バガスとは?

Weblio 辞書 > 方言 > 沖縄大百科 > バガスの意味・解説 

バガス [1] 【bagasse】

サトウキビなどの搾りかすや繊維で作られた紙。

バガス

読み方:ばがす

サトウキビから糖汁を搾った後に残るカスのこと。沖縄ではそのほとんどが製糖工場燃料として使用されているという。バガスは世界年間1億トン発生しており、余剰バガスを利用できずに放置せざるを得ない状態だという。そこで堆肥家畜の餌、建材、紙、健康食品などへの再利用が望まれている。

バガス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/03/20 00:27 UTC 版)

バガスBagasse)はサトウキビ搾汁後の残渣。年間約12億トン生産されるサトウキビからは約1億トン(乾燥重量換算)のバガスが発生する[1]。主にの原料やボイラー燃料、建築資材、家畜飼料などに用いられる。




「バガス」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

バガスに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「バガス」の関連用語

バガスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

精米製麦機

キベリクロスジウミウシ

第12回アジア競技大会記念500円白銅貨幣 走る

ツリーランディング

スイバ

823P

肘関節

ギャランティ





バガスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウルマックスウルマックス
©2017 Local Information Agent Co,Ltd
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバガス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS