ファクシミリ (書誌学)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ファクシミリ (書誌学)の意味・解説 

ファクシミリ (書誌学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/21 18:08 UTC 版)

書誌学におけるファクシミリ: facsimileラテン語の "fac simile"(似せて作る)から)とは、古書写本地図版画、そのほか歴史的価値を持つ典籍のオリジナルと、可能な限りそっくりになるよう製作された複写または複製を指す。これは原本の大きさ、色、状態、その他材質などをできるだけ正確に複製しようとしている点で、他の複製ものとは異なる。本や写本について言えば、全ページの完全な複写が揃っていなければならず、そうでない場合は「部分的ファクシミリ」("partial facsimile")と呼ばれる。ファクシミリの用途の例として、原本を手にするつてを持たない学者が研究のために使ったり、保存修復とメディアの保全を図るために博物館や図書館で使われたりというものがある。多くは市販されており[1]、解説書が付くこともある。それらは一般に500-2000部程度に部数が限定されることもあり、米ドル換算で2000-3000ドルの価格がつけられる。


  1. ^ Facsimile Editions, Publishers, London” (英語). Facsimile Editions. 2010年10月12日閲覧。
  2. ^ a b C. Koeman, "An Increase in Facsimile Reprints," Imago Mundi, vol. 18 (1964), pp. 87-88.
  3. ^ Craig Hartley, "Aquatint," The Oxford Companion to Western Art, ed. Hugh Brigstocke. オックスフォード大学出版局, 2001; Grove Art Online , Oxford University Press, 2005.
  4. ^ Public institutions with facsimile collections” (英語). Facsimile Editions. 2010年10月12日閲覧。
  5. ^ Paul Lewis (1987年1月25日). “Preservation takes rare manuscripts from the public” (英語). New York Times. 2010年10月12日閲覧。
  6. ^ Bronwyn Stocks. “The Facsimile and the Manuscript” (英語). メルボルン大学. 2010年10月12日閲覧。 - 同大学の Leigh Scott Gallery の展示
  7. ^ Richard Godfrey, "Reproduction reproductive prints," The Oxford Companion to Western Art, ed. Hugh Brigstocke. オックスフォード大学出版局, 2001; Grove Art Online, Oxford University Press, 2005.


「ファクシミリ (書誌学)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ファクシミリ (書誌学)に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ファクシミリ (書誌学)」の関連用語

ファクシミリ (書誌学)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

十亀慎也

docomo STYLE series N-05B

ツチブタ

アクセル

引張りひずみ

中岡 二郎

バナナハート

大山隠岐国立公園





ファクシミリ (書誌学)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのファクシミリ (書誌学) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS