ナーサリーフィッシュとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 動物図鑑 > ナーサリーフィッシュの意味・解説 

ナーサリーフィッシュ

ナーサリーフィッシュ
ナーサリーフィッシュ
ナーサリーフィッシュ
ナーサリーフィッシュ
名称
ナーサリーフィッシュ
飼育園館
葛西臨海水族園
生息地
オーストラリア北部ニューギニア南部
体の大きさ
全長60cm
えさ
つぎのをご覧ください
特徴
ナーサリーとは「育児」という意味で、別名「コモリウオ」とも呼ばれます。オスが、額(ひたい)に発達したフックメスのうんだ卵のかたまりひっかけて、ふ化するまで守ることから、この名前がつけられました。腹部の袋や口の中で卵を守るはいますが、このような方法で卵を守るのはナーサリーフィッシュだけです。海水淡水入り交じった、河口などの汽水域にすみ、透明度の悪い、にごった泥水の中で、目の前にきたエビ小さな魚飲み込むようにして食べます。
 
“ナーサリーフィッシュ”に関連するニュース・催し物はこちら(1件)




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ナーサリーフィッシュ」の関連用語

ナーサリーフィッシュのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

オオコノハズク

チョウセンオオカミ

オオアリクイ

フェネック

アフリカゾウ

カバ

ガラパゴスゾウガメ

ダマワラビー





ナーサリーフィッシュのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
東京ズーネット東京ズーネット
東京ズーネット」は財団法人東京動物園協会が運営する都立動物園の公式サイトです。
© 2001-2016 Tokyo Zoological Park Society. All rights reserved.

©2016 Weblio RSS