ビントン・サーフとは?

Weblio 辞書 > 人名 > コンピュータ偉人伝 > ビントン・サーフの意味・解説 

ビントン・サーフ

【英】Vinton Gray Cerf

ビントン・サーフとは、米国システムエンジニアである。1943年推定生まれロバート・カーンと共にインターネットにおいて今や必要不可欠プロトコルであるTCP/IP開発したことで知られる。「インターネットの父」と呼ばれることもある。

1961年、ビントン・サーフはスタンフォード大学入学し、数学専攻した。1965年同校卒業し、その後2年間はIBMタイムシェアリングシステムFortran」のエンジニア務めている。やがてカリフォルニア大学在籍していた高校時代友人から誘いを受け、1967年IBM休職してカリフォルニア大学ロサンジェルス校UCLA)の大学院へ進んだ。専攻コンピュータ科学で、1970年には修士号を、また1972年には博士号取得している。

ビントン・サーフ
※画像提供 / Google, Inc.

ビントン・サーフはスタンフォード大学助教授迎えらると、米国国防総省高等研究計画局かかわり始め同局内に勤務していたロバート・カーンとともにTCP/IP草案作成した。1976年には高等研究計画局移籍し、局内プロジェクト一環としてTCP/IP作成考証続けた。やがて1983年には、同局通信プロトコルは正式にTCP/IPへと切り替えられることとなる。

1982年プロジェクトへが次の段階以降始めたあたりで、ビントン・サーフは民間MCI社に移った。そこでもMCIメール作成インターネット技術普及などで功績挙げている。長らくMCI WorldCom社の次世代インターネット・システム開発責任者として活動続けていたが、2005年10月突如Google社に移籍し、世間を驚かせた。現在はGoogle副社長兼チーフ・インターネット・エバンジェリストを務めている。


ヴィントン・サーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/27 14:59 UTC 版)

(ビントン・サーフ から転送)

ヴィントン・グレイ・サーフVinton Gray Cerf[1]1943年6月23日 - )はアメリカ合衆国計算機科学者であり、ロバート・カーンと共に[4][5]インターネットTCP/IPプロトコルの創生に重要な役割を演じた「インターネットの父」の1人[6][7]。その功績により、アメリカ国家技術賞[1]チューリング賞[8]大統領自由勲章[9]を受賞(受章)し、全米技術アカデミー会員にも選ばれている。通称はヴィント・サーフ (Vint Cerf)。




  1. ^ a b c d e f g h i Cerf's curriculum vitae as of February 2001
  2. ^ Gore Deserves Internet Credit, Some Say, a March 1999 Washington Post article
  3. ^ a b Cerf’s up at Google
  4. ^ ACM Turing Award, list of recipients”. Awards.acm.org. 2011年12月2日閲覧。
  5. ^ IEEE Alexander Graham Bell Medal”. Ieee.org (2009年7月7日). 2011年12月2日閲覧。
  6. ^ (see Interview with Vinton Cerf, from a January 2006 article in Government Computer News), サーフはロバート・カーンレナード・クラインロックと共にインターネットの父の1人に挙げられることを快く思っている。
  7. ^ Cerf, V. G. (2009). “The day the Internet age began”. Nature 461 (7268): 1202–1203. doi:10.1038/4611202a. PMID 19865146. 
  8. ^ a b Cerf wins Turing Award Feb 16, 2005
  9. ^ a b 2005 Presidential Medal of Freedom recipients from the White House website
  10. ^ ACM Elects Vint Cerf as President from the ACM website
  11. ^ Jerome, Richard (2000年9月18日). “Lending An Ear – Health, Real People Stories”. People. 2011年12月2日閲覧。
  12. ^ Vinton Gray Cerf Biography”. BookRags.com. 2011年12月2日閲覧。
  13. ^ UCLA School of Engineering Alumnus Chosen for Prestigious Turing Award”. UCLA Henry Samueli School of Engineering and Applied Science (Spring 2005). 2012年9月3日閲覧。
  14. ^ “Internet predecessor turns 30”. CNN. (1999年9月2日). オリジナル2000年8月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20000818115624/http://www.cnn.com/TECH/computing/9909/02/internet.anniv/ 
  15. ^ a b c “INTERNET PIONEERS CERF AND KAHN TO RECEIVE ACM TURING AWARD”. ACM. (2005年2月16日). http://www.acm.org/press-room/press-room?pageIndex=3 [リンク切れ]
  16. ^ Vinton Cerf – Father of the Internet, Vinton Cerf”. Deafness.about.com (2010年8月28日). 2011年12月2日閲覧。
  17. ^ Resolution: Vinton G. Cerf, from that university's website
  18. ^ Vint Cerf: Google's New Idea Man
  19. ^ ICANN Board of Directors – Vinton G. Cerf”. Icann.org (2011年2月14日). 2011年12月2日閲覧。
  20. ^ Presidential
  21. ^ Eurasia Group”. Eurasia Group. 2011年12月2日閲覧。
  22. ^ The InterPlaNetary Internet Project IPN Special Interest Group
  23. ^ Testimony before the U.S. Senate Committee on Commerce
  24. ^ IDNAbis WG”. Tools.ietf.org. 2011年12月2日閲覧。
  25. ^ ARIN Announces Newly Elected Board of Trustees”. Arin.net. 2011年12月2日閲覧。
  26. ^ Board of Directors”. StopBadware (2009年3月25日). 2011年12月2日閲覧。
  27. ^ Harvard's Berkman Center and the Oxford Internet Institute Unveil StopBadware.org Backed by Google, Lenovo, Sun; Consumer Reports WebWatch Takes Unpaid Special Advisor Role”. StopBadware (2006年1月23日). 2011年12月2日閲覧。
  28. ^ The 5 best jobs Obama has yet to fill – Craig Gordon and Ben Smith”. Politico.Com. 2011年12月2日閲覧。
  29. ^ ACM Elects Vint Cerf as President”. ACM. 2012年5月25日閲覧。
  30. ^ SIGCOMM Awards”. Sigcomm.org. 2011年12月2日閲覧。
  31. ^ Office of Science and Technology Policy | The White House”. Ostp.gov. 2011年12月2日閲覧。
  32. ^ ACM: Fellows Award / Vinton G. Cerf”. amturing.acm.org (2011年6月4日). 2011年12月2日閲覧。
  33. ^ http://www.yale.edu/ypu/minutes/ypu-2009-04-15.html
  34. ^ FiveYear. “Vint Cerf's Top YouTube Videos”. Youtube. 2011年12月2日閲覧。
  35. ^ HPI Fellows & Guests”. 2011年5月27日閲覧。
  36. ^ British Computer Society. “Vint Cerf named BCS Distinguished Fellow”. 2011年9月28日閲覧。
  37. ^ 2012 Inductees, Internet Hall of Fame website. Last accessed April 24, 2012
  38. ^ IP: Al Gore's support of the Internet, by V.Cerf and B.Kahn”. Interesting-people.org. 2011年12月2日閲覧。


「ヴィントン・サーフ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ビントン・サーフ」の関連用語

1
36% |||||


ビントン・サーフのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

エヅガー・ウィーブ・ダイクストラ

ウォード・カニンガム

トーマス・エジソン

スティーブ・ジョブズ

ジョン・ワーノック

スコット・マクニーリ

ラリー・ウォール

ロバート・ノイス





ビントン・サーフのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
コンピュータ偉人伝コンピュータ偉人伝
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリビントン・サーフの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヴィントン・サーフ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS