トランジションとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 企業情報 > トランジションの意味・解説 

株式会社トランジション

トランジションは臨床心理学パーソナルマーケティング融合させた、科学的信頼性の高い『心理コンテンツ』をプログラムとして開発し、更に、『心理コンテンツ』を用いたコンサルティングサービスとプロデュースサービスを提供いたします
基本心理コンテンツ研究企画開発事業
臨床心理コンテンツ企画開発・提供
マーケティング分析アルゴリズム企画開発・提供

経営組織人事コンサルティング事業
組織開発CDP設計導入コンサルティング
人材育成システム設計導入コンサルティング
各種教育研修プログラム企画開発・提供
選抜チーム編成コンサルティング
ES向上コンサルティング
組織変革コンサルティング
人材定着率向上コンサルティング
採用配属登用のための人材アセスメントツールの提供

《ビジネスコンテンツ サプライヤー事業
・ビジネスコンテンツのOEM開発・提供
・インターネット・モバイルコンテンツの企画開発・提供
プロモーションコンテンツ企画開発・提供

事業区分 シンクタンク 広告マーケティング コンテンツ・ゲーム制作配信
本社所在地 102-0074
東京都 千代田区 九段南3-7-14 千代田Kビル8F
企業URL http://japan.zdnet.com/company/20171507/
設立年月日 1998年0604
上場区分 非上場
従業員数 15
決算期 12月
資本金 81,500,000


※「ZDNet Japan 企業情報に関するお問い合わせこちら

トランジション 【transition】

編集内容記載するエディットシートの一項目。

編集イベント内で、スイッチャー機能使用して場面転換あるいは、特殊効果使用映像処理をするシーン等がある場合使用するモードおよび使用する時間長をエディットシート記入する項目。また総称していう。

トランジション (とらんじしょん)

 ゾーン型ロックフィルダムで透水ゾーン遮水ゾーンの間に配置される半透水ゾーンゾーン間の材料性質急変避け応力伝達円滑化と変形影響緩和目的にしています。

塩基転位

同義/類義語:トランジション
英訳・(英)同義/類義語:transition

ゲノムDNA塩基配列に起こる変化のうち、AとG、CとTの間で起こる変換ピリミジン塩基からプリン塩基へ、もしくはプリン塩基からピリミジン塩基への置換(トランスバージョン)に比べる発生頻度が高い。

トランジション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/24 14:08 UTC 版)

トランジション (英語: transition)




「トランジション」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「トランジション」の関連用語

トランジションのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

水木海水浴場

かれ川

こうせい きごう

群馬用水

ウグイスチャチチタケ

三元牌

アジア競馬会議

アタリ





トランジションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ZDNetZDNet
Copyright ASAHI INTERACTIVE, Inc. All Rights Reserved.
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2017 Japan Video Software Association
日本ダム協会日本ダム協会
Copyright 2017 JAPAN DAM FOUNDATION All rights reserved.
ダム事典は、財団法人日本ダム協会によって運営されているダム便覧のコンテンツのひとつです。
JabionJabion
Copyright (C) 2017 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトランジション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS