パーキンソンの法則とは?

パーキンソンの ほうそく -はふそく 【パーキンソンの法則】

パーキンソンが,行政組織運営などについて分析した結果を,皮肉の意味で法則と名づけたもの。「公務員の数は仕事有無にかかわりなく一定の割合増加する」(第一法則)など。

パーキンソンの法則

【英】Parkinson's law

官僚組織の無駄は基本的には2つの要因部下増大法則仕事量増大法則から発生してくるというもの。

役人は、自分地位高めるため、あるいは仕事負担を減らすために部下増やすことを望む傾向がある。そのために、役人の数は行うべき仕事軽重あるいは有無に関係なく増加するという法則実証した。

また、人員増加することによって役人お互いに重要度如何を問わず仕事をつくりあうようになるという法則実証した。

関連ページ
ワークプロセス領域

パーキンソンの法則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/16 22:30 UTC 版)

パーキンソンの法則(パーキンソンのほうそく、Parkinson’s law)は、1958年、英国の歴史学者・政治学者シリル・ノースコート・パーキンソン英語版の著作『パーキンソンの法則:進歩の追求』、およびその中で提唱された法則である。役人の数は、仕事の量とは無関係に増え続けるというもの[1]


  1. ^ a b 神樹兵輔 『面白いほどよくわかる 最新経済のしくみ-マクロ経済からミクロ経済まで素朴な疑問を一発解消(学校で教えない教科書)』 日本文芸社、2008年、42頁。


「パーキンソンの法則」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

パーキンソンの法則に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「パーキンソンの法則」の関連用語

パーキンソンの法則のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ソバカスウミウシ

イプサム

2目ゴム編み

因州和紙の紙すき

ルアーパックバター

新島襄

モンキーバナナ

スピニングボール





パーキンソンの法則のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2017 Active and Company Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパーキンソンの法則 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS