バンド理論とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 論理 > 理論 > バンド理論の意味・解説 

バンドりろん [4] 【バンド理論】

固体内の電子の状態を近似的に扱う理論電子エネルギー準位バンド構造形成するのでこの名がある。電気伝導など,電子係わる現象理論的基礎与える。

バンド理論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/05 13:50 UTC 版)

固体物理学における固体のバンド理論(バンドりろん、: band theory)または帯理論とは、結晶などの固体物質中に分布する電子の量子力学的なエネルギーレベルに関する理論を言う。1920年代後半にフェリックス・ブロッホルドルフ・パイエルスレオン・ブリルアンらによって確立された[1]






「バンド理論」の続きの解説一覧





バンド理論と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

バンド理論に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「バンド理論」の関連用語

バンド理論のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

融雪剤散布システム

挙式後のお礼

大三輪長兵衛

梅樹透図鐔

宇曽川流路工

森永貞一郎

ディロフォサウルス・シネンシス

KTM 450 EXC-R





バンド理論のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバンド理論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS