ノルエピネフリンとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > ノルエピネフリンの意味・解説 

L‐ノルアドレナリン

分子式C8H11NO3
慣用名(+)-ノルアドレナリン、(+)-ノルエピネフリン、(+)-Noradrenaline、(+)-Norepinephrine、(+)-4-[(S)-2-Amino-1-hydroxyethyl]pyrocatechol、(+)-4-[(S)-2-Amino-1-hydroxyethyl]-1,2-benzenediol、L-(+)-ノルアドレナリン、L-ノルエピネフリン、L-ノルアドレナリン、L-アルテレノール、L-(+)-Norepinephrine、L-(+)-Noradrenaline、L-Norepinephrine、L-Noradrenaline、L-Arterenol、L-(+)-ノルエピネフリン、d-ノルエピネフリン、d-Norepinephrine、(αS)-α-(Aminomethyl)-3,4-dihydroxybenzenemethanol
体系名:4-[(S)-2-アミノ-1-ヒドロキシエチル]-1,2-ベンゼンジオール、(+)-4-[(S)-2-アミノ-1-ヒドロキシエチル]ピロカテコール、(+)-4-[(S)-2-アミノ-1-ヒドロキシエチル]-1,2-ベンゼンジオール、(αS)-α-(アミノメチル)-3,4-ジヒドロキシベンゼンメタノール


ノルアドレナリン

分子式C8H11NO3
慣用名アドレノール、レボフェード、アルテレノール、ノルアドレナリン、ノルエピネフリン、レバルテレノール、l-ノルアドレナリン、l-ノルエピネフリン、(-)-ノルアドレナリン、(-)-ノルエピネフリン、Adrenor、Levophed、Arterenol、Levarterenol、NoradrenalineNorepinephrine、l-Noradrenaline、l-Norepinephrine、(-)-Noradrenaline(-)-Norepinephrine、[R,(-)]-α-(Aminomethyl)-3,4-dihydroxybenzyl alcohol、(αR)-α-Aminomethyl-3,4-dihydroxybenzenemethanol、Nor-adrenaline、4-[(1R)-2-Amino-1-hydroxyethyl]-1,2-benzenediol、4-[(R)-2-Amino-1-hydroxyethyl]-1,2-benzenediol、PNE(-)-アルテレノール、(-)-Arterenol、4-[(R)-1-Hydroxy-2-aminoethyl]-1,2-benzenediol、(1R)-1-(3,4-Dihydroxyphenyl)-2-aminoethanol、4-[(R)-1-Hydroxy-2-aminoethyl]pyrocatechol、(R)-α-(Aminomethyl)-3,4-dihydroxybenzenemethanol
体系名:4-[(R)-2-アミノ-1-ヒドロキシエチル]ピロカテコール、4-[(R)-2-アミノ-1-ヒドロキシエチル]-1,2-ベンゼンジオール(-)-4-[(R)-2-アミノ-1-ヒドロキシエチル]-1,2-ベンゼンジオール、[R,(-)]-α-(アミノメチル)-3,4-ジヒドロキシベンジルアルコール、(αR)-α-アミノメチル-3,4-ジヒドロキシベンゼンメタノール、4-[(R)-1-ヒドロキシ-2-アミノエチル]-1,2-ベンゼンジオール、(1R)-1-(3,4-ジヒドロキシフェニル)-2-アミノエタノール、4-[(R)-1-ヒドロキシ-2-アミノエチル]ピロカテコール、4-[(1R)-2-アミノ-1-ヒドロキシエチル]-1,2-ベンゼンジオール(R)-α-(アミノメチル)-3,4-ジヒドロキシベンゼンメタノール


ノルアドレナリン

同義/類義語:ノルエピネフリン
英訳・(英)同義/類義語:noradrenaline, norepinephrine

動物ホルモンで、構造的には糧コールアミンホルモンで、アドレナリンよりもメチル基一個少ない。交感神経末端から分泌され、神経伝達物質としての機能も持つ。

ノルアドレナリン

読み方のるあどれなりん
別名:ノルエピネフリン

 ノルアドレナリンとは、激し感情や強い肉体作業などで人体ストレス感じたときに、交感神経情報伝達物質として放出されたり副腎髄質からホルモンとして放出される物質です。
 ノルアドレナリンが交感神経情報伝達物質として放出されると、交感神経活動が高まります。その結果血圧上昇したり心拍数上がったりして、体を活動適した状態にします。副腎髄質ホルモンとして放出されると、主に、血圧上昇基礎代謝率増加をもたらします。
 通常、ノルアドレナリンはその人のおかれている状況あわせてバランスを保ちながら働いていますが、その働き不均衡になると神経症パニック障害うつ病などを引き起こすといわれています。研究進み、この物質作用促進したり、阻害することでこういった精神疾患治療に高い効果上がることがわかってきています。


ノルエピネフリン

【仮名】のるえぴねふりん
原文norepinephrine

一部神経細胞副腎で作られる化学物質神経伝達物質神経細胞情報伝達のために使用する化学物質)とホルモン血流に乗って移動し、他の細胞器官動作制御する化学物質)の両方作用を示す。ノルエピネフリンは、ストレス低血圧対す反応として副腎から放出される。「noradrenalineノルアドレナリン)」とも呼ばれる

ノルアドレナリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/17 18:40 UTC 版)

(ノルエピネフリン から転送)

ノルアドレナリン: noradrenalin: noradrenaline)は、化学式C8H11NO3カテコールアミンにしてフェネチルアミンである。米国ではノルエピネフリン (Norepinephrine) として知られる。






「ノルアドレナリン」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ノルエピネフリンに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ノルエピネフリン」の関連用語

1
74% |||||

2
L‐ノルアドレナリン 化学物質辞書
74% |||||

3
74% |||||

4
74% |||||

ノルエピネフリンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ノルエピネフリンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2014 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
厚生労働省厚生労働省
(C)2014 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2014 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのノルアドレナリン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS