パイロープとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 鉱物 > 鉱物 > パイロープの意味・解説 

パイロープ(Pyrope)

パイロープ
Martiniana Po,Cuneo,Piemont,Italy
Mg3Al2(SiO4)3 画像の幅約4cm

薄いピンク色結晶面シャープではありませんが、中央上部
右下球状部分がパイロープ(苦ばんざくろ石結晶です。
結晶することか珍しいパイロープの理想組成に近い結晶標本です。
地下約100Kmの超高圧生成鉱物で、とても貴重な標本です。

パイロープ(Pyrope)

パイロープ
Masai Step,Tanzania
Mg3Al2(SiO4)3 画像の幅約4cm

濃紅色をした「ざくろ石」の一種です。
高圧生成岩石に入ってる鉱物で、結晶をする事がほとんど有りません。

パイロープ(Pyrope)

パイロープ パイロープ
Podsedice,Trebenice,Usti Region,Bohemia,Czech Republic
Mg3Al2(SiO4)3 画像の幅約7mm、1.7cm

赤色球状見え鉱物がパイロープ(苦礬ざくろ石)です。
高い圧力を受けてできた岩石中に入っている鉱物で、明瞭結晶面
見せることが稀な鉱物です。

苦礬柘榴石

(パイロープ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/07 08:52 UTC 版)

苦礬柘榴石(くばんざくろいし、pyrope、パイロープ[2])はネソケイ酸塩柘榴石群に属する鉱物の一種である。


[ヘルプ]
  1. ^ 国立天文台編 『理科年表 平成20年』 丸善2007年、643頁。ISBN 978-4-621-07902-7
  2. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年ISBN 4-8181-8401-2
  3. ^ 堀秀道 『楽しい鉱物図鑑』 草思社、1992年
  4. ^ 松井義人、一国雅巳 訳 『メイスン 一般地球化学』 岩波書店、1970年
  5. ^ 吉木文平 『鉱物工学』 技報堂、1959年


「苦礬柘榴石」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「パイロープ」の関連用語

パイロープのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

マックギネス石

アーセニオシデライト

長島石

ラムスデル鉱

重土十字沸石

フェアフィールダイト

ミメット鉱

重土十字沸石





パイロープのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
Kato's CollectionsKato's Collections
Copyright(C) 1996-2017 Shinichi KATO All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの苦礬柘榴石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS