パイロープとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 鉱物 > 鉱物 > パイロープの意味・解説 

パイロープ(Pyrope)

パイロープ
Martiniana Po,Cuneo,Piemont,Italy
Mg3Al2(SiO4)3 画像の幅約4cm

薄いピンク色結晶面シャープではありませんが、中央上部
右下球状部分がパイロープ(苦ばんざくろ石結晶です。
結晶することか珍しいパイロープの理想組成に近い結晶標本です。
地下約100Kmの超高圧生成鉱物で、とても貴重な標本です。

パイロープ(Pyrope)

パイロープ
Masai Step,Tanzania
Mg3Al2(SiO4)3 画像の幅約4cm

濃紅色をした「ざくろ石」の一種です。
高圧生成岩石に入ってる鉱物で、結晶をする事がほとんど有りません。

パイロープ(Pyrope)

パイロープ パイロープ
Podsedice,Trebenice,Usti Region,Bohemia,Czech Republic
Mg3Al2(SiO4)3 画像の幅約7mm、1.7cm

赤色球状見え鉱物がパイロープ(苦礬ざくろ石)です。
高い圧力を受けてできた岩石中に入っている鉱物で、明瞭結晶面
見せることが稀な鉱物です。

苦礬柘榴石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/07 08:52 UTC 版)

(パイロープ から転送)

苦礬柘榴石(くばんざくろいし、pyrope、パイロープ[2])はネソケイ酸塩柘榴石群に属する鉱物の一種である。


[ヘルプ]
  1. ^ 国立天文台編 『理科年表 平成20年』 丸善2007年、643頁。ISBN 978-4-621-07902-7
  2. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年ISBN 4-8181-8401-2
  3. ^ 堀秀道 『楽しい鉱物図鑑』 草思社、1992年
  4. ^ 松井義人、一国雅巳 訳 『メイスン 一般地球化学』 岩波書店、1970年
  5. ^ 吉木文平 『鉱物工学』 技報堂、1959年


「苦礬柘榴石」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「パイロープ」の関連用語

パイロープのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

斜プチロル沸石

デソーテルス石

灰泡蒼鉛

メタヒュウェット石

コバルト華

弗素燐灰石

チャールズ石

北投石





パイロープのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
Kato's CollectionsKato's Collections
Copyright(C) 1996-2017 Shinichi KATO All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの苦礬柘榴石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS