パロアルト研究所とは?

PARC

フルスペル:Palo Alto Research Center
読み方パーク
別名:パロ・アルト研究所,パロアルト研究所,Xeroxパロアルト研究所Xerox PARCゼロックスパーク

PARCとは、米国Xeroxによって、コンピュータサイエンスに関する技術開発のために設立された、研究施設の名称である。カリフォルニア州パロ・アルト所在地とする。

PARCは、1969年Xerox買収したSDSScientific Data Systems)を母体として1970年設立された。PARCの設立に際してNASA米国国防総省への勤務経歴があるロバート・テイラー中心となり、研究員招集が進められた。結果として今日コンピュータサイエンス歴史に名を残す多く技術者がPARCに集っている。例えば、オブジェクト指向プログラミング言語であるSmalltalk開発したアラン・ケイイーサネット開発したロバート・エトカルフェワープロソフトWYSIWYG実現したチャールズ・シモニーページ記述言語開発したジョン・E・ワーノックなどがPARCに在籍していた。

PARCにおける研究成果は、1970年代から1980年代にかけて、コンピュータ世界多く影響与えた。GUIマウスレーザープリンタパーソナルコンピュータ概念ユビキタスコンピューティング果てはコンピュータウイルスもPARCの研究より生み出されたとされている。

また、スティーブ・ジョブズビル・アトキンソンビル・ゲイツなどがPARCを見学訪れ大い刺激を受け、それがGUIOSであるMacintoshWindows開発につながったとも言われている。

PARCは2002年Xeroxから独立した。2008年10月現在、物理コンピューター生物学社会科学分野において、約170人の研究者研究活動を行っている。

ちなみに日本国内にJ-PARCJapan Proton Accelerator Research Complex)という研究施設があるが、これは大強度陽子加速器実験施設であり、PARCとは特に関係ない


参照リンク
PARC (Palo Alto Research Center) - (英文
企業活動のほかの用語一覧
海外企業・団体:  ngmoco  OCA  OGF  PARC  Qualcomm  RIM  SGI

パロアルト研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/04/01 02:16 UTC 版)

パロアルト研究所(パロアルトけんきゅうじょ、Palo Alto Research CenterPARC)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州パロアルトにある研究開発企業。複写機大手の米ゼロックス (XEROX) 社が1970年にアーキテクチャー・オブ・インフォーメーションの創出を目標として開設した。コンピューターサイエンス方面に与えた影響が大きく、Smalltalkイーサネットレーザープリンターなどの発明が行われた。他にもグラフィカルユーザインタフェース (GUI)、ユビキタスコンピューティングなどの研究開発を行っている。デバイス領域ではVLSI半導体レーザー電子ペーパーなどの研究を行う。開放的な気風であったといわれる。




「パロアルト研究所」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

パロアルト研究所に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「パロアルト研究所」の関連用語

パロアルト研究所のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




パロアルト研究所のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2014 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリPARCの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパロアルト研究所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS