バランサーとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 鉄道用語 > バランサーの意味・解説 

バランサー

電車屋根上にある集電装置パンタグラフ)と接す電車線は、温度によってその張力変化します。しかし、集電を安定させるためには電車線張力一定であることが望ましいといえます。また、電車線パンタグラフが同じ状着で接していないと、電車線摩耗が早まります。

そこで、バランサー(張力自動調整装置)という電車線張力一定に保つ装置が必要となります。バランサーは、その方式によって(1)オモリ滑車原理利用する滑車式、(2)バネ式、(3)油圧式、に分類されます。


バランサー

読み方:バランサー
【英】:balancer

バランサーとは、重量物を搬送する際にその負荷軽減する揚重機の一種一本アーム重量物を持ち上げ運搬する。
重量物の持ち上げには、空気圧利用吸着するエアー式が主流で、アタッチメント変えることでダンボール平板袋物など様々なものを運ぶことができる。プラスチックケースなどの場合両手持ちフックアタッチメントも使われる。最大吊上げ荷重多少や、筐体移動式・固定式、また位置自動制御機能有無など、様々な製品存在する。また、0.5t以上のバランサーは「クレーン等安全規則」の適用を受ける。
■ 関連技術

平均棍

同義/類義語:バランサー
英訳・(英)同義/類義語:haltere, balancer

双翅類の昆虫の翅後部一対ある、飛行中の姿勢平均をとるための小型棒状器官ホメオティック変異研究対象となった。

バランサー (漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/08/05 09:52 UTC 版)

(バランサー から転送)

バランサー』(BALANCER)は、新谷かおるによる日本漫画である。


  1. ^ 詳細は『週刊少年サンデー』の概要の項目を参照。
  2. ^ のちに『クレオパトラD.C.』と『砂の薔薇』で、本作以上に綿密に描かれている。
  3. ^ 『砂の薔薇 雪の黙示録 DVD』付属の冊子「原作者 新谷かおるインタビュー」を参照(本作で描かれた「世界情勢を踏まえた傭兵の活躍」の概念が、後に『砂の薔薇』の原案となった)。


「バランサー (漫画)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

バランサーに関連した本

バランサーに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「バランサー」の関連用語

バランサーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




バランサーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本民営鉄道協会日本民営鉄道協会
(C) 2014 (社)日本民営鉄道協会
イプロスイプロス
COPYRIGHT © 2001-2014 IPROS CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED
モノシリ
JabionJabion
Copyright (C) 2014 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバランサー (漫画) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS