ファラリスの雄牛とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 法令・規則 > 罪・刑罰 > 刑罰 > ファラリスの雄牛の意味・解説 

ファラリスの雄牛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/07 14:58 UTC 版)

ファラリスの雄牛(ファラリスのおうし)とは、古代ギリシアで設計された拷問および処刑のための装置である。アテナイ真鍮鋳物師であったペリロスによって、シチリアアグリジェント僭主であったファラリスに献上された。ファラリスは死刑に新たな手法をとりいれたがっていた[1]。それにこたえてペリロスはすべて真鍮で雄牛を鋳造し、中を空洞にして脇に扉をつけた。有罪となったものは、雄牛の中に閉じ込められ、その下で火が焚かれる。真鍮は黄金色になるまで熱せられ、中の人間を炙り殺す。


  1. ^ The Brazen Bull”. 2009年5月11日閲覧。
  2. ^ a b c Perillos of the Brazen Bull”. 2009年5月11日閲覧。
  3. ^ Heat Torture”. 2009年5月11日閲覧。


「ファラリスの雄牛」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ファラリスの雄牛に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ファラリスの雄牛」の関連用語

ファラリスの雄牛のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

泉谷 政憲

土佐和紙

フェタオイル

掛けものチョコレート

ロイヤル・ファロウェラ

消防活動二輪車

アンコールトム

クリーン





ファラリスの雄牛のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのファラリスの雄牛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS