バックラッシュとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > FA用語 > バックラッシュの意味・解説 

バックラッシュ [4] 【backlash】

逆回転反動の意〕
歯車がかみ合うときのすき間。

バックラッシュ

読み方:バックラッシュ
【英】:backlash

関連するカテゴリ
サーボモータサーボドライバ

機械系には、ほとんどといってよいほど正転正方向)と逆転(逆方向)との間に、不感帯類する差を生じる。(たとえばギヤは、正転逆転時にすき間分余分一次側を回転させる必要がある。)これをバックラッシュと呼ぶ。このバックラッシュを表す単位は「分」。1回転360度 1度の1/60=1分となる。したがってバックラッシュの数値小さいほど、不感帯類する差(ガタ)が少ない。


バックラッシュ

英語 backlash

歯車噛み合い状態で、接している相手歯面との間に隙間(ガタ)ができるが、そのガタのことをいう。歯車噛み合わせるときに少しのガタは必要であるが、大きくなる問題になる。MT車走行中にアクセル軽くオン・オフすると(この操作をチップインチップアウトという)ガタを打つカタンという音が発生する。これは駆動系全体ガタ大きいときに出る。ディーゼルエンジン車では、ニュートラルアイドリング時にトランスミッションからガタ音が発生しやすく、エンジン回転変動ガタのある歯面がたたかれる現象で起こる。ガタなくする方法にはサブギヤスプリングを使うシザーズギヤや、フリクションギヤなどがある。

バックラッシュ

参照 サブギヤ
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

バックラッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/09 23:09 UTC 版)

バックラッシュ(Backlash)とは、ある流れにたいする「反動」「揺り戻し」の意味だが、ジェンダー問題においては、転じて男女平等男女共同参画、ジェンダー運動などの流れに反対する運動・勢力のことを言う。


[ヘルプ]
  1. ^ a b 山口智美; 斉藤正美; 荻上チキ (2012). 社会運動の戸惑い フェミニズムの「失われた時代」と草の根保守運動. 勁草書房.
  2. ^ 三井マリ子 (2012). 浅倉むつ子; 三井マリ子. ed. バックラッシュの生贄 フェミニスト館長解雇事件. 旬報社.
  3. ^ a b 上野千鶴子宮台真司斉藤環小谷真理鈴木謙介後藤和智・山本貴光・吉川浩満・澁谷知美・ジェーン・マーティン・バーバラ・ヒューストン・山口智美・小山エミ・瀬口典子・長谷川美子荻上チキ 『バックラッシュ! なぜジェンダーフリーは叩かれたのか?』 双風舎、2006年、265-267頁。ISBN 4902465094
  4. ^ 『新・国民の油断』PHP研究所
  5. ^ 『Q&A 男女共同参画/ジェンダーフリー・バッシング―バックラッシュへの徹底反論』明石書店
  6. ^ 三井マリ子浅倉むつ子 編『バックラッシュの生贄』、旬報社、2012年
  7. ^ 『フェミニズム理論辞典』明石書店


「バックラッシュ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

バックラッシュに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「バックラッシュ」の関連用語

バックラッシュのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




バックラッシュのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
オムロン株式会社オムロン株式会社
© Copyright OMRON Corporation 1996-2014. All Rights Reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバックラッシュ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS