ドロペリドールとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 医薬品 > > 薬物 > ドロペリドールの意味・解説 

ドロペリドール

分子式C22H22FN3O2
その他の名称:1-[1-[4-(p-Fluorophenyl)-4-oxobutyl]-1,2,3,6-tetrahydropyridin-4-yl]-2,3-dihydro-1H-benzimidazol-2-one、イナプシン、Dehydrobenzperidol、McNJR-4749、Droperidol、Droleptan、Inapsine、R-4749、デヒドロベンズペリドール、ドロペリドール、ドロレプタン、ドリドール、1-[[1,2,5,6-Tetrahydro-1-[3-(4-fluorobenzoyl)propyl]pyridine]-4-yl]-1H-benzimidazole-2(3H)-one、Dridol
体系名:1-[[1-[4-(4-フルオロフェニル)-4-オキソブチル]-1,2,3,6-テトラヒドロピリジン]-4-イル]-1,3-ジヒドロ-2H-ベンゾイミダゾール-2-オン、1-[1-[4-(p-フルオロフェニル)-4-オキソブチル]-1,2,3,6-テトラヒドロピリジン-4-イル]-2,3-ジヒドロ-1H-ベンゾイミダゾール-2-オン、1-[[1,2,5,6-テトラヒドロ-1-[3-(4-フルオロベンゾイル)プロピル]ピリジン]-4-イル]-1H-ベンゾイミダゾール-2(3H)-オン


ドロペリドール

薬物ドロペリドール
英名droperidol
化合物名or商品名ドロレプタン
分子式C22H22FN3O2
分子データ
用途全身麻酔
副作用悪心嘔吐発汗喉頭痛など
胎,授乳児への影響安全度
備考フェンタニル併用する
融点
沸点
LD50(マウス)/mg kg-1267(経口)
LD50(その他)/mg kg-1
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

ドロペリドール

【仮名】どろぺりどーる
原文droperidol

手術前に麻酔を受ける患者さんの吐き気嘔吐抑えるために使用される薬物。不安の治療薬としても用いられている。ドロペリドールは制吐薬一種であり、補助麻酔薬一種でもあり、また抗精神病薬一種でもある。

ドロペリドール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/27 06:52 UTC 版)

ドロペリドール(Droperidol)日本では麻酔薬として用いられる医薬品で[1]制吐薬または抗精神病薬としての作用も有する。集中治療中に神経遮断麻酔英語版効果により鎮痛・鎮静効果を得ることができる。商品名はドロレプタン




  1. ^ ドロレプタン注射液25mg 添付文書” (2016年6月). 2016年11月5日閲覧。
  2. ^ タラモナール静注 添付文書” (2016年1月). 2016年11月5日閲覧。
  3. ^ Peroutka SJ, Synder SH (December 1980). “Relationship of neuroleptic drug effects at brain dopamine, serotonin, alpha-adrenergic, and histamine receptors to clinical potency”. The American Journal of Psychiatry 137 (12): 1518–22. PMID 6108081. http://ajp.psychiatryonline.org/cgi/reprint/137/12/1518 2009年6月21日閲覧。. 
  4. ^ ドロレプタン注射液25mg インタビューフォーム” (2014年10月). 2015年2月9日閲覧。
  5. ^ Domino KB, Anderson EA, Polissar NL, Posner KL (June 1999). “Comparative efficacy and safety of ondansetron, droperidol, and metoclopramide for preventing postoperative nausea and vomiting: a meta-analysis”. Anesthesia and Analgesia 88 (6): 1370–9. doi:10.1097/00000539-000000000-00000. PMID 10357347. 
  6. ^ Kao LW, Kirk MA, Evers SJ, Rosenfeld SH (April 2003). “Droperidol, QT prolongation, and sudden death: what is the evidence?”. Annals of Emergency Medicine 41 (4): 546–58. doi:10.1067/mem.2003.110. PMID 12658255. 
  7. ^ Lischke V, Behne M, Doelken P, Schledt U, Probst S, Vettermann J (November 1994). “Droperidol causes a dose-dependent prolongation of the QT interval”. Anesthesia and Analgesia 79 (5): 983–6. doi:10.1213/00000539-000000000-00000. PMID 7978420. 


「ドロペリドール」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ドロペリドール」の関連用語

ドロペリドールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

田中宏昌

検量

砕石マスチックアスファルト舗装

ストリップ・ライト

烏丸線10系車両

シンブル

パラサウロロフス・ワルケリ

ボーダーデール





ドロペリドールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドロペリドール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS