パワーレンジャーとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > パワーレンジャーの意味・解説 

パワーレンジャー

原題:Power Rangers: The Movie
製作国:アメリカ
製作年:1995
配給:20世紀フォックス映画
スタッフ
監督:Bryan Spicer ブライアン・スパイサー
製作:Haim Saban ハイム・サバン

Shuki Levy シュキ・レヴィ

Suzanne Todd スザンヌ・トッド
原案:John Kamps ジョン・キャンプス

Arne Olsen アーン・オールセン
脚本:Arne Olsen アーン・オールセン
撮影:Paul Murphy ポール・マーフィ
音楽:Graeme Revell グレーム・レヴェール
音楽監修:Happy Walters ハッピー・ウォルターズ
美術:Craig Stearns クレイグ・スターンズ
編集:Wayne Wahrman ウェイン・ウォーマン
衣装(デザイン):Joseph Porro ジョゼフ・ポロ
スクリプター:Tad Pr 

Jennifer Bergman 

Scott Peterson 

松岡裕紀 

鈴木武幸 スズキタケユキ

平田勝枝 
スタント・コーディネーター:Rocky McDonald 
字幕:松浦美奈 マツウラミナ
キャスト(役名
Karan Ashley カレン・アシュレイ (Aisha/Yellow Ranger
Johnny Yong Bosch ジョニー・ヨン・ボストン (Adam/Black Ranger
Steve Cardenas スティーヴ・カーデナス (Rocky/Red Ranger
Jason David Frank ジェイソン・デイヴィッド・フランク (Tommy/White Ranger
Amy Jo Johnson エイミー・ジョー・ジョンストン (Kimberly/Pink Ranger
David Yost デイヴィッド・ヨスト (Billy/Blue Ranger
Paul Schrier  (Bulk
Jason Harvy  (Skull
Paul Freeman ポール・フリーマン (Ivan Ooze
Gabrielle Fitzpatrick  (Dulcea)
Nicholas Bell  (Zordon)
Peta-Maree Rixon  (Alpha 5)
伊藤美紀 イトウミキ (アイシャ(イエロー・レンジャー))
辻谷耕史  (アダム(ブラック・レンジャー))
松本保典 マツモトヤスノリ (ロッキー(レッド・レンジャー))
真地勇志  (トミー(ホワイト・レンジャー))
新山志保  (キンバリー(ピンク・レンジャー))
草尾毅 クサオタケシ (ビリー(ブルー・レンジャー))
塩屋浩三 シオヤコウゾウ (バルク
坂口賢一  (スカル
穂積隆信 ホヅミタカノブ (アイヴァン・ウーズ)
勝生真沙子 カツキマサコ (ダルシア
稲葉実 イナバミノル (ゾードン)
龍田直樹 タツタナオキ (アルファ5)
解説
東映特撮ヒーロー番組戦隊シリーズ”の「恐竜戦隊ジュウレンジャー」の米国向け放映バージョンを、ハリウッド映画化した一編TV版は93年9月から全米のフォックス・チルドレンズ・ネットワークで放映されるや高視聴率獲得43か国で放映される大ヒット作となり、映画化運びとなった。日本撮影された特撮やアクション・シーンをそのまま残したTV版と異なり本作全て撮影によるオリジナル。とりわけアクション場面と、CGI駆使したSFXシーン見もの。「ホワイ・ミー?」のジョン・キャンプス原案を、「レッド・スコルピオン」のアーン・オールセン脚色監督TV界で活躍し、これが初の映画となるブライアン・スパイサーが当たった。製作はTV版も手掛けハイム・サバンシュキ・レヴィスザンヌ・トッド共同撮影ポール・マーフィ音楽は「タンク・ガール」のグレアム・レヴェルスコア書きレッド・ホット・チリ・ペッパーズヴァン・ヘイレンディーヴォなどの挿入曲が流れる。美術は「キッチン・ウォーズ」のグレッグ・リターンズ、衣裳は「スターゲイト」のジョゼフ・ポロ特殊効果スーパーバイザーはタッド・ブライド、視覚効果スーパーバイザーエリック・ヘンリー担当出演はパワーレンジャー役の若手6人を中心に、「レイダース 失われたアーク」のポール・フリーマンらが脇を固める。「潜望鏡上げろ」と2本立て公開日本語吹替版のみの上映。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
エンジェル・グローブ・シティ。時空を超えた善の支配者ゾードンにパワー与えられ、パワーレンジャーとなった6人の高校生カレン・アシュレイジョニー・ヨン・ボストンスティーヴ・カーデナス、ジェイソン・デイヴィッド・フランクエイミー・ジョー・ジョンストン、デイヴィッド・ヨスト)は、日夜悪と戦っていた。ある日建設現場から不思議な卵が堀り出された。その卵に悪の臭いを嗅ぎつけたパワーレンジャーの宿敵ロード・ゼット一味が卵を割ると、中から6000前に地球支配していた悪の化身アイヴァン・ウーズ(ポール・フリーマン)が現れた。アイヴァン復活察知したゾードンは6人の若者を向かわせるが、アイヴァン手下を残してゾードンの指令センター乗り込み、強力な力で破壊した。ゾードンは瀕死の状態に陥り、そのため6人のパワー消えてしまい、変身能力も失われてしまった。ゾードンを救い、6人のパワーを再びらせるには、遙か彼方惑星フェイドスに秘められたパワー探すしかない。6人は残り少ないプラズマ・エネルギーを使って、フェイドスにテレポートする。アイヴァンはロード・ゼットとその妻リタカプセル中に閉じ込め、彼らの手ゴールダーとモーダントを従えた。さらに毒液ウーズを使って人々操りアイヴァンと共に地中深く埋められていた巨大究極兵器エクト・モーフィコンを発掘する。一方、フェイドスに着いた6人は、アイヴァン差し向けたテングウォリアーズの襲撃を受けて大ピンチその時女戦士ダルシア(ガブリエル・フィッツパトリック)が現れて彼らを救い、不思議パワー=ニンジェッティを授けた。新しい力を得て帰還した6人は、完成したエクト・モーフィコンがシティ破壊しているのを目の当たりにする。彼らは専用アニマル・ゾードに乗り込み合体してモーフィコンとアイヴァンを倒し、地球の平和は守られた。

パワーレンジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/20 16:06 UTC 版)

パワーレンジャー英語: Power Rangers)は、アメリカ合衆国のテレビドラマシリーズ。日本特撮テレビドラマシリーズ「スーパー戦隊シリーズ」の英語版ローカライズとして[1]ハイム・サバン[2]シュキ・レヴィに生み出された[3]。北米で最も成功した日本製コンテンツとして知られる[4]。略称は「PR」、「パワレン」。




注釈

  1. ^ 「日本ヒーロー世界を制す」では日本の10倍程度の制作費と時間が必要と記載されており[13]、鈴木武幸は「特撮部分は絶対に撮れない。アメリカでは数十億かかるから」と述べている[8]
  2. ^ 太陽戦隊サンバルカン』説[15]と『電撃戦隊チェンジマン』説がある[5]
  3. ^ ニュージーランドの風景が日本に似ていることも理由とされる[38]
  4. ^ アメリカドルでの予算は変更されていないが、NZドルが値上がりしたため、実際に使える金額が削減された形となっている[40]
  5. ^ 撮影期間の都合もあり[46]、レンジャーのスーツは当初、現地で制作されていたが、後に衣装を除き日本製となった[47]
  6. ^ アメリカ人は「名乗っている間に攻撃されるのではないか?」と考えるとされる[58][59][14]
  7. ^ アメリカではリアルな効果音を使うと暴力的な想像を掻き立てられると考えられているため[13]。初期の作品ではいかにもという音が付けられていたが、徐々に自然なものへと変わっていった。
  8. ^ 坂本浩一は「日本人がミニチュア特撮に違和感を感じないのは、特撮作品を見慣れているからだ」と述べている[42]
  9. ^ この作品のみ映像ソフトが先行[76]
  10. ^ これらの作品が放送されなかった理由は日米タイムラグを減らして新しい作品を放送したいと言う意向によるもの[8]

出典

  1. ^ a b c d e 「パワーレンジャー」新シリーズの製作配給契約をサバン・キャピタル・グループと締結”. 東映プレスリリース (2010年5月19日). 2014年4月5日閲覧。
  2. ^ “『パワーレンジャー』が新たな映画としてリブート!”. 海外ドラマNAVI. http://dramanavi.net/news/2014/05/post-2807.php 2015年6月16日閲覧。 
  3. ^ The Creator of Mighty Morphin Power Rangers Is Back with a New Show”. TIME (2013年10月8日). 2015年6月16日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 豊永真美「パワーレンジャーをヒットさせた男−ハイム・サバンと日本のコンテンツ」、『一橋ビジネスレビュー』2010 WIN、東洋経済新報社2010年、 37 - 46頁、 ISBN 978-4492820469
  5. ^ a b c d e f g h i j k アン・アリスン 「パワーレンジャー」『菊とポケモン―グローバル化する日本の文化力』 実川元子訳、新潮社、2010年、154 - 175頁。ISBN 978-4105062217
  6. ^ a b c d e f 戸澤好彦構成 2002, pp. 23 - 25, DISCUSSION OF SUPER SENTAI 92〜94.
  7. ^ Vol.13 Career up in NZ”. E CUBE・E SQUARE. 2014年5月1日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad 大前京太郎(構成・文)、NIRDY(構成・文)、ヤス(構成・文)「ガオレンジャーVSパワーレンジャー」、『フィギュア王』No.44、ワールドフォトプレス2001年、 20 - 31頁、 ISBN 978-4846523183
  9. ^ a b c d e f g h i j k 「緑の章 World パワーレンジャー」『スーパー戦隊 36LEGENDS』 日之出出版、2012年、92 -97頁。ISBN 978-4891988623
  10. ^ 戦隊マイスター・鈴木武幸常務登場!”. 東映. 2014年6月3日閲覧。
  11. ^ a b 『SFヒーローまぼろしの冒険伝説―続編、外伝、スピンオフ徹底研究』 ミリオン出版2001年、20 - 21頁。ISBN 978-4813006152
  12. ^ 「BonusColumn アメリカン・テレビ・ヒーローの歴史」『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』 竹書房/イオン編、竹書房1995年11月30日、191頁。C0076。ISBN 4-88475-874-9
  13. ^ a b c d e 大下英治 「第九章 世界市場の可能性」『日本(ジャパニーズ)ヒーローは世界を制す』 角川書店、1995年、283 - 287頁。ISBN 978-4048834162
  14. ^ a b c d e 「パワーレンジャー」、『映画秘宝』8月号、洋泉社2017年、 56 - 57頁、 ISBN 978-4197301461
  15. ^ 安藤幹夫(構成) 「吉川 進 スペシャルインタビュー」『東映スーパー戦隊大全 バトルフィーバーJ・デンジマン・サンバルカンの世界』 双葉社、2003年、12頁。ISBN 4575295205
  16. ^ Schlepping to Moguldom”. ニューヨーク・タイムズ. 2014年4月14日閲覧。
  17. ^ a b c d Haim Saban, producer, in Hollywood, Washington, Israel”. ザ・ニューヨーカー. 2014年7月4日閲覧。
  18. ^ Kidd Stuff : A Crop of New Shows Sprouts From Saban Firm's TV Success”. ロサンゼルス・タイムズ. 2013年5月15日閲覧。
  19. ^ a b c 戸澤好彦構成 2002, pp. 96, スーパー戦隊コラム05【パワーレンジャー】.
  20. ^ a b c d 我が国のコンテンツの海外における「ゲートキーパー」プロファイリング調査(米国編)”. 日本貿易振興機構. 2017年7月16日閲覧。
  21. ^ a b c 入社案内”. バンダイ. 2011年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月26日閲覧。
  22. ^ 特集・特撮ヒーローは今もたたかう朝日新聞グローブ、November 29 , 2016
  23. ^ http://www.allbusiness.com/services/motion-pictures/4854069-1.html
  24. ^ Fox's Powerful Role in Children's TV”. ニューヨーク・タイムズ. 2014年7月4日閲覧。
  25. ^ a b c 間宮尚彦構成 2007, pp. 329 - 333, パワーレンジャー.
  26. ^ Power Rangers--the Biggest Thing Since Cabbage Patch Kids : Wish list: Next to the Mighty Morphins, video games are fading. And Barbie still is the best-selling doll.”. ロサンゼルス・タイムズ. 2013年5月16日閲覧。
  27. ^ Beyond Power Rangers”. Forbes. 2015年2月11日閲覧。
  28. ^ FOX, SABAN MORPHIN INTO KIDVID WORLD”. Variety (1995年11月15日). 2015年2月11日閲覧。
  29. ^ 戸澤好彦構成 2002, pp. 101, スペシャルインタビュー.
  30. ^ 吉川進「特撮戦隊 私が生みの親 スーパーヒーロー、子供たちの夢を守って35年」、『日本経済新聞縮刷版』08月号、日本経済新聞社2010年、 1024頁。
  31. ^ a b c 坂本浩一 1996, pp. 86 - 89, パワーレンジャーへの挑戦.
  32. ^ Power Rangers Encounter 'Turbo'-Charged Villainess”. ロサンゼルス・タイムズ (1997年3月28日). 2014年8月15日閲覧。
  33. ^ News Corp. and Haim Saban Reach Agreement to Sell Fox Family Worldwide to Disney for $5.3 Billion”. サバン・キャピタル・グループ (2001年7月24日). 2014年5月15日閲覧。
  34. ^ 米ディズニーが子供番組大手の米Fox Familyを買収”. Tech-On! (2001年7月24日). 2012年10月14日閲覧。
  35. ^ BVS Entertainment, Inc”. ビジネスウィーク. 2012年10月10日閲覧。
  36. ^ a b c d e f 上野麿位(取材)「先駆者たちの肖像 海を渡ったスタントマン」、『[NEWTYPE THE LIVE 特撮ニュータイプ』第11号、角川書店2008年、 83 - 85頁、 ISBN 978-4894257726
  37. ^ a b FOR YOUNG VIEWERS; Those Mighty Power Rangers Just Keep On Morphing”. ニューヨーク・タイムズ. 2014年4月14日閲覧。
  38. ^ ニューヨークでスタントマンとして活躍する羽賀 亮洋さんの生き方”. 挑戦者の溜まり場 (2017年3月17日). 2017年6月22日閲覧。
  39. ^ a b c d e f 「パワーレンジャー」、『フィギュア王』No.233、ワールドフォトプレス2017年、 44 - 45頁、 ISBN 978-4846531508
  40. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q インタビュー・秋田英夫「パワーレンジャー NOW!!」、『宇宙船』Vol.122、ホビージャパン、2008年10月、 94 - 97頁、 ISBN 978-4894257726
  41. ^ 「POWER RANGERS SAMURAI」、『宇宙船』Vol.132、ホビージャパン、2011年4月、 45頁、 ISBN 978-4798602134
  42. ^ a b c d e f g h i j k 「S.P.D. Special talk 坂本浩一監督」、『ハイパーホビー』3月号、徳間書店2012年、 30、163。
  43. ^ TV & Movie Studio Clients”. スタジオ・ウェスト. 2014年5月1日閲覧。
  44. ^ a b c Eriksen, Alanah (2009年3月7日). “'Power Rangers' defeated - Entertainment”. NZ Herald News. 2014年5月1日閲覧。
  45. ^ a b 間宮尚彦構成 2007, pp. 375, 坂本浩一氏インタビュー.
  46. ^ a b c d 「プレックス海外向け商品開発スタッフ座談会」『超合金魂 II バンダイキャラクタートイ大全集』 徳間書店2001年、76 - 83頁。ISBN 978-4197201365
  47. ^ 『シールドの向こう側』 楽しかったな〜 ありがとう、お面達!”. hiroshiのブログ(前田浩公式ブログ) (2010年3月19日). 2015年5月8日閲覧。
  48. ^ Haim Saban buys back 'Power Rangers's”. ロサンゼルス・タイムズ. 2013年5月16日閲覧。
  49. ^ Disney's Q3 boosted by TV operations profit”. Hollywood Reporter (2010年10月14日). 2012年6月15日閲覧。
  50. ^ Global Power Rangers Franchise Returns To Original Developer As Saban Announces Acquisition From Disney”. サバン・ブランド. 2012年6月15日閲覧。
  51. ^ 「バンダイナムコ、特撮番組の玩具を米で独占販売」、『日本経済新聞縮刷版』05月号、日本経済新聞社、2010年、 841頁。
  52. ^ サバン氏「パワーレンジャー」買収 ニコロデオン放映に”. アニメ!アニメ!ビズ (2010年5月13日). 2014年4月5日閲覧。
  53. ^ SabanBrands-Brands-PowerRangers”. サバン・ブランド. 2012年6月15日閲覧。
  54. ^ Taylor, Colin (2013年5月26日). “Auckland's slice of big screen Hollywood goes on the market”. スクープメディア. 2014年5月1日閲覧。
  55. ^ 次にハリウッド映画化されるのは、スーパー戦隊シリーズ「パワーレンジャー」”. WIRED.jp (2014年5月10日). 2014年8月15日閲覧。
  56. ^ メイド・イン・ジャパンの『パワーレンジャー』が全米大ヒットスタート!”. 財経新聞 (2017年3月29日). 2017年6月1日閲覧。
  57. ^ a b c d e f g 間宮尚彦構成 『スーパー戦隊超全集』 小学館、2002年、295頁。ISBN 978-4091014832
  58. ^ a b c 「鈴木武幸インタビュー」、『ハイパーホビー』VOL. 2、徳間書店、2017年、 72 - 73頁、 ISBN 978-4197301461
  59. ^ a b c 「パワーレンジャー」、『DVD&ブルーレイでーた』7月号、KADOKAWA2017年、 8 - 10頁。
  60. ^ a b & 間宮尚彦構成 2007, p. 375, 坂本浩一に聞く.
  61. ^ 秋田英夫(インタビュー)「POWER RANGERS SPECIAL INTERVIEW」、『東映ヒーローMAX』Vol.27、辰巳出版2008年、 98頁、 ISBN 978-4777805907
  62. ^ a b c d e f g h i j 山崎優(取材・構成)「SPECIAL Interview 坂本浩一 『パワーレンジャー』を語る」、『東映ヒーローMAX』Vol.42、辰巳出版2012年、 75 - 76頁、 ISBN 978-4777810277
  63. ^ 「坂本浩一インタビュー」、『ハイパーホビー』VOL. 3、徳間書店、2017年、 76頁、 ISBN 978-4197301478
  64. ^ a b c 「坂本浩一が語る パワーレンジャーの神髄」、『テレビブロス関東版』平成29年7月15日号、東京ニュース通信社、2017年7月、 6 - 7頁。
  65. ^ 坂本浩一 1996, pp. 201, アメリカで成功する方法.
  66. ^ 坂本浩一 1996, pp. 181, 「ALPHA STUNTS」のメンバーたち.
  67. ^ a b 坂本浩一 1996, pp. 190 - 191, 『パワーレンジャー』とレイティング.
  68. ^ a b 米国コンテンツ市場調査(2011-2012)キャラクタービジネス編”. 日本貿易振興機構. 2017年7月16日閲覧。
  69. ^ MarVista to sell ‘Rangers’ TV library”. Variety (2010年7月27日). 2014年2月20日閲覧。
  70. ^ フランスを中心とする欧州のコンテンツ市場調査(2011-2012)キャラクタービジネス編”. 日本貿易振興機構. 2017年7月16日閲覧。
  71. ^ a b c NORWAY PULLS THE PLUG ON `POWER RANGERS'”. Deseret News. 2017年5月21日閲覧。
  72. ^ a b ヒーローは地球を救う”. 朝日新聞GLOBE. 2014年2月26日閲覧。
  73. ^ バンダイ&米国マテル社共同事業のコラボレーション商品が欧米市場で初登場”. バンダイ. 2014年5月30日閲覧。
  74. ^ SABAN'S POWER RANGERS MEGAFORCE”. サバン・ブランド (2014年2月15日). 2014年4月9日閲覧。
  75. ^ ダビング”. 東映ヒーローネット. 2014年2月20日閲覧。
  76. ^ パワーレンジャー ライトスピード・レスキュー”. 東映. 2013年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月15日閲覧。
  77. ^ パワー レンジャー シリーズ”. スーパー!ドラマTV. 2014年7月15日閲覧。
  78. ^ a b 『パワーレンジャー S.P.D.』日本語吹替版プロジェクト 始動!”. 東映. 2014年7月15日閲覧。
  79. ^ 『パワーレンジャー日本語吹替版プロジェクト★第2弾始動!”. 東映. 2013年3月10日閲覧。
  80. ^ 『パワーレンジャー日本語吹替版プロジェクト★第3弾始動!”. 東映. 2013年8月17日閲覧。
  81. ^ 東映チャンネル TV特撮『パワーレンジャー SUPER SAMURAI』が2/11(火)よりスタート!”. 東映. 2014年7月6日閲覧。
  82. ^ パワーレンジャーインスペースアテレコ現場に潜入!”. 東映ヒーローネット (2000年10月27日). 2014年7月15日閲覧。
  83. ^ a b 「パワーレンジャー ロストギャラクシー」、『東映ヒーローMAX』Vol.1、辰巳出版2002年、 71 - 72頁、 ISBN 978-4886417312
  84. ^ a b パワーレンジャー ロストギャラクシー”. スーパー!ドラマTV. 2014年2月20日閲覧。
  85. ^ Saban's Power Rangers Megaforce Premieres in Canada this Week on YTV and Nickelodeon”. サバン・ブランド. 2013年3月10日閲覧。
  86. ^ Exclusive: 'Power Rangers Dino Charge' coming in 2015”. USA TODAY. 2014年2月10日閲覧。
  87. ^ http://www.ign.com/articles/2016/01/12/power-rangers-premiere-date-and-next-iteration-revealed
  88. ^ アメリカのTV規制”. Michi YamatoのUSアクション・ブログ (2007年5月15日). 2012年5月8日閲覧。
  89. ^ American Tokusatsu Shows: VR Troopers”. Den of Geek. 2015年2月27日閲覧。
  90. ^ 間宮尚彦構成 2007, pp. 345, パワーレンジャーターボ.







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「パワーレンジャー」の関連用語

パワーレンジャーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

薩摩硫黄島

オトメミドリガイ

向井去来

S001

ホット・スタンプ

フォームドアスファルト舗装

十和田八幡平国立公園

KTM 990 SuperDuke





パワーレンジャーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパワーレンジャー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS