ハラミとは?

Weblio 辞書 > 食品 > 豚肉の部位 > ハラミの意味・解説 

ハラミ(横隔膜)

ハラミ 脂肪多く含んでいるため、柔らか風味良い部位です。見た目風味ともに豚肉似ていることから内臓肉とも呼ばれ、焼肉などに使われている他、挽き肉用に加工されています。

ハラミ

読み方:はらみ

  1. 悉皆物品ノ容レ有ルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・群馬県

分類 群馬県


ハラミ

読み方:はらみ

  1. 土蔵ノ内ニ品物ノナキコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作部・長野県〕

分類 長野県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

もつ

(ハラミ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/21 23:30 UTC 版)

もつとは、鳥獣肉の臓物(ぞうもつ=内臓)のこと。ホルモン[1]畜産副生物[2]内臓肉とも呼ばれている。中国語では「下水」という。韓国語ではコプチャンなど、また欧米では「バラエティミート」「ファンシーミート」と呼ばれる。




  1. ^ 語源についてはホルモン焼きの項目を参照の事
  2. ^ 畜産業界が定めた呼称で、生肉処理の段階で副次的に産出される肉類のことを学術的な観点から作られた造語。日本畜産副産物協会 畜産副生物とは
  3. ^ 一般的には小腸をホルモンと呼ぶ
  4. ^ 社団法人 日本畜産副産物協会 副生物の呼び名
  5. ^ スジ肉にはハラミの一部なども使われているが、本来はの部分を指すことから、もつとは区別される場合もある。日本畜産副産物協会ではアキレス腱も畜産副生物として扱っている。
  6. ^ 食肉の熟成について
  7. ^ 副生物がお店に並ぶまで 中央畜産会
  8. ^ 下島優香子、井田美樹ほか、東京都内に流通する牛内臓肉からの糞便系大腸菌群,ベロ毒素産生性大腸菌,Campylobacter jejuni/coli, SalmonellaおよびListeria monocytogenes検出状況 日本食品微生物学会雑誌 Vol.32 (2015) No.4 p.209-214, doi:10.5803/jsfm.32.209
  9. ^ 『万葉集』3885
  10. ^ 「食肉文化 さばく・あきなう・たべる」、1996年10月17日、大坂人権博物館、ISBNなし
  11. ^ 長濱宗佶『非常時に於ける栄養食に就いて』、1933年12月29日発行、日本児童協会
  12. ^ 長濱宗佶『非常時に於ける栄養食に就いて』、1933年12月29日発行、日本児童協会
  13. ^ 『国民百科大辞典』、1935年、冨山房
  14. ^ ヒョンミのおいしい焼肉 三河島と焼肉・在日「当時の日本人にとって食習慣のない地場産業の副産物といえる屠畜場から排出される豚の耳、しっぽ、内臓等は在日にとっては、思いもかけぬ貴重な食材だった」
  15. ^ [1]
  16. ^ 佐々木道雄『焼肉の文化史』明石書店、2004年、ISBN 4-7503-1956-2
  17. ^ 岡田哲『とんかつの誕生』、2000年、講談社、ISBN 4-06-258179-5
  18. ^ a b エドワーズ 2015, pp. 19-26.






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ハラミに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ハラミ」の関連用語

ハラミのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ノドスジ

カタ

タン

コブクロ

ガツ

バラ

カタロース

ヒレ





ハラミのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
サイボクサイボク
Copyright(C)2017株式会社埼玉種畜牧場
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのもつ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS