バイオ認証とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 通信技術 > 認証 > バイオ認証の意味・解説 

生体認証

読み方せいたいにんしょう
別名:バイオ認証,バイオメトリクス認証バイオメトリックス認証バイオメトリクスバイオメトリックス
【英】biometrics authentication, biometrics

生体認証とは、個人認証方式一種で、指紋や声筆跡静脈、瞳の虹彩といった、生物個体持っている特性利用した認証仕組みのことである。

生体認証はユーザー身体認証の手がかりに用いる。そのためパスワードのように忘れてしまう懸念ICカードどのように紛失してしまう懸念がほぼ皆無であり、本人ならばきわめて高精度認証され、本人以外のなりすましによる)不正アクセスきわめて困難であるという特徴がある。ただし本人事故等によって認証に用いる当該部位欠損してしまった場合には認証が困難になるという難点もある。

生体認証に用いられる個人的特徴は、数値化されて複合的要素によって管理されている。例えば、指先指紋にある隆線相対的位置関係数値化して管理したり、筆圧書き順ペンスピードなどを数値化して管理したりする。指紋筆跡などを単純な画像管理するようなものではないため、複製偽造データ盗難などにも強い。

生体認証への利用期待される身体の部位としては、指紋静脈パターン虹彩、あるいは顔貌網膜耳介DNA、といった要素がある。虹彩認証顔認証指紋認証静脈認証掌形認証)などのシステム実用化進んでいる。耳介認証2016年NEC開発したと発表している。

生体認証の課題として、アクセス権を持つ当人拒否してしまう可能性皆無ではなく偶然的アクセス権を持たない人間許可してしまう可能性皆無ではないという誤認問題がある。こうした懸念排除するために、生体認証と生体認証以外の認証システム従来IDなど)と組み合わせ認証システム構築する事例もある。

英語のバイオメトリックスbiometrics)は、元々は統計学における「生物測定学」に対応する用語である。しかしながら今日ではバイトメトリクスといえばもっぱら認証方式としての意味で用いられている。


参照リンク
バイオメトリクスとは - (社団法人日本自動認識システム協会
指紋認証システムのしくみ - (NEC
セキュリティのほかの用語一覧
認証方式:  SPF  SKIP  Seeker  生体認証  声紋認証  静脈認証  シングルサインオン

バイオ認証

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/10/25 07:10 UTC 版)


本項は、NTTドコモ携帯電話端末に実装されている生体認証技術について述べる。従来、端末に保存されているデータ(電子メール電話帳といった個人情報)は4桁~8桁の端末暗証番号によって保護されてきた。生体認証技術に由来するバイオ認証は、これに代わるものである。




「バイオ認証」の続きの解説一覧





バイオ認証と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「バイオ認証」の関連用語

1
16% |||||


3
8% |||||


5
6% |||||

6
6% |||||

7
6% |||||

8
6% |||||

9
6% |||||

10
6% |||||

バイオ認証のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

5.1チャンネル

iPhone 3G

Adamo

Become

Mac OS X Server

BlackBerry Z30

影つき文字

Microsoft Expression 3





バイオ認証のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ生体認証の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバイオ認証 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS