ビットマップ画像とは?

ビットマップ形式

別名:ビットマップイメージビットマップグラフィックス,ビットマップ画像,ラスタイメージラスタ形式ラスタ画像
【英】bitmap graphics, bitmap image, raster graphics, raster image

ビットマップ形式とは、画像を色のついたドット呼ばれる点の羅列集合として表現するデータ再現方式のことである。厳密には「ビットマップ」はドット集合、「ラスタ」はドットの横の羅列となるが、ドット集まりという視点において同一視される。これらに対して、点どうしを結ぶベクタベクトルつまりは輪郭線を主とするベクタグラフィックス(ベクトルグラフィックス)と呼ばれる表現方式が重要となるからである。

ビットマップ形式の画像は、単純にビット配置色情報がデータとして保たれているもので、画像拡大などを行なえばドット配置にゆがみが生じて輪郭ジャギ呼ばれるギザギザ発生し、縮小すれば配色が失われる。そのためサイズ変更変形などの処理には適していない。これに対してベクタグラフィックスは、画像を各頂点座標データとして保持しており、表示されるごとに輪郭となる線の情報演算処理(ラスタライズ)することで表現するので、画像サイズ変更変形を施せばそれに応じた曲線が描き出されることになり、したがって変形などの操作に強い。

他面そのつど演算するベクタグラフィックスでは、写真のような複雑な輪郭線や配色を持つ図形には再編処理が追いつかないそのような繊細画像には、純粋に図形と色とを記録するビットマップ形式のほうが適している。

またビットマップ形式の単純な記録法は、イメージデータを扱うアプリケーションの処理を軽減するという利点もある。そのため商用のソフトを除けば、OS付属するようなグラフィックスソフトの実に多くはビットマップ形式をのみ対象とするもので、特にWebブラウザ対応している画像形式などは全てビットマップ形式となる。

ビットマップ形式の規格としては、PNGJPEGJPEG2000GIFBMPTIFFPICTなどがある。

ファイルとフォルダのほかの用語一覧
ファイル形式:  HTML変換機能  バイナリ  バイナリファイル  ビットマップ形式  ファイル形式  プログレッシブJPEG  ID3タグ

ビットマップ画像

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/03/07 07:54 UTC 版)

ビットマップ画像(ビットマップがぞう、bitmap image / bitmap graphics)とは、コンピュータグラフィックスにおける画像の表現形式で、ピクセル(画素)を用いたもの。画像をドットマトリクス状のピクセル群として捉え、RGB等の表色系に基づいたピクセルの・濃度の値の配列情報として取り扱う。






「ビットマップ画像」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ビットマップ画像」の関連用語

ビットマップ画像のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ビットマップ画像のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2014 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリビットマップ形式の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビットマップ画像 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS