ネットボールとは?

ネットボール [4] 【netball】

バスケットボール簡略化した球技。各選手一定区域内しか動けない。
テニス・バレーボールなどで,サーブネットにさわること。

ネットボール

歴史と沿革

ネットボールは、いわばバスケットボールの「妹分」にあたる。「兄」のバスケットボールは、1891年アメリカ生まれた。4年後の1895年英国紹介されるが、当時ルール荒削りで、コート全体走り回りボール奪い合う激しさは、女性には不評だった。

2年後の1897年当時英国滞在していた米国人女性が、故郷に伝わる「女性用にルールアレンジした」バスケットボールを、ロンドンハンプステッド体育大学紹介した。これがネットボールのはじまりとされている。

どのようにアレンジされたかといえば、(1)攻撃防御役割を各選手割り振り、(2)さらにコート3区分して選手たちに「限られた持ち場」を与え、(3)しかも、故意・偶然を問わず、コート内でのすべての身体的接触を禁じたことだ。

ちなみに当初女性バスケットボールと呼ばれたが、「兄」と違って、ゴールポストに後板(バックボード)を使用しない(当たって入っても得点とみなさない)ことから、この名がついたという説もある。

ネットボールの普及に関しては、1963年から世界選手権大会4年1度ずつ開催され、1985年からはアジア選手権大会1994年からはアジアユース選手権大会開催されている。着実にニュースポーツとしての地場固めつつある。現在では、イギリスオーストラリアニュージーランド西インド諸島南アフリカなど世界50カ国に広がり男性にも門戸が開かれている

日本では、実際にプレイをする人たちはさほど多くはない。しかし、1999年から日本選手権大会開催され、イギリス大使館チームなどとの交流も始まっている。小学生からお年寄りまで楽しむことができ、難し技術要らないことから、今後人気が高まる可能性大きい。


施設と用具

コート屋内屋外どちらでもよく、バスケットボールコートでもかまわないコートは3等分され、センターサードと2つのゴールサードに分けられる。両サイド半径4.9mのゴールサークル、中央直径90cmのセンターサークルを描く。ライン幅は5cmとし、ライン上もエリア内とする。2名の審判を置き、コートを2等分して判定を行う。

ゴールポストゴールライン中央に垂直に立てる。高さは3.05m(小学生2.6m)、リング内径は38cm。

使用するボールは周径69~71cm、重さ400~450g。サッカーボール5号球(小学生は4号球)と同じ大きさで、これを使用することも認められている。

プレイヤーは胸と背に、ポジションを表すゼッケンを着けなければならないポジション名とゼッケン表記次のようになる。


競技方法

ゲームは4クォーター制行われる。1チーム12編成で、コートに入ってプレイできるのは7人。選手交代コート内でのポジション変更制限されていない

ゲームは、センターサークルの中から行う「センターパス」によって開始され、得点如何に関わらず、両チーム交互に行うとされている(Aチームら行った場合、A→B→A→B......の順序で行う)。

センターパスは、必ずCのゼッケンを着けた選手センターが行い、各持ち場についた選手たちがボールパスのみでつなぎ、相手ゴールへのシュートへと結びつけるシュートはゴールサークル内においてGSおよびGAのみが行うことができ、ボールリング通過した時点で1点とされる。ゴールサークル外からのシュート、またはGSGA以外の攻撃選手投げボールリング通過しても得点とはならず、ゲームそのまま続行される。

守備側は途中でパスカットすることで、相手から攻撃を奪うことができる。ボールコート外に出たときにはゲーム中断し、最後にボール触れ選手とは逆のチームによるスローイン再開される。得点後、および休憩後のクォーターは、交互順番に則ったチームによる「センターパス」で再開する。

1クォーター15分(小学生10分)で、3分のクォータータイム(休憩)、5分のハーフタイム小学生は3分)をとる。各クォータータイムごとにコートチェンジを行う。競技時間内に多く得点したチームを勝ちとする。


主なルール

ネットボールの最大特徴は、コート内の行動範囲ポジションごとに決められている点である。ボールを持つ、持たないにかかわらず、この範囲逸脱したエリアに入ると、オフサイド反則となる。

ポジションごとの行動範囲は、次のとおり(図参照)。

相手側ゴールサークル=1 ゴールサークルを除く相手側ゴールサード=2 センターサード=3 ゴールサークルを除く自陣ゴールサード=4 自陣ゴールサークル=5
その他、ヘルドボール=ボールを3秒(小学生は6秒)以上持ち続けること、ステッピング=ボールを持って3歩以上歩くこと、リプレイ・オブ・ボール=ドリブル自分投げボール自分で捕るなどボール続け触れること、オブストラクションボール持っている選手の90cm(小学生120cm)以内に近づいてディフェンスすること、コンタクトボールを持つ・持たない、偶然・故意かかわらず相手選手押したり、ぶつかること。または相手選手ボール持っている時、このボール触れること、などが禁じられている。

反則犯し場合ペナルティとして、相手チームフリーパス、ペナルティパスあるいはシュートなどが与えられる

また、同時に反則が起きたときや敵味方選手ボール同時に保持した場合など、ボール権利がどちらにあるかを判定できないとき、審判トスアップによってゲーム再開する。


ネットボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/12 14:47 UTC 版)

ネットボールNetball)とはバスケットボールのルールを基準に、女性が競技できるよう改良されたスポーツ競技である。主にイギリス連邦の国と地域を中心に競技され、70を超える国と地域で2000万人を超える競技人口をもつスポーツである。






「ネットボール」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ネットボール」の関連用語

ネットボールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ダブルダッチ

ラジオ体操

ジョイアスロン

セーリング

キャンプ

アイスホッケー

キックベースボール

弓道





ネットボールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2017 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのネットボール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS