ピトー管とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > ピトー管の意味・解説 

ピトー かん -くわん [0] 【ピトー管】

フランス物理学者ピトー(H.Pitot1695~1771)が考案
気体液体流速求め装置側面に穴のあいた外管と先端が開いた内管とを組み合わせ二重管を流体中に置き,内管(総圧)と外管(静圧)との圧力差(動圧)を U 字管直接測定して流速求めるもの。航空機速度計流量計などに用いられる。

【ピトー管】(ぴとーかん)

航空機対気速度計測する装置
現代では、一部軽航空機を除くほぼ全ての航空機装備されている。
機体によって乱された気流避けるため、通常機首先端側面取り付けられるが、場合によっては主翼垂直尾翼前縁に付けられる場合もある。

フランス水理学者、ヘンリー・ピトーが水流速度測定するために考案したことからこの名がついている

構造二重構造の管で、先端側面に穴が開けられている。
この二つの穴に流体が通ることで、それぞれに加わる圧力の差を計測し、そこから速度割り出すことができる。
前述通り元来水流速度測定するために造られたが、気流速度測定する事も可能であるため、航空機に用いられている。

穴が塞がると機能不全陥るため、地上ではカバー取り付けて穴詰まりを防ぐ。
また、氷点下では着氷で氷が詰まってしまう事があるため、高空ではヒーターなどの防氷装置必須となる。
実際、穴に泥がつまったり離陸時にカバーを外し忘れた事が原因計器故障により墜落した事故存在する。

関連指示対気速度 較正対気速度 リムーブビフォアフライト


ピトー管

英語 Pitot tube

先端開口した管を、気流の上流に向け、全圧測定する器具をいう。フランス人ピトーによって考案された単管式のものである。ピトー管で測定される全圧と、壁面などに平行に開いた孔で測定される静圧の差(動圧)から、流体流速求めることができ、風洞などの、気流流速測定するために使われる。全圧静圧の差(動圧)をΔp、流速をV、空気密度をρとすると、Δp=ρv{2}÷2の関係があり、これから流速求めることができる。現在は、全圧孔と静圧孔を1本の管に設けたL字形ピトー静圧管が汎用性も高く、多く用いられている。ピトー静圧管を慣用的にピトー管ということもある。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ピトーかん ピトー管 pito tube

流速求め計測器流体流れ方向対する穴と、流れに直角に対する穴とをもつ管をいい、 これをU字管に導いて圧力差を測定するもので、定常流における流体流速流量測定に用いられる。 (ベルヌーイの定理による)

ピトー管

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/03/09 05:01 UTC 版)

ピトー管(ピトーかん、英語: pitot tube)は流体流れの速さを測定する計測器である。発明者であるアンリ・ピトーフランス語版にちなんで命名され、ヘンリー・ダルシーにより改良された。航空機速度計などに使用される。ほかに風洞でも使用される。


  1. ^ これによって得られる正確な対気速度が位置誤差較正に必要であるため
  1. ^ 巽友正 『流体力学』 培風館、1982年、70頁。ISBN 4-563-02421-X 
  2. ^ E. クラウゼ 『流体力学』 シュプリンガー・ジャパン、2008年、13頁。ISBN 978-4-431-10020-1 
  3. ^ 松尾一泰 『圧縮性流体力学』 理工学社、1994年、109頁。ISBN 4-8445-2145-4 


「ピトー管」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ピトー管に関連した本

ピトー管に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ピトー管」の関連用語

ピトー管のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ピトー管のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2014 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのピトー管 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS