ノンストップ自動料金収受システムとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ノンストップ自動料金収受システムの意味・解説 

ETC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/22 13:43 UTC 版)

(ノンストップ自動料金収受システム から転送)

電子料金収受システム英語: Electronic Toll Collection System :エレクトロニック・トール・コレクション・システム, 略称ETC)とは、高度道路交通システムのひとつ。有料道路を利用する際に料金所で停止することなく通過できるノンストップ自動料金収受システムである。




[ヘルプ]
  1. ^ 2001年に行なわれた国土交通省主催のETC愛称コンテストによって国土交通省はイーテックという愛称を付与したがほとんど浸透していない。 ※参考:「ETC愛称コンテスト」の開催について - 国土交通省 2001年7月17日(2001年7月17日時点のアーカイブ)・ETC(ノンストップ自動料金支払いシステム)の全国展開について - 国土交通省 2001年11月28日(2002年6月12日時点のアーカイブ
  2. ^ 当初名称は財団法人道路システム高度化推進機構 (ORSE)
  3. ^ 「ナンバープレート自動認識で通行料徴収へ…イタリア道路会社」 - レスポンス(2010年9月30日付)
  4. ^ 車載器セットアップ件数(2015年11末)
  5. ^ ETC利用状況の推移 (PDF) - 国土交通省
  6. ^ ETCとは - 三菱重工
  7. ^ ETC料金収受システム - 東芝科学館
  8. ^ ETC総合情報ポータルサイト - 一般財団法人ITSサービス高度化機構(2015年12月11日閲覧)
  9. ^ a b 財団法人道路システム高速化推進機構 (2013年). “ETC便覧 簡略版(平成25年版) (PDF)”. 2014年3月7日閲覧。
  10. ^ [1] ETC便覧、2015年版、p.195
  11. ^ [2] ETC便覧、2015年版、p.195
  12. ^ [3] ETC便覧、2015年版、p.197
  13. ^ a b c d e ETCの利用状況(速報) (PDF)”. 国土交通省 (2015年12月11日). 2015年12月12日閲覧。、毎月発表
  14. ^ [4] ETC便覧、2015年版、p.197
  15. ^ [5] ETC便覧、2015年版、p.197
  16. ^ [6] ETC便覧、2015年版、p.198
  17. ^ [7] ETC便覧、2015年版、p.198
  18. ^ 当初は2009年度から実施予定だったが、経済情勢悪化などの事情から実施が見送られていた。
  19. ^ 京都線を除く。
  20. ^ ETCの利用状況(速報値) 2ページ目
  21. ^ レーン通行時にナンバープレートを認識しており、車載器の情報と一致しなければレーンを通過させない運用が可能。ただし、2007年現在運用されていない。
  22. ^ Car Watch ETC車載器の再セットアップに挑戦する - Car Watch
  23. ^ [8] 安倍首相の警護車両など5台が玉突き事故 首相にけがなし 首都高
  24. ^ “「開閉バーが上がらない!」<ETC> 追突事故にご用心”. 物流ウィークリー (Yahoo!オンビジネス). (2009年7月15日). http://column.onbiz.yahoo.co.jp/ny?c=ma_l&a=022-1245915818 2010年2月3日閲覧。 
  25. ^ 「【街中の疑問】ETCのバーを折ってしまったら、いくら請求されるのか?」 日刊ゲンダイ、2006年4月22日。
  26. ^ イオンETCカード特典紹介 ETCゲート 車両損傷お見舞金制度”. イオンクレジットサービス株式会社. 2014年5月6日閲覧。
  27. ^ 車載器がカーナビゲーションシステムに接続されている場合は画面表示の視認、独立型の車載器ではLED表示の視認による確認など。
  28. ^ 中央自動車道八王子IC出口料金所では2006年に同様の事故が発生した。
  29. ^ JAF ETC会員証をお持ちの会員様へ”. JAF. 2013年4月22日閲覧。
  30. ^ 東日本高速道路株式会社、中日本高速道路株式会社、西日本高速道路株式会社、首都高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社の以上6社。
  31. ^ 月平均利用見込み額の4倍の額、年間の最高利用月見込み額を2万円単位で切り上げた額のいずれか高い額となる。ただし、最低額は4万円。
  32. ^ ETCパーソナルカード初年度年会費無料キャンペーン (PDF)”. 首都高速道路株式会社. 2009年4月29日閲覧。
  33. ^ ETCパーソナルカード初年度年会費無料キャンペーンの実施について”. 首都高速道路株式会社. 2009年4月29日閲覧。
  34. ^ ETCレーンの表示が出ていれば信号灯が点灯していなくても通行できるが、都市高速では一部で青信号()が点灯していることがある。また、新東名高速道路のETC専用レーンは紫色の信号灯()を表示している。
  35. ^ 既設のブースが撤去される場合もある。その他にも、当初は交通量の増加に備えて確保し運用していなかった車線をETC専用レーンとしたところもある。
  36. ^ ETCをご利用のお客様へお知らせ - 福岡北九州高速道路公社
  37. ^ ETC各種サービス / ETCカード未挿入お知らせアンテナ”. 首都高速道路株式会社. 2009年4月29日閲覧。
  38. ^ 防水・耐振性に優れた 二輪車用ETC車載器「JRM-11シリーズ」を販売開始”. JRC日本無線 (2006年9月22日). 2009年4月29日閲覧。
  39. ^ アンテナ一体型二輪車用ETC車載器を新発売”. JRC日本無線 (2008年10月30日). 2009年4月29日閲覧。
  40. ^ 二輪車利用環境向上に関するアンケート”. 日本二輪車協会. 2009年4月29日閲覧。
  41. ^ ETCの二輪車普及率「極めて低い」...太田国交相”. イード (2013年6月29日). 2014年2月1日閲覧。
  42. ^ 二輪車ETCの試行運用状況と当面の措置について”. 国土交通省道路局. 2009年4月29日閲覧。
  43. ^ 全国の高速道路でオートバイもETCが利用できます!”. 国土交通省道路局. 2009年4月29日閲覧。
  44. ^ 不正通行台数(平成13年度)[PDF]”. 国土交通省. 2009年4月29日閲覧。
  45. ^ 「カルガモ走法」の業者を逮捕 ETC不正通過の疑いで - 47NEWS(よんななニュース) (2010.01.18 共同通信)
  46. ^ NEXCO西日本の事業エリアにおける不正通行の事例”. NEXCO中日本. 2009年4月29日閲覧。
  47. ^ 不正通行の僧侶の逆転有罪確定へ ETCすり抜け 共同通信 2013年2月16日
  48. ^ 平成20年度「四輪車ETCらくらく導入キャンペーン」の終了について”. 2009年4月29日閲覧。
  49. ^ 平成20年度「二輪車ETCらくらく導入キャンペーン」の終了について”. 財団法人道路システム高度化推進機構. 2009年4月29日閲覧。
  50. ^ ETC普及促進策の概要について (PDF)”. 国土交通省. 2009年4月29日閲覧。
  51. ^ 駐車場ETC社会実験の概要 - 国土交通省
  52. ^ 駐車場ETCご利用案内
  53. ^ タイムズETCサービス
  54. ^ まちかどeサービス
  55. ^ 街でも使えるETC マチナカETCのIBAサービス - ITS事業企画(2013年4月25日閲覧)
  56. ^ ETC車載器 累計生産・販売台数500万台を達成”. 松下電器産業 (2007年2月). 2009年4月29日閲覧。
  57. ^ デンソー、ETC車載器の2007年モデルを発売”. デンソー (2007年5月17日). 2009年4月29日閲覧。
  58. ^ 新卒採用情報、事業戦略とビジョン”. NECアクセステクニカ. 2010年10月19日閲覧。
  59. ^ 新卒採用情報、製品開発の舞台裏”. NECアクセステクニカ. 2010年10月19日閲覧。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ノンストップ自動料金収受システム」の関連用語

ノンストップ自動料金収受システムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ホッケンハイム

ステンレストップ

液状化現象

docomo STYLE series SH-06B

電着塗装

浜田市助

VS46H/1DV

パネル橋MGB





ノンストップ自動料金収受システムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのETC (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS