ヒラスとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 魚図鑑 > ヒラスの意味・解説 

ヒラマサ

学名Seriola lalandi 英名:Goldstriped amberjack
地方名テンコツヒラソウジ、ヒラス 
脊椎動物門硬骨魚綱スズキ目アジ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ

特徴
沿岸回遊しながら小魚を食べ、磯の深場や沖の根に生息している。ブリとよく似ているが、胸びれブリより短いこと、第1背びれのとげの数が多いなどの点から区別することができる。ブリよりも暖かい海域好み南の海域で獲られたものは毒を持っていることもある。若魚はヒラヤズ、ハマスと呼ばれ脂がほどよくのり、肉質がよいので、刺身やすしたねとしてはブリよりも上である。五島列島高知県西部4月中旬から5月にかけて産卵する。

分布:本州以南世界中温帯亜熱帯 大きさ:1m
漁法:巻き網刺し網定置網引き縄 食べ方:刺身、すしたね

マサバ

学名Scomber japonicus 英名:Club mackerel
地方名サバ、ヒラス 
脊椎動物門硬骨魚綱スズキ目サバ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ

特徴
代表的回遊魚1つで秋から冬に大群適温にのり、越冬のために南下する。春から夏に水温上昇してくると北上し、産卵期を迎える。春はオキアミ、夏はイワシ類、冬は植物性プランクトンを食べる。体は紡鐘形。第2背びれ尾びれと尻びれと尾びれの間にそれぞれ5個の離れびれが等間隔に並ぶ。胸びれ小さく、高い位置にある。背側は青緑色青黒色の虫食い状のまだら模様がある。腹面銀白色である。

分布:全世界亜熱帯温帯海域 大きさ:50cm
漁法:跳ね獲り、巻き網定置網 食べ方:すし、塩鯖缶詰

平須

読み方:ヒラス(hirasu)

所在 山梨県南巨摩郡身延町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

ヒラマサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/09/22 05:24 UTC 版)

(ヒラス から転送)

ヒラマサ(平政、学名 Seriola lalandi )は、スズキ目アジ科に分類される海水魚の一種。アジ科魚類の最大種で、全世界の亜熱帯・温帯海域に分布する。食用になる。日本での地方名はマサ(東京)、ヒラス(大阪・高知・九州)、ヒラサ(瀬戸内海の一部)、ヒラソ(山陰)、テンコツ、ヒラソウジ(九州)等がある[1][2]


  1. ^ a b c 檜山義夫監修『野外観察図鑑4 魚』1985年初版・1998年改訂版 旺文社 ISBN 4010724242
  2. ^ a b c d 石川皓章『釣った魚が必ずわかるカラー図鑑』2004年 永岡書店 ISBN 4522213727
  3. ^ a b c Seriola lalandi - Froese, R. and D. Pauly. Editors. 2009. FishBase. World Wide Web electronic publication. version (11/2009)
  4. ^ a b 内田亨監修『学生版 日本動物図鑑』1948年初版・2000年重版 北隆館 ISBN 4832600427
  5. ^ a b c 岡村収・尼岡邦夫監修『山渓カラー名鑑 日本の海水魚』(アジ科解説 : 木村清志)1997年 ISBN 4635090272


「ヒラマサ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ヒラスに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ヒラス」の関連用語

ヒラスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ヒラスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヒラマサ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS