ビーチサッカーとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 競技 > スポーツ競技 > ビーチサッカーの意味・解説 

ビーチサッカー

歴史と沿革

ビーチサッカーは、ブラジル生まれ1995年頃から日本競技として広まり始めました。1998年行われ沖縄福岡交流皮切りに全国へ広まり、2005年FIFA国際サッカー連盟)がワールドカップ開催決定しました。これに合わせてJFA日本サッカー協会)もラモス瑠偉氏を監督迎え日本代表チーム編成し、見事ベスト4とフェアプレイ賞を勝ち取り日本サッカー歴史に刻まれることとなりました。
その後国際交流も含め、日本国内で地域活性化役割担いながら、自然と人を大切にする啓発活動と共に広がり続けています。


競技方法・ルール

ビーチサッカーは、ビーチコートに、裸足ボールを蹴る競技です。
足が取られやすい柔らか砂地の上裸足で走るので、体のバランス体幹心肺機能自然に鍛えられます。また、ボール裸足で扱うので浮き球への反応など、靴を履いて行うサッカーとはまた違ったボールコントロール能力の向上がはかれます。
ビーチサッカーは、ビーチ28メートル×37メートルコート設置し、各チームゴールキーパー含めて5名の選手戦います。交代要員は5~7名で、交代何度でもできます試合時間12×3ピリオド(プレイングタイム)です。
その他、フリーキック・バックパス・ボールインバウンド(キックインスローイン)・ゴールクリアランス(ゴールキック)・5秒ルールなど、ビーチサッカー特有のルールがあるので、詳細JAPANビーチサッカーネットワーク公式Webサイトからご確認ください


道具、コートなどの説明

ボール

ビーチサッカー専用5号球(表面柔らかい素材

フィールド

異物混入ていない深さ40cm以上の砂地構成され、縦(タッチライン35~37m 横(ゴールライン26~28mのピッチサイズに周囲2mのフリーゾーン設けられています。

ゴール

横幅5.5m、高さ2.2m、奥行1.5mの円形直径20cm以内)の錆びにくいアルミ製で作られることが多くなっています。

●コートロープ

通常のサッカーでいう、ライン役割持ちます。幅は10cm、色は青で、角が裸足触れても怪我をしない加工をされていなければなりません。

フラッグ

高さ1.5m以上で弾力性のある材質で作られたものです。タッチラインから1mの位置直接砂に埋められます。黄色フラッグは、ペナルティライン(仮想ライン)を結ぶコーナーから9mの位置設置されます。赤色フラッグは、センターコーナー設置されます。



ビーチサッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/18 15:19 UTC 版)

ビーチサッカーは、サッカーの一種で砂浜で行うものをいう。 ビーチサッカーはもともとブラジルで始まったもので、この10年間で欧米に普及してきたという。外国では有名なサッカー選手もしばしばビーチサッカーに転向することがあり、そのことがビーチサッカーの普及の原動力になっている。






「ビーチサッカー」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ビーチサッカーに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ビーチサッカー」の関連用語

ビーチサッカーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

カヌー

卓球

ウォーキング

綱引競技

なわとび

グライダー

スポーツカイト

ユニカール





ビーチサッカーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2017 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビーチサッカー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS