ハイジャックとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > ハイジャックの意味・解説 

ハイジャック [3] 【hijack】

( 名 ) スル
乗っ取りの意〕
脅迫暴行その他の方法で)航行中の航空機占拠し,その航行支配すること。スカイジャック航空機乗っ取り

【ハイジャック】(はいじゃっく)

Hijack.
暴力脅迫によって乗り物乗員乗客不法占拠し、運行妨害する行為
日本では、一般的に航空機機内発生した人質篭城事件を指すものと解釈されている。
一方英語圏では乗り物種類を問わずこう称しているが、対象航空機である事を明示する場合に「スカイジャック」と称する事がある

犯行主な目的としては「政治的迫害による外国への亡命」「収監されている政治犯テロリスト解放要求」「身代金要求」などがある。
9.11事件など、航空機奪取利用する事そのもの目的としていた場合もあれば、乗り物自体対す異常な興味精神疾患起因するもの、意味不明模倣犯などもわずかながら存在する。

基本的には、どの国でも窃盗強盗類する犯罪として扱われる。
ただし、公共交通機関対するハイジャックを単なる強盗上の重大な犯罪位置づける国は多い。

関連 よど号事件 9.11事件 特殊急襲部隊 GSG9 スカイマーシャル 拿捕

語源と日本における誤用

Hi,Jack!」

これは駅馬車交通機関として用いられていた時代御者呼び止める際によく叫ばれていた言葉である。
ここから転じて駅馬車強盗を指すスラングとなり、やがて公式に通じ表現として定着ていったものとされる
言葉だけ見るとJackさんに対す日常的挨拶区別付かないため、英語圏空港では「Hi,Jack」「Hey,Jack」などと挨拶する事を慎み無用の混乱避けるように呼びかけている所もある。

Jack は、英語圏における男性典型的ファーストネームのひとつであると同時に、「つり上げる」「殴る」「盗む」などを意味する動詞でもあるので、「おい、おまえ!」とも「こんにちわ、死ね!」とも「やぁ、(この車は)もらうぜ!」とも解釈できる一種ブラックジョークである。

本来は、対象が船であっても列車であっても自動車であっても「ハイジャック」と表記する。
ただし、日本では1970年の「よど号事件に際してHi」を「High(高い)」と誤訳した報道があったため、航空機奪取のみを対象とする言葉だと誤解され、そのまま定着して今日至っている。
そのような誤解から、今日では日本語の「ジャック」が英語圏における「Hijack」とほぼ同義語になっており、以下のような派生表現作り出している。

などなど


ハイジャック

作者北川

収載図書キラめく星たち
出版社新生出版
刊行年月2008.3


ハイジャック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/02 15:05 UTC 版)

ハイジャック英語: hijack、hijacking)とは、武器による脅迫などの暴力的手段によって交通機関航空機鉄道船舶バスなど)を乗っ取り、占拠する行為。特に、航空機への行為に用いられることが多い。











固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ハイジャックに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ハイジャック」の関連用語

ハイジャックのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

デルタ

フォーポイントロール

RPG

U-125

アグレッサー

RMS

近接航空支援

フェイズドアレイレーダー





ハイジャックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハイジャック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS