パンチドランカーとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 病気・健康 > 病気・けが > 病気 > 脳神経疾患 > パンチドランカーの意味・解説 

パンチドランカー [5]

punch-drunk+er
パンチを受けた後遺症で脳に障害を生じたボクサー

パンチドランカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/10 16:46 UTC 版)

パンチドランカーDementia PugilisticaDPと略す)とは頭部への衝撃から生じる脳震盪を起因とする神経変性疾患及び認知症に似た症状を持つ進行性の脳障害疾患のこと。また、そのような状態にある人間を指す。ボクサーに多く見られる疾患であること、最初に見つかった発症者がボクサーだったことから、慢性ボクサー脳症(chronic boxer's encephalopathy)、外傷性ボクサー脳症(traumatic boxer’s encephalopathy)、拳闘家痴呆(boxer's dementia)、慢性ボクシング外傷性脳損傷(chronic traumatic brain injury associated with boxing 、CTBI-Bと略す)、パンチドランク症候群(punch-drunk syndrome)などの別称がある。最近の研究でボクサーだけでなくアメリカンフットボールアイスホッケープロレスリングなど繰り返し頭部へ衝撃を受けることのあるコンタクトスポーツアスリートにも発症することが分かり、慢性外傷性脳症(Chronic traumatic encephalopathyCTEと略す)と呼ばれるのが一般的になっている。




  1. ^ a b Chronic Traumatic Encephalopathy (Brain Damage)”. BOXING.com (2013年2月17日). 2013年6月26日閲覧。
  2. ^ Brain bank examines athletes' hard hits”. CNN.com (2012年1月27日). 2013年6月26日閲覧。
  3. ^ 故ジュニア・セーアウの脳に慢性外傷性脳症確認”. アメフトNewsJapan (2013年1月10日). 2013年6月26日閲覧。
  4. ^ 引退選手4,000人超参加の脳震とう訴訟、聴聞会開催”. アメフトNewsJapan (2013年4月9日). 2013年6月26日閲覧。
  5. ^ Can medical technology save boxers from brain death?”. SALON.com (1999年5月1日). 2013年6月26日閲覧。
  6. ^ Quitting Time”. SI.com (2002年6月3日). 2013年6月26日閲覧。
  7. ^ Bittersweet Twilight For Sugar”. SI.com (1987年7月13日). 2013年6月26日閲覧。
  8. ^ He is simply ... The Greatest”. ESPN.com (2013--). 2013年6月26日閲覧。


「パンチドランカー」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

パンチドランカーに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「パンチドランカー」の関連用語

パンチドランカーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




パンチドランカーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパンチドランカー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS