ファウストボールとは?

Weblio 辞書 > スポーツ > スポーツ辞典 > ファウストボールの意味・解説 

ファウストボール

歴史と沿革

ワールドゲームズの公式競技であるファウストボールは、バレーボール前身といわれ、特にドイツ中心にオーストリアスイスイタリアなどヨーロッパ諸国盛んに行われている。さらに、ドイツからの移住者たちが南米南アフリカ広めていったという経緯がある。

ファウストとはドイツ語で拳のこと。英語圏ではフィスト(拳)ボール呼ばれることもある。

この競技面白さは、バレーボールと違ってコート大きく、1チーム5人という少人数。さらに自コートであれば3度までボールバウンドさせてもよい、というルールがあることだ。サーブダイレクト相手コート打ち返すことも、自コート内で焦らすようにボールを回すこともできる。戦術面での選択肢広く攻撃スタイル多彩組み立てられる点が特徴観戦する側も、高度な技術頭脳的なプレーゲーム流れ左右するので、プレー中の対戦チーム駆け引き推理し、手に汗握ることは必至一見の価値がある競技といえる

日本でのファウストボールの歴史は浅い。1977年8月行われたワールドゲームズ・ラハティ大会で、JWGA日本ワールドゲームズ協会)の有志がこの競技目撃し、日本伝えた。同年末に秋田県ファウストボール協会設立され、翌98年日本ファウストボール協会改称国際スポーツ連盟にも加盟した。

協会は、98年の第2回女子ファウストボール競技世界選手権大会オーストラリア)に日本代表視察団派遣99年の第10男子ファウストボール競技大会スイス)に初め日本代表選手団を派遣した。2001年の第6回ワールドゲームズ秋田市)では男子競技5位の成績


競技方法とルール

コートバレーボールより大きく、縦50m×横20mでコート一般的ネットの高さは2m。5人(フォワード2人センター1人バック2人)ずつの2チームが戦う。使用する専用ボールは、外周65~71cm、重さ300~350g。バレーボールよりも少し重くサッカーボールに近い。このボールネット越し打ち合って得点競う。ただしボール触れる際、選手片手の拳または腕のみしか使えない

競技一方サーブ始まり打ち込まれたボール相手コートに3回以内返す。自コート内ではボールに3人まで触れることができ、3回目には相手コートダイレクト打ち返さなければならない。またボールは自コートであれば3度までバウンドさせることができる。
失点となるのは、

得点された側が次のサーブをする。ゲーム1セット20点の3セットマッチ。2セット先取した側の勝利。ただし、20点を取っ時点で2点差以内であれば、さらに2点の差をつけるか、25点を先取したほうがそのセット制することになる。

参照リンク:

日本ファウストボール協会
http://www.cna.ne.jp/~tamura/


ファウストボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/16 08:30 UTC 版)

ファウストボール: Faustball: Fistball)は、ドイツ発祥の球技。




[ヘルプ]
  1. ^ のコートが一般的。
  2. ^ コート外にボールが接地した場合は、失点となる。
  3. ^ の状態のみが許される。を開いた状態での打撃は認められない。
  4. ^ 2004年の時点では、20点先取制(デュースの場合は25点)だった。


「ファウストボール」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ファウストボール」の関連用語

ファウストボールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

シャフルボード

剣道

ネットボール

シャフルボード

相撲

バドミントン

フラッグフットボール

ダーツ





ファウストボールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2016 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのファウストボール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS