パンツァーファウストとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 武器・装備 > 武器 > 擲弾発射器 > パンツァーファウストの意味・解説 

【パンツァーファウスト】(ぱんつぁーふぁうすと)

Panzerfaust
ドイツ個人携帯対戦車兵器
戦車への鉄拳」という意。

第二次世界大戦において、ドイツ軍歩兵携帯用対戦車兵器として対戦車ライフル収束手榴弾対戦車榴弾用いてきたが、ソ連軍もより重装甲T-34KV-1といった戦車投入してきたためこれらの威力不足が懸念され始めた。
そこで、1942年にこれらに取って代わる携帯対戦車兵器開発が命じられ、ラングウェイラー博士研究を進めていた成形炸薬弾発展型として開発されたのがこのパンツァーファウストである。
これは、ノイマン効果応用した対戦車擲弾発射する無反動砲で、実態ロケットランチャーだったアメリカバズーカとは構造発射原理が違う。

最初に開発された「パンツァーファウスト30」は、射程30mで貫通力は140mm(30傾斜装甲)と、連合国軍のほとんどの戦車装甲正面から貫徹することが出来た
これは後に弾頭大型化し、貫通力を200mmに増大させた。
しかし、射程の短さと不十分な安全装置問題となり、後に「パンツァーファウスト60」「パンツァーファウスト100」「パンツァーファウスト150」(後ろ数字射程距離m)と、射程延長型が開発された。

パンツァーファウスト60及びパンツァーファウスト100は、合計130発が製造された。
基本的に使い捨てだが、発射後のパイプ部分回収すれば工場で再装填可能であった。
また、量産に至らなかった「パンツァーファウスト200」は現場何度も弾体を装填して使えるもので、後にソ連発展型・RPG-2が作られることとなる。

関連パンツァーシュレック フリーガーファウスト パンツァーファウスト3

スペックデータ


パンツァーファウスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/17 07:51 UTC 版)

パンツァーファウスト:Panzerfaust)は、第二次世界大戦中のドイツ国防軍が使用した携帯式対戦車擲弾発射器。「ファウストパトローネ(Faustpatrone)」とも呼ばれた。いわゆるロケット弾とは異なり、弾体自力での飛翔能力は持たないが、その分後方へ噴出される爆炎が少なく、トーチカ塹壕からでも比較的安全に発射できた。


[ヘルプ]
  1. ^ モンロー効果と呼ばれている


「パンツァーファウスト」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「パンツァーファウスト」の関連用語

パンツァーファウストのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




パンツァーファウストのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパンツァーファウスト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS