バクシャーリー写本とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > バクシャーリー写本の意味・解説 

バクシャーリー写本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/20 05:27 UTC 版)

バクシャーリー写本は、今のパキスタンのバクシャーリー(Bakhshali)付近で発見された文献。西暦4世紀から5世紀頃に書かれたとされる。サンスクリット語シャーラダー文字で書かれており、古代インドのヴェーダ時代と古典期をつなぐ数学の貴重な文献として知られている。




  1. ^ 最古の「ゼロ」文字、3~4世紀のインド書物に 英大学が特定”. AFPBB News (2017年9月16日). 2017年9月20日閲覧。


「バクシャーリー写本」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「バクシャーリー写本」の関連用語

バクシャーリー写本のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

日本の人工衛星

ダグラス式DC-9-87型

DOHC

D端子

横づち

IS350

出雲民芸紙

水雷球





バクシャーリー写本のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバクシャーリー写本 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS