ビートルズとは?

ビートルズ 【The Beatles】

1960年代若者文化頂点に立ったイギリスロック-グループジョン=レノン・ポール=マッカートニー・ジョージ=ハリソン・リンゴ=スター四人代表作イエスタデイ」「エリナー=リグビー」「ヘイ-ジュード」など。70年解散

ビートルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/19 04:46 UTC 版)

ザ・ビートルズ (The Beatles) は1960年代から1970年代初頭にかけて活動したイギリスリヴァプール出身のロックバンド。20世紀を代表するアーティストの一つである。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 当時存命中のメンバー3人全員が集結して新曲などを録音・発売したが「正式な再結成」とは発表していない。
  2. ^ この日は金曜日。英国の過半数を占めるブルーカラー労働者は給料日が毎週金曜日なのでイギリスにおけるレコード発売日は基本的に金曜日。
  3. ^ "ファブ・フォー"と読む。FabはFabulousの略。「素晴らしい4人」あるいは「いかした4人組」という意味。これをもじったThe Fab Fauxというトリビュートバンドも存在する。また、ロンドンオリンピック (2012年) における体操競技の女子団体総合で金メダルを獲得したアメリカ代表選手(5人)が「The Fab Five」と呼ばれている。
  4. ^ マジカル・ミステリー・ツアーを当初EP2枚組として発売。詳細は当該作品を参照。
  5. ^ en:List of number-one albums from the 1960s (UK)およびen:List of number-one albums from the 1970s (UK)を参照。
  6. ^ en:List of best-selling albums by year (UK)を参照。
  7. ^ a b c d List of number-one albums from the 1960s (UK)を参照。
  8. ^ ただし、通算1位獲得数では映画『サウンド・オブ・ミュージック』のサウンドトラックの70週と『南太平洋(South Pacific)』のサウンドトラックの44週に次ぐ3位。なお『南太平洋』のサウンドトラックは1958年から1959年にかけて第1位を70週間連続獲得しており、全英アルバムチャート連続一位獲得数の歴代1位となっている。詳細はen:List of number-one albums from the 1950s (UK)を参照。
  9. ^ バンド活動期間である1962年10月の「ラヴ・ミー・ドゥ」から1970年3月の「レット・イット・ビー」まで。
  10. ^ 当該URL の記述を参照。また同誌は100-Greatest-Beatles-Songs独自のバイオグラフィーを設けている。
  11. ^ 英語でこおろぎの複数形。その他にスポーツのクリケットの意味がある。
  12. ^ BEETLES=かぶと虫の複数形。この綴りの3文字目をAに変えて、言葉を聞くと虫=BEETLESをイメージし、文字を見るとビート・ミュージック=BEATLESとなるようにした。
  13. ^ 1953年公開。マーロン・ブランド主演。ビートルズはバイクを乗り回している女性を指すスラングとして、リー・マーヴィンの台詞に登場する。
  14. ^ Beetle はかぶとむしだけでなく、コガネムシカナブンも含まれ、日本でのかぶとむしのイメージと違い、英米では嫌われている昆虫類(害虫)のひとつでもあった。
  15. ^ ただし「KAWADE夢ムック 文藝別冊『[総特集]ジョージ・ハリスン』」の年表には「ジョージが『出生届では2月25日だが実際は2月24日午後11時42分生だ』と述べている」との注釈がある。
  16. ^ 1994年に公開された伝記映画『バック・ビート』はスチュワートを主人公にしている
  17. ^ なおジョージ・マーティンは当初リンゴの加入を知らず、アンディ・ホワイトというドラマーを手配していたので『ラヴ・ミー・ドゥ』では2人のドラマーのテイクが存在し、シングルにはリンゴの、アルバムにはアンディのバージョンが収録されている。
  18. ^ レット・イット・ビー」では、6弦ベース(フェンダー・ベースVI)を演奏している。
  19. ^ ただし約一週間で復帰し、当時は公にされなかった。
  20. ^ この件とは別に「マザー・ネイチャーズ・サン」、「ジョンとヨーコのバラード」のドラムスもポールが演奏している。
  21. ^ ポール、ジョージ、ジョンの順番に2小節回しの演奏を行っている。
  22. ^ インストゥルメンタル曲「フライング」を除く。
  23. ^ どちらがメインのメロディーを担当するかは曲により異なっている。
  24. ^ ビデオ版のザ・ビートルズ・アンソロジーにはジョンがハーモニカを吹いている「ラヴ・ミー・ドゥ」の演奏の記録映像が収録されている。
  25. ^ ポールはジョンと出会った頃からピアノを演奏する事が出来た。詳細は「#デビューまでの来歴」を参照。
  26. ^ シタールを通じて知ったインド哲学への興味がジョージから他のメンバーにも伝わり、マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーへの傾倒につながる。
  27. ^ テイク数は217。これらは全て2009年に発売された『ザ・ビートルズ・BOX』に収録されている。
  28. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.29のジョージの発言によれば、一時期クオリーメンにも在籍していた。
  29. ^ 映画『女はそれを我慢できない』の挿入歌。
  30. ^ しかし、当初サトクリフは楽器演奏自体が未経験だったため、構造が簡単な曲から序々に覚えて行った。
  31. ^ 同年4月23、24日。ジョンとポールの2人がユニット名「ナーク・ツインズ」としてポールのいとこ夫婦が経営するパブで演奏している。
  32. ^ この時点ではシンガーそのものは未定だった。
  33. ^ この頃はドラマーが次から次へと入れ替わっていた。交代の度にやめていったドラマーが所有するドラムのパーツの一部が置き土産として手に入り、やがてフルセットに近いドラムセットが組みあがったため、ドラマーのいない時期はポールがドラムスを叩いたこともあった。
  34. ^ 初期のビートルズが出演していたリヴァプールのクラブ「ジャカランダ」のオーナー。リヴァプールのバンドのハンブルク巡業を手がける興行主でもあった。
  35. ^ 写真家。学生時代、ビートルズのハンブルク巡業中に友人となり、数々の写真を撮影。ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.58によれば、後にビートルカットと呼ばれる垂れた髪型の提案者であり、アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』のジャケットのアイディアの元となった写真の撮影者でもある(ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.107。ただしジャケットの写真そのものはロバート・フリーマンが撮影している)。また、生前のサトクリフと恋愛関係にあり、映画『バック・ビート』ではヒロインとして描かれている。カナ表記は、ザ・ビートルズ・アンソロジー(日本語版)では本文(p.52その他)で「アストリット」、p.358のCREDITでは「アストリッド」と、両方の表記が存在する。
  36. ^ 元々はポールとリヴァプール・インスティチュートの同級生で、1学年下のジョージとも友人だった。またピート・ベストの友人でもあり、ベスト家に間借りしていた。その縁でバン(車)を持っていた事からビートルズの楽器を運ぶ為に雇われ、デビュー後も引き続きロードマネージャーとしてビートルズの身の回りの世話をする事になる。
  37. ^ ビートルズが出演していたキャバーン・クラブのドアマンとして働いていたが、アスピノール1人では仕事が大変なので2人目のロードマネージャーとして雇われ、アスピノール同様デビュー前から楽器のセッティングなどをはじめビートルズの身の回りの世話をしていた。ビートルズ解散後もジョン、ジョージと関わっていたが1976年に死去。
  38. ^ 詳細はピート・ベスト#解雇劇を参照。
  39. ^ 後にビートルズがデビューして人気を得ると、レコード会社は名義を「ザ・ビートルズ・ウィズ・トニー・シェリダン」に変えている。
  40. ^ これらは1995年に発売した『ザ・ビートルズ・アンソロジー1』に収録されている
  41. ^ この日は金曜日。英国の過半数を占めるブルーカラー労働者は週給制で給料日が金曜日なのでイギリスにおけるレコード発売日は基本的に金曜日。
  42. ^ その為、後にリリースされたチャート1位シングル曲集であるザ・ビートルズ1には収録されていない。
  43. ^ このステージでの最後の曲「ツイスト・アンド・シャウト」の直前にジョン・レノンが「安い席の人々は拍手を。残りの人々は宝石をガラガラ鳴らしてください」と観客に言っている。
  44. ^ ただしビルボードで日付上で1位になったのは2月1日。ビルボードHOT100・1964年2月1日付を参照。
  45. ^ 本作以降も『ヘルプ!4人はアイドル』の監督を担当。『ジョン・レノン 僕の戦争英語版』では監督に加えてプロデューサーも兼任し、1991年には『ゲット・バック』の監督を担当している。
  46. ^ ただしこの人数には異説がある。ビデオ版ザ・ビートルズ・アンソロジーではニール・アスピノールが55000人と話しているが、ポールは56000人、リンゴは60000人、ジョージは70000人だと聞いたとコメントしている。
  47. ^ この1966年のツアーでもシェイ・スタジアムが使用された。8月29日のビートルズ最後のコンサートもキャンドルスティック・パークという野球場である。
  48. ^ シェイ・スタジアム自体もその後ローリング・ストーンズザ・フーポリスなどがコンサート会場として使用している。2009年にシェイ・スタジアムは解体され、その前年である2008年に開催されたビリー・ジョエルのコンサートが最後となった。なお、このコンサートにはポールがゲスト出演している。詳細は公式サイトの当該項目を参照の事。
  49. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.219のニール・アスピノールの発言。ただし同p.220でジョージ20万人ぐらい居たのではないか」と発言している。
  50. ^ テレビ出演時のライブ演奏やゲット・バック・セッションでの屋上コンサートなどは除く。
  51. ^ マリアンヌ・フェイスフルの前夫。
  52. ^ 広報担当。1964年に一旦離れたが、1968年のアップル・コア設立に関連して再びビートルズとの仕事に携わる。元々は記者で、ライターとして『サイケデリック・シンドローム―それはビートルズから始まった』も執筆している。また『ザ・ビートルズ・アンソロジー』の編集に協力したと特に編集後記で名前が挙げられている。1997年に死去。
  53. ^ 本作ではクリス・トーマスがアシスタント・プロデューサーとして参加している。
  54. ^ ただしこのプロデュースについては後に問題が発生した(詳細はレット・イット・ビーおよびレット・イット・ビー...ネイキッドを参照)。
  55. ^ ベースはクラウス・フォアマンが担当。
  56. ^ 5月26日付け。en:List of number-one albums of 1973 (U.S.)を参照。
  57. ^ なお本作は、ビートルズのブートレグ(海賊盤)の中でも有名なベスト盤『αΩ(アルファ・オメガ)』(vol.1&2 各4枚組)の対策として企画された公式ベスト盤である。詳細は「公式website・赤と青のバイブル」(2011年8月13日閲覧)を参照。
  58. ^ 12月9、16、23日。en:List of number-one albums of 1995 (U.S.)を参照。
  59. ^ ビデオ「ザ・コンプリート・ビートルズ英語版」に収録された音楽評論家Wilfred Mellersの解説によれば、それまでのロックやポップスは踊るための音楽だったが、同作によって聴くに値する音楽になった。
  60. ^ ラヴ・ミー・ドゥ - レット・イット・ビー。EP盤やアメリカ等外国で独自に編集・発売されたシングルは除く。
  61. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 によると、ジョージは「メンバーが聴いた音楽は好悪の別なく全てビートルズの音楽に影響を与えている」と述べていて(pp.26-27)、ジョンは「ビートルズ成立理由は通っていた学校の校風や住んでいた伯母の家の棚に並んでいた書籍にまで及ぶ」と述べている(p.14)。
  62. ^ リブァプールで父親が経営していたNEMSという家具店のレコード部門。
  63. ^ この経緯については諸説ある。詳細は、ブライアン・エプスタイン#ビートルズとの出会いを参照の事。
  64. ^ ビデオ「ザ・コンプリート・ビートルズ」に収録されたビル・ハリーやジェリー・マースデン英語版のコメントによれば、当時のイギリスの芸能界はロンドンの芸能関係者が取り仕切っており、地方都市のバンドは彼ら自身も関係者もレコードをリリースするという考え自体が存在しなかった。
  65. ^ ただし2008年になってイスラエルは謝罪の意を公式に表明した。これを受けてポールは同年9月に同国での公演をおこなっている。詳細はイスラエル政府、ビートルズに1965年の公演中止を謝罪(AFP・2011年7月26日閲覧)を参照。
  66. ^ ただし実際には、西側諸国からの輸入盤や、地下で翻訳されたロシア語版のカセットテープなどが販売され、当時も多くの若者に親しまれていた。なお、2003年にポールが行ったロシアの首都モスクワ赤の広場でのコンサート「ライヴ・イン・レッド・スクウェア」では、その編集映像にセルゲイ・イワノフ国防相(1953年生まれ)のインタビューが収録されたが、その中でイワノフは10代の頃からのビートルズファンと自己紹介し「バック・イン・ザ・U.S.S.R.」も演奏されたコンサートにもプーチン大統領と伴に来場した。詳細は映像ソフト「ライヴ・イン・レッド・スクウェア」及びクレムリンを揺るがせたビートルズを参照。
  67. ^ 庄司英樹は著書「ビートルズの復活」p.220で、このATVの買収を「乗っ取り」と称している。

出典

  1. ^ 『僕はビートルズ』第1巻・巻末に記載されている宮永正隆の解説。
  2. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 pp.181-184
  3. ^ a b c d ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.41
  4. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.49
  5. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.62
  6. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.233
  7. ^ ビデオ「コンプリート・ビートルズ」より。
  8. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.81
  9. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.233
  10. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.340
  11. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.76
  12. ^ 「ビートルズ来日学」P262
  13. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.20
  14. ^ 現在販売中のCDブックレットに記載されている名義。
  15. ^ 日本語版P94
  16. ^ ジョンが作った曲の一部には、ジョンが歌えない高いキーで歌う部分を、メンバーで一番高い声の出せるポールに歌わせている曲がある。
  17. ^ John meets Paul for the first time - History.com This Day in History - 7/6/1957”. A&E Television Networks, LLC. 2014年3月10日閲覧。
  18. ^ ビデオ盤「ザ・ビートルズ・アンソロジー」より。
  19. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 pp.12,21
  20. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.12
  21. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.44
  22. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.47
  23. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.58
  24. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.69
  25. ^ ビデオ版The beatles anthology より
  26. ^ a b c d e f ビデオソフト「コンプリート・ビートルズ英語版」に収録されている発言。
  27. ^ ザ・ビートルズ1のジャケットの記述。
  28. ^ List of number-one singles from the 1960s (UK)を参照。
  29. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 pp.102-104
  30. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.110
  31. ^ ビデオ版ザ・ビートルズ・アンソロジーのインタビューのコメント。
  32. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 pp.114-115
  33. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.119
  34. ^ a b c d e ビデオ版ザ・ビートルズ・アンソロジーの記録映像より。
  35. ^ ビルボードHOT100・1964年4月4日付
  36. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.139
  37. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.140
  38. ^ Vintage Adelaide. pp.70-71
  39. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.196
  40. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 pp.198-199
  41. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.206
  42. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.161
  43. ^ a b ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.187
  44. ^ 朝日新聞社編『ビートルズの社会学』(朝日文庫)など多くの本が出版されている。この中で遠藤周作は「高校野球が終って選手たちが泣けば大人は感動するが、ビートルズが終って少女たちが泣けばおかしいと言う。少しもおかしくはない。原理は同じだ。いいじゃないか」と書いている。
  45. ^ 台風の影響により10時間以上遅れたことによる深夜の到着となった
  46. ^ a b ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.218に掲載されたスケジュール表より。
  47. ^ a b c d e ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.216
  48. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.215
  49. ^ ビデオ版ザ・ビートルズ・アンソロジーに収録された記録映像。
  50. ^ a b c ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.219
  51. ^ a b ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.220
  52. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 pp.217-221
  53. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.221
  54. ^ a b c d ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.225
  55. ^ ジョン・レノンの「キリストより有名」発言論争の真実 RollingStone JAPAN
  56. ^ 「25.キリスト発言」『All You Need Is THE BEATLES』斉藤早苗監修、宝島社、2017年1月19日。76-79頁。ISBN 4-80026-523-1
  57. ^ ローマ法王庁、J・レノンの「キリスト」発言を許す ロイター通信 2008年11月23日
  58. ^ カトリック総本山、ついにザ・ビートルズを許す BARKS 2010年4月13日
  59. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 pp.228-229
  60. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.163
  61. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.199
  62. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー ビデオ版に収録されたライブ映像より
  63. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.184
  64. ^ リッチー・ブラックモア 狂気の雷舞 pp.208-209
  65. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.227
  66. ^ a b ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.229
  67. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.216
  68. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.226
  69. ^ ビデオ版ザ・ビートルズ・アンソロジーでのポールの発言。
  70. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.242
  71. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.92
  72. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.252のジョージ・マーティンの発言。
  73. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.231
  74. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.233
  75. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.235
  76. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.237
  77. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.257
  78. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.233,259
  79. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 pp. 264-270
  80. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.274
  81. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.287
  82. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.292
  83. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.297
  84. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.270
  85. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.268
  86. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.316
  87. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 pp.324-327
  88. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 pp.341-343
  89. ^ a b ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.347
  90. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.315
  91. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 pp.321-322
  92. ^ a b ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.322
  93. ^ a b ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.353
  94. ^ 二見書房刊『ビートルズの復活』(庄司英樹著・1974年)あとがきより。
  95. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.350
  96. ^ Beatles covers to be on UK stamps
  97. ^ 公式siteより。
  98. ^ 公式siteより。
  99. ^ 公式siteより
  100. ^ 公式ファンクラブの当該site
  101. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.96
  102. ^ a b c ワーナー・ホーム・ビデオ「ヒストリー・オブ・ロックンロール」に収録された本人のコメントより。
  103. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.253
  104. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.236
  105. ^ a b ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.77
  106. ^ ワーナー・ホーム・ビデオ「ヒストリー・オブ・ロックンロール」に収録されているキース・リチャーズの発言。
  107. ^ en:1964 in music」及びビデオ「ザ・コンプリート・ビートルズ英語版」より。
  108. ^ a b ワーナー・ホーム・ビデオ「ヒストリー・オブ・ロックンロール」に収録されたジョージ・マーティンのコメントより。
  109. ^ ワーナー・ホーム・ビデオ「ヒストリー・オブ・ロックンロール Vol.2」に収録されたAbdul Fakirのコメントより。
  110. ^ ワーナー・ホーム・ビデオ「ヒストリー・オブ・ロックンロール」に収録されているデレク・テイラーの言葉。
  111. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.11
  112. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.11
  113. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.21
  114. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 P21
  115. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版
  116. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.21
  117. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.27
  118. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.36
  119. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.10
  120. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 pp.114-115
  121. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.158
  122. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.315
  123. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.322
  124. ^ 「ビートルズになれなかった男」p.152
  125. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.292
  126. ^ ビートルズの復活 pp.118-119
  127. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.183
  128. ^ ビートルズの復活 p.148
  129. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.292
  130. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.272
  131. ^ リアム・ギャラガー企画のビートルズ映画、監督はマイケル・ウィンターボトムに決定! 2011年10月26日閲覧。
  132. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 p.274
  133. ^ a b サウソール, ペリー(2010), pp.44 - 46.
  134. ^ a b サウソール, ペリー(2010), pp.52 - 55.
  135. ^ a b c d e サウソール, ペリー(2010), pp.55 - 59.
  136. ^ a b c d サウソール, ペリー(2010), pp.96 - 98.
  137. ^ ザ・ビートルズ・アンソロジー 日本語版 pp.97-98
  138. ^ サウソール, ペリー(2010), pp.155 - 156.
  139. ^ サウソール, ペリー(2010), pp.167 - 171.
  140. ^ The Rights Stuff”. snopes.com (2006年12月11日). 2006年12月11日閲覧。
  141. ^ ソニー/ATV、ワーナーの音楽出版部門買収で昨年交渉
  142. ^ ワーナー・ミュージック、事業売却で10件超の買収提案受ける
  143. ^ a b サウソール, ペリー (2010), p.66







ビートルズと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ビートルズ」の関連用語

ビートルズのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

カツラ

オオツガタケ

ブーツカット

またぎ筋

おだきさん

耳

キック

ロワイヤル





ビートルズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビートルズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS