ファラデーとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 技術者 > 技術者 > 各国の技術者 > ファラデーの意味・解説 

ファラデー 【Michael Faraday】 ○

1791~1867イギリス物理学者化学者塩素液化ベンゼン単離など実験化学優れた業績をあげた。のち電磁気研究専念電流磁気作用から電磁気回転をつくる実験成功,その逆の作用として電磁誘導法則発見,さらに電気分解に関する法則を見いだした。また電場磁場力線概念導入してマクスウェルの電磁理論への道を開いた。ほかに真空放電におけるファラデー暗部発見反磁性物質発見などがある。

ファラデー (Faraday, Michael)

ファラデーという人は

マイケル・ファラデー マイケル・ファラデー

イングランド・ニューイントンのサリー(現在ではロンドン市内)に鍛冶職人の第3子として生まれる。 当時職人工場仕事を奪われており、家が貧しかったファラデーは13歳で製本屋の見習いとなる。 学問好きなファラデーはここで知識蓄え、特に化学電気興味をもち、本格的化学勉強ができる仕事につきたいと考えるようになる。

ファラデーのノート ファラデーのノート

ファラデーに幸運訪れるのは彼が22歳のときであった。 王立研究所化学者デービー助手志願するため、 デービー講演を聴いてとったノート製本し、これを持ってデービー会見申し込んだ。 ノート出来製本出来ともに好印象だったようで、ちょうど助手欠員が出たところでもありファラデーは採用される。 最初に与えられた仕事ビートから砂糖抽出することで、さとうきび輸入していたイギリスでは国産ビートから砂糖作ることは、政治的経済的大きな意義があった。

デービーお供18ヶ月にわたりヨーロッパ各地を旅し、各地学者や、研究目にする機会に恵まれるデービーのもとでさまざまな研究成果をあげ、1825年王立研究所実験主任となる。

ファラデーの主な経歴

ファラデーの電動機 ファラデーの電動機

1820年エルステッドアンペールが相次いで発表をし、このころからファラデーも電磁気研究始め1821年電流磁石の間の相互作用発見する。 ある日、師であるデービー高名学者ウラストンとの議論を耳にし、その会話から独断単独実験を行って”ある新し電磁気運動について。また磁気理論について”という論文発表する。 これは電磁気エネルギー機械的エネルギー転換する最初のものであり、モーター原理となるものであった。 論文はただちにフランス語に訳されて全ヨーロッパ広がり、これによってファラデーは一挙に第一級の科学者として認められた。 しかし、この発見ウラストン研究割り込んだものと王立研究所内では評価されてしまうことになる。

1824年ロンドン王立協会会員選ばれる。 すでにフランス科学アカデミーフィレンツェ科学アカデミー通信会員には選ばれていた。 入会には保証人が必要であり、通常10程度である。ファラデーの場合先のウラストンを含め29人の署名が集まった。 このころにはデービーとの関係が悪化しており、ファラデーの選出唯一反対票を投じたのはデービーであった。

1825年王立研究所実験主任に就く。 これまでの収入助手週給30シリング入所時は25シリング。これは製本見習いより安い。)であったが、この昇進により年給100ポンドとなった。 ファラデーを実験主任に推したのはデービーであった。 この後1853年年金300ポンド追加されるが、このとき時の首相メルボルンに頭をさげさせたという逸話がある。

1825年さまざまな油の性質調査していたファラデーは、ガス灯容器にこびりついた油状物質からベンゼン発見する。

1827年、”化学処理”(Chemical Manipulation)という656ページもの化学実験の本を出版する。 ファラデー自身経験をまとめたもので、電気配線ガス配管がなく、純度の高い化学薬品などほとんどない時代実験技法指図詳細に示されており、 何十年も教科書として用いられた名著である。

ファラデーのコイル ファラデーのコイル

1831年、ファラデーの電磁誘導現象発見エルステッド電気から磁気発生させた。ならばその逆も可能ではないか?というのがはじまりであった。 二つコイルを離して置き、片方コイル電流流し片方コイル検流計接続して電流流し直後検流計大きく振れたがすぐに止まった。 電流止める検流計逆に振れたが、これもすぐに止まった。 磁石コイルに近づけたり離したりするとその速さ比例して検流計振れ大きくなることも発見し、 ロンドン王立協会で”電磁誘導法則”を発表する。これが最初変圧器であり、電磁気学飛躍的進歩幕開けである。 数ヵ月後に、アラゴ回転磁気利用し、銅板周り磁石設置し、銅板を回すと電気発生する装置発明する。 世界初発電機であり、機械エネルギー電気エネルギー変換する最初のものとなった。

1832年コプリ・メダル受賞

1833年ファラデーの電気分解の法則発見する。

物質1[g]当量析出するのに必要な電気量である96500クーロンを1ファラデーと呼んでいる。 ファラデーは正イオンカチオンcation)、負イオンアニオンanion)と呼んだ。 現在の陰極cathode)、陽極anode)をはじめ、 電極electrode)、電解質electrolyte)、電気分解electrolysis)、イオンion)などはファラデーの命名である。 (正確にはファラデーに助力求められたケンブリッジ大物哲学数学専門家であるウィリアム・ヒューエルの提案よるもの

1833年、ファラデー暗部発見する。 5[Torr]程度真空度放電管電流を流すと、グロー放電陽光直前暗部発生することに気づく。 これがファラデー暗部であり、電場が弱まり、分子励起電離行われない領域である。

1837年電気力の遠達作用を否定する。 電気吸引反発力引力のように、間に何もなくても作用する力であるという遠達作用論があったが、弾性的な媒体を介して伝わるとする近接作用論を提唱する。 数学不得手であったファラデーは電磁誘導現象理解したとき、電磁石の上鉄粉を撒き、磁力線認識していた。 ファラデーの頭の中には電流流れる線を中心とし、宇宙空間限りなく広がる磁力線イメージ出来上がっていたようだ。

1838年2度目のコプリ・メダル受賞

1839年半導体物質発見する。 酸化銀ランプ当てる導電性増し冷却すると絶縁性増加した。 世界初半導体物質発見であるが、本格的半導体研究されるまでにはあと100年要することになる。

1839年、”電気学実験的研究”第1巻刊行

1844年、”電気学実験的研究”第2巻刊行

1845年反磁性発見。 硼珪酸鉛ガラス電磁石の間に吊るしたところ、であれば磁力線方向を向くが、磁力線とは垂直の方向向いた。 金属ガラス、血、、蠟など50種のとりまぜで追試した結果物体が向く方向磁力線方向かその垂直方向のいずれかであったので、物質には磁性体反磁性体2種類が存在するとした。

1845年、光の偏光面磁界により回転するというファラデー効果発見する。偏光面磁界強さ比例して回転し、回転方向磁場コイル電流方向を同じであることが確認された。

1846年光の電磁波説思いつく。 これが世に出たのはホイートストン代役講演をしなければならなくなったことがあり、 時間が余ったので仕方なく「まだ確信には至りませんが、このようなことを考えています」と発表したところ、 反響をよんで”光線振動に関する考察”という短い論文を書くはめになったためである。 ここで光の電磁波説について先見している。光について多くの人が議論しているがファラデーもその一人である。

1855年、”電気学実験的研究”第3巻刊行

1862年彼の生涯最後となる実験を行う。 光源磁場中に置いて、そこから出る光に磁場与え影響を見つけ出そうといった試みであったが、実験装置が不十分で予期した影響検出することはできなかった。 34年後、ファラデーのこの試みを読んだオランダ若き実験ゼーマンによって解明されることになる。

マイケル・ファラデー

ドイツ物理学総理大臣”と呼ばれたヘルムホルツがその妻に送った手紙のなかにファラデーについての記述がある。 「ヨーロッパ一の物理学者に会うことを得た。つまりファラデーだよ。……これは私には素晴らしく楽しいひとときとなった。 この人純朴穏やかな人柄で、控えめなことはまるで子供のようだ。こんなに好ましい人物にはあったことがないよ。 その上本当に親切な人で、私一人案内して、そこにあるものはみんな見せてくれた。 もっとも、実はそういうことにはあまり大した意味はないんだ。 何しろこの人は、木にきれっぱし針金のかけらを使うだけでも最大級発見をやってしまう人だからね。」

電磁誘導発見後はフラー化学教授任命されて年給100ポンド追加された。 さまざまな収入をあわせると1830年代終盤には年給900ポンドを超えており、このころから金のために研究をする必要はなくなった。 金をとって仕事をするプロフェッショナルな姿を嫌い、発明しても特許はとらず、政府依頼報酬を断るのがファラデーの原則であったという。

大学教授職やナイト称号王立研究所会長就任要請さらにはロンドン王立協会会長就任要請さえ「最後まで、ただのマイケル・ファラデーでいたい」と断り生涯研究者であること貫く。

王立研究所講義を受けもち続けクリスマス休暇には子供向けのやさしい科学講座始め1966年以降、このクリスマス講演テレビ放映されるようになった数あるクリスマス講演中でもファラデーの"Chemical History of a Candle"はいろいろな国語翻訳され(和名:ろうそく科学)、数え切れないほど多くの子供を喜ばせ鼓舞してきた。

数々の輝かしい功績を残し、1867年8月26日77歳でこの世を去る。 多く偉人が眠るウェストミンスター寺院埋葬したいという案があったが、ファラデーは国教徒ではなかった。 異な宗派の墓では眠れないとのことで、皇太子総裁となって募金集められ、ファラデーの大理石像が作られた。 彼の最も馴染んだ家でもある王立研究所ロビーに飾られている。

ファラデー同様、数学を苦手とする偉大な科学者がいる。 アインシュタイン書斎には常にファラデーの肖像が飾られていたという。

ファラデーのクリスマス講演

ファラデーのクリスマス講演

静電容量の単位・ファラド

現在ファラデーの名は、静電容量単位ファラド[F]として、SI組立単位に残っている。


ファラデー

名前 Faraday

マイケル・ファラデー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/07 05:09 UTC 版)

(ファラデー から転送)

マイケル・ファラデー(Michael Faraday, 1791年9月22日 - 1867年8月25日)は、イギリス化学者物理学者(あるいは当時の呼称では自然哲学者)で、電磁気学および電気化学の分野での貢献で知られている。




  1. ^ See National Portrait gallery NPG 269
  2. ^ a b c Michael Faraday entry at the 1911 Encyclopaedia Britannica hosted by LovetoKnow Retrieved January 2007.
  3. ^ a b c d "Archives Biographies: Michael Faraday", The Institution of Engineering and Technology.
  4. ^ Russell, Colin (2000), Michael Faraday: Physics and Faith, New York: Oxford University Press 
  5. ^ "best experimentalist in the history of science." Quoting Dr Peter Ford, from the University of Bath’s Department of Physics. Accessed January 2007.
  6. ^ "Einstein's Heroes: Imagining the World through the Language of Mathematics", by Robyn Arianrhod UQP, reviewed by Jane Gleeson-White, 10 November 2003, The Sydney Morning Herald.
  7. ^ Baggott, Jim (2 September 1991), “The myth of Michael Faraday: Michael Faraday was not just one of Britain's greatest experimenters. A closer look at the man and his work reveals that he was also a clever theoretician”, New Scientist, http://www.newscientist.com/article/mg13117874.600-the-myth-of-michael-faraday-michael-faraday-was-not-justone-of-britains-greatest-experimenters-a-closer-look-at-the-man-and-hiswork-reveals-that-he-was-also-a-clever-theoretician-.html 2008年9月6日閲覧。 
  8. ^ a b c Frank A. J. L. James, ‘Faraday, Michael (1791–1867)’, Oxford Dictionary of National Biography, Oxford University Press, Sept 2004; online edn, Jan 2008 accessed 3 March 2009
  9. ^ ファラデーの幼少期を含む生涯の簡潔な説明として次がある。
    EVERY SATURDAY: A JOURNAL OF CHOICE READING, Vol III published at Cambridge in 1873 by Osgood & Co., pp.175-83
  10. ^ これの意味するところは、ジェームズがサンデマン派信者のつながりから職を得たということである。ジェームズは1791年2月20日にロンドンのサンデマン派の集会に参加し、その後すぐに住居を見つけて引っ越している。詳しくは Cantor 1991, pp. 57-8
  11. ^ "Michael Faraday." History of Science and Technology. Houghton Mifflin Company, 2004. Answers.com 4 June 2007
  12. ^ Plaque #19 on Open Plaques.
  13. ^ "Jane Marcet's Books". John H. Lienhard. The Engines of Our Ingenuity. NPR. KUHF-FM Houston. 1992年放送. 744回. 写し. 2007年10月2日閲覧。
  14. ^ Cantor 1991, pp. 41-43, 60-4, 277-80
  15. ^ Cantor 1991, p. 59
  16. ^ Jensen, William B. (2005), “The Origin of the Bunsen Burner” (PDF), Journal of Chemical Education 82 (4), http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/ed082p518 
  17. ^ Faraday 1827, p. 127
  18. ^ Faraday, Michael (1821), “On two new Compounds of Chlorine and Carbon, and on a new Compound of Iodine, Carbon, and Hydrogen”, Philosophical Transactions 111: 47, doi:10.1098/rstl.1821.0007 
  19. ^ Faraday 1859, pp. 33-53
  20. ^ Pearce 1965, pp. 122-123
  21. ^ Faraday, Michael (1823), “On Hydrate of Chlorine”, Quartly Journal of Science 15: 71 
  22. ^ Faraday 1859, pp. 81-84
  23. ^ The Birth of Nanotechnology, Nanogallery.info, (2006), http://www.nanogallery.info/nanogallery/?ipg=126 2007年7月25日閲覧, ""Faraday made some attempt to explain what was causing the vivid coloration in his gold mixtures, saying that known phenomena seemed to indicate that a mere variation in the size of gold particles gave rise to a variety of resultant colors."" 
  24. ^ Faraday 1839, 1844, vol ii, plate 4
  25. ^ Hamilton 2004, pp. 165-71, 183, 187-90
  26. ^ Cantor 1991, pp. 231-3
  27. ^ Thompson 1901, p. 95
  28. ^ Thompson 1901, p. 91
  29. ^ Cantor 1991, p. 233
  30. ^ Thompson 1901, pp. 95-98
  31. ^ Thompson 1901, p. 100
  32. ^ Cantor 1991, pp. 235-44 日記でわかるように、ファラデーはアンペール、アラゴ、エルステッドらの研究の進行状況に大きく影響されている。
  33. ^ Brother Potamian (1913), Francesco Zantedeschi article at the Catholic Encyclopedia, Wikisource, http://en.wikisource.org/wiki/Catholic_Encyclopedia_%281913%29/Francesco_Zantedeschi 2007年6月16日閲覧。 
  34. ^ 1857年ごろ撮影された写真をベースとした版画。詳しくは National Portrait Gallery, UK
  35. ^ Zeeman, Pieter (1897), “The Effect of Magnetisation on the Nature of Light Emitted by a Substance”, Nature 55: 347, doi:10.1038/055347a0 
  36. ^ Pieter Zeeman, Nobel Lecture, http://nobelprize.org/nobel_prizes/physics/laureates/1902/zeeman-lecture.html 2008年5月29日閲覧。 
  37. ^ The Scientific Papers of James Clerk Maxwell Volume 1 page 360; Courier Dover 2003, ISBN 0486495604
  38. ^ Faraday; Michael (1791 - 1867)” (英語). Past Fellows. The Royal Society. 2011年12月11日閲覧。
  39. ^ See The Illustrated London News, July 1853, for Faraday's comments.
  40. ^ Gladstone 1872, p. 53
  41. ^ Twickenham Museum on Faraday and Faraday House, Accessed June 2006
  42. ^ Croddy, Eric; Wirtz, James J. (2005), Weapons of Mass Destruction: An Encyclopedia of Worldwide Policy, Technology, and History, ABC-CLIO, pp. Page 86, ISBN 1851094903, http://books.google.com/?id=ZzlNgS70OHAC&pg=PA86&lpg=PA86&dq=Faraday++chemical+weapons+Crimean+War 
  43. ^ Plaque#2429 on Open Plaques
  44. ^ Withdrawn banknotes reference guide, Bank of England, http://www.bankofengland.co.uk/banknotes/denom_guide/index.htm 2008年10月17日閲覧。 
  45. ^ Hamilton 2004, p. 220
  46. ^ ファラデーの日記の1849年3月19日の記述
  47. ^ Faraday & Schoenbein 1899, p. 349 Christian Friedrich Schönbein への1861年9月19日付けの手紙。
  48. ^ See but still try
  49. ^ Jones 1870, 2:389


「マイケル・ファラデー」の続きの解説一覧





ファラデーと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ファラデー」の関連用語

ファラデーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

フレミング

エピヌス

ファラデー

モールス

トリチェリ

ホイートストン

ジョンソン

クロイジ





ファラデーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
電気史偉人典電気史偉人典
Copyright(C) 2016 電気史偉人典 All rights reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマイケル・ファラデー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS