トランスグルタミナーゼとは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > 健康用語 > トランスグルタミナーゼの意味・解説 

トランスグルタミナーゼ

トランスグルタミナーゼは酵素一つであり、主にタンパク質タンパク質をつなぎ合わせる架橋する)活性持ちます。微生物から哺乳類まで多種多様生物体内に有し、さまざまな生命活動利用しています。ヒトにおいては癌、心筋梗塞アルツハイマー病小麦アレルギーなどの疾患とのかかわり注目されています。 この酵素アイソタイプ遺伝子異型)の一つであるトランスグルタミナーゼ1(TGK)は皮膚多く存在し、架橋活性により皮膚表面物理的強度高めたり保湿機能高めたりする役割を担っています。さらに、皮膚疾患である魚鱗癬はTGK遺伝子の異常が大きな原因一つであることが知られ、健常皮膚形成表皮細胞増殖分化)とのかかわり注目されています。また近年ラメラ構造脂質にTGKの活性正常化する効果があることが示され、ラメラ構造脂質外用による高いスキンケア効果メカニズム一つとして詳細解明期待されています。


タンパク質-グルタミンγ-グルタミルトランスフェラーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/07/13 19:46 UTC 版)

(トランスグルタミナーゼ から転送)

タンパク質-グルタミンγ-グルタミルトランスフェラーゼ(タンパクしつグルタミンガンマグルタミルトランスフェラーゼ、protein-glutamine γ-glutamyltransferase)はタンパク質上のグルタミンのアミノ基と第1級アミンを縮合させ、アミン上の置換基をグルタミンに転移させ、アンモニアが生成する反応を触媒する転移酵素トランスグルタミナーゼ(transglutaminase, TGase)と呼ばれることも多い。EC番号2.3.2.13。生物界に幅広く存在し、人には凝血第XIII因子を代表として8種類のトランスグルタミナーゼが存在する。




「タンパク質-グルタミンγ-グルタミルトランスフェラーゼ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

トランスグルタミナーゼに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「トランスグルタミナーゼ」の関連用語

トランスグルタミナーゼのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




トランスグルタミナーゼのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ヤクルトヤクルト
Copyright © Yakult Honsha Co.,Ltd.All Rights Reserved.Produced by Yakult Honsha Co.,Ltd.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのタンパク質-グルタミンγ-グルタミルトランスフェラーゼ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS