションキーの名称は、PC/AT互換機では[F1]~[F12]と刻印されているものが多くPC-98シリーズ一部では、[VF1]~[VF5]と刻印されている場合もある。

[Fn]キー刻印されたファンクションキーを他のキー同時に押すタイプは、一般的にキーの文字色が他のキーとは異なる色で刻印されている。機能割り当てられたキーには、ファンクションキーの文字色と同じ色で機能明記されており、[Fn]キー同時にそのキーを押すと機能実行できる。[Fn]キーは、ノートパソコンや省スペースキーボードなどに多く備えられている。[F1]~[F12]のキー省略されているキーボードで、[Fn]キー数字キー同時に押すと、[F1]~[F12]のキー割り当てられた機能実行できる機種もある。また、[NumLock]キーや[PrintScreen]キーなどは、特殊キー割り当てられているものが多い。

入力装置のほかの用語一覧
キーの種類:  Homeキー  半角/全角キー  ホームポジション  ファンクションキー  Insertキー  カーソルキー  NumLockキー

ファンクションキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/05/01 13:05 UTC 版)

ファンクションキー: Function key、Fキー)は、コンピュータ端末用のキーボードのキーの一部である。プログラマブル・ファンクションキー(PFキー、: Programmable function key)、ディファイナブル・ファンクションキー(definable function key)とも呼ぶ。




「ファンクションキー」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ファンクション・キーに関連した本

ファンクション・キーに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ファンクション・キー」の関連用語

ファンクション・キーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ファンクション・キーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
オムロン株式会社オムロン株式会社
© Copyright OMRON Corporation 1996-2014. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2014 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリファンクションキーの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのファンクションキー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS