パ★テ★オ PATIOとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > パ★テ★オ PATIOの意味・解説 

パ★テ★オ PATIO

原題:
製作国:日本
製作年:1992
配給:松竹
スタッフ
監督:楠田泰之 クスダヤスユキ
製作:村上光一 ムラカミコウイチ

奥山和由 オクヤマカズヨシ
製作総指揮:河井真也 カワイシンヤ

宅間秋史 タクマアキフミ

阿部祐三 アベユウゾウ
プロデューサー:飯塚正彦 イイヅカマサヒコ

久里耕介 クリコウスケ
原作:楠田泰之 クスダヤスユキ

吉本昌弘 ヨシモトマサヒロ
脚本:吉本昌弘 ヨシモトマサヒロ
企画:重村一 シゲムラハジメ

堀口壽一 ホリグチトシカズ
撮影:栢野直樹 カヤノナオキ
音楽:ニッキー・ホプキンス 
歌:今井美樹 イマイミキ
美術:部谷京子 ヘヤキョウコ
編集:菊池純一 キクチジュンイチ
録音:深田晃 フカダアキラ
その他:水谷力 
照明:長田達也 オサダタツヤ
キャスト(役名
菊池桃子 キクチモモコ (江川真理
加勢大周 カセタイシュウ (沢本優)
保阪尚希 (保坂尚希、保阪 尚輝、保坂 尚輝) ホサカナオキ (木田信一、吉田茂
鈴木京香 スズキキョウカ (永井あゆみ)
鶴見辰吾 ツルミシンゴ (寺田正樹
松雪泰子 マツユキヤスコ (水島五月
大島由加里 オオシマユカリ (スー・ティエン)
塩見三省 シオミサンセイ (谷博之
近藤誠 コンドウマコト (糸井鉄男
宝田明 タカラダアキラ (奥孝)
奥菜恵 オキナメグミ (奥菜恵
江口洋介 エグチヨウスケ (ホテルフロント係)
佐川満男 サガワミツオ (秋山武)
江原真二郎 エバラシンジロウ (井上邦彦
佐藤慶 サトウケイ (須藤光明
解説
パテオ赤いバラ”と呼ばれる神秘秘宝巡って消息不明婚約者追う女とその級友国際的規模事件巻き込まれるサスペンス。PART1とPART2テレビ放映され(フジテレビ系、PART1=9月18日PART210月23日)、完結編となるPART3劇場公開されるというマルチミックス形式での公開監督楠田泰之で、本作劇場映画デビュー原作楠田泰之吉本昌弘脚本吉本昌弘撮影栢野直樹担当
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
高校からの幼なじみで、結婚前の最後の旅行を楽しむため南の島にやって来た旅行会社添乗員江川真理東アジア商事社員木田信一のカップル。だがコテージロマンチックな夜を過ごした翌朝、信一の姿が部屋から消えていた。信一そっくりの男を見かけ真理は、偶然クラスメートだった沢本優と出会い彼の協力得て信一を探すが、信一にかけられていた多額保険金受取人真理だったため、2人帰国すると保険金殺人疑いをかけられてしまう。さらに真理は信一をこれ以上捜すなという脅迫を受けたり、優も勤務先大学構内何者かに襲われた。真理は信一そっくりな吉田茂という人の婚約者である、ファッションデザイナー永井あゆみという女性存在つきとめ、優とともに彼女を追って香港へ、さらにシドニージャカルタバンコック渡っていく。2人はその過程で、事件鍵を握るパテオ赤いバラ”という幻の宝石を知った。それが2つ集まると太古の財宝のありかが分かるとされ、そのため政府大使館員、東アジア商事マフィアらが暗躍していた。信一もそのためわざと失踪していたのだった。そして遂に2人財宝のありかを突き止めるが、太古の人々にとっての財宝とは単なるであった。全ての真相を知った真理と優はあらため一緒になるのだった

パ★テ★オ

(パ★テ★オ PATIO から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/12 08:41 UTC 版)

パ★テ★オ』は、1992年フジテレビ系列の『金曜ドラマシアター』で放送された日本テレビドラマ作品、および劇場公開された映画作品。




「パ★テ★オ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「パ★テ★オ PATIO」の関連用語

パ★テ★オ PATIOのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

赤花八重山査子

ニセイバラノリ

Discovery 3

集成材

スポッテッド

フルフイ・ラフリス-M

いも鎚

ブラウインタム





パ★テ★オ PATIOのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパ★テ★オ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS