バックドアとは?

バックドア【Back Door】

不正侵入者が、一度マシン侵入した後、再度このマシンへの侵入試み時の仕掛け次回侵入のために裏口(バックドア)を仕掛けること。

バックドア

【英】backdoor

バックドアとは、コンピュータ設けられた通信経路のうち、正規経路手段を経ずにシステム侵入するために設けられる接続経路のことである。バックドア(backdoor)は「裏口」などを意味する英語である。

バックドアは、クラッカーなどと呼ばれる悪意を持ったユーザーが、他人コンピュータシステムへの不正侵入成功した際、次回から容易にアクセスできるようにしたり、あるいは、不正アクセス気付かれて防御された際のすり抜け道を作ったりする目的設置される。バックドアが作られると、ログイン認証などによる防御などができなくなり、マシンオーナー気付かれないうちに、ゾンビマシンされたりボットネット組み入れたりされる。

トロイの木馬やコンピュータワームの中には感染するとバックドアの設置を行うタイプのものがあり、バックドア型バックドア型トロイの木馬)などと呼ばれている。

バックドアは開発過程テスト効率上げたりするための特別な用途のために、開発者意図的にバックドアを設けておく場合もあり、必ずしも悪意をもって利用されているばかりではない。しかしその場合も、セキュリティ上、十分な管理を行う必要がある


バックドア

英語 back doortailgate

車体後面ドアで、用途によりタイプ異なる。1ボックスミニバンのバックドアは、上部ヒンジ設けたはね上げ式1ドア一般的上半分は強化ガラスウインドウで、下半分はパネル構成である。RVでははね上げ式のほかに、スペアタイヤ後面背負った横開き式が多く、1ドア観音開き2ドアがある。非対称観音ドアでは、幅広側にスペアタイヤ取り付ける小型トラックバンボディやハイルーフバンは左右対称観音ドア一般的だが、荷役用途に応じて種々考案されている。ダブルヒンジピンで270度開くもの、中折れ3ドア銀行ドアのようなロールシャッター、上下中折れ式のフォールディングドアなどがある。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

バックドア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/15 08:29 UTC 版)

バックドア英語:backdoor)とは、直訳すれば「裏口」または「勝手口」のこと。防犯・犯罪学などでは、「正規の手続きを踏まずに内部に入ることが可能な侵入口」を指している。この記事では、主にコンピュータセキュリティの用語としてのバックドアについて述べる。






「バックドア」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

バックドアに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「バックドア」の関連用語

バックドアのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Windows Live フォト ガジェット

パイザー

フランソワ・デュバル

Microsoft Arc Touch mouse

らくらくホン

カリーナ

Gear 360

触媒一体型排気マニホールド





バックドアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JMCJMC
2016 (C) JMC Corpyright All Rights Reserved
株式会社ジェイエムシー情報セキュリティ用語集
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリバックドアの記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバックドア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS