トウショウとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > トウショウの意味・解説 

堂上

読み方:トウショウ(toushou)

昇殿を許された人、また公家家格

別名 殿上人雲上人雲客


董承Dong Cheng

トウショウ

(?~200
車騎将軍開府

貴人の父、献帝劉協)の舅《後漢書伏皇后紀》。霊帝劉宏)の母董太后の甥で、献帝叔父にあたるとするのは誤り先主集解》。

はじめ董卓仕え中郎将牛輔部曲の将であった《後漢書董卓伝》。初平三年一九二)四月董卓牛輔が殺されたのち、李傕郭汜とともに長安に入ったものらしく、翌四年七月献帝の御車が長安出立したとき、郭汜張済楊定楊奉とともに取り立てられ、安集将軍となった《後漢書献帝紀・董卓伝》。郭汜天子脅し郿県に移そうとしたが、董承は楊定楊奉とともに反対した《後漢書董卓伝》。

御車が華陰到達したとき、寧輯将軍段煨衣服献上して、自分陣営天子を遷そうとしたが、段煨と仲が悪かった楊定が「段煨謀叛企ております」と誣告した。董承は楊定同調して「いま郭汜七百騎を率いて段煨の陣に入りました」と言上した。天子はこれを信じて、野宿することになった《後漢書董卓伝》。

李傕郭汜天子長安から出してしまったことに後悔して、天子誘拐して西に連れ去ろうとし、御車に随行していた張済も董承・楊奉と仲が悪かったので李傕らに同調した。弘農の東の谷で戦いとなり、董承・楊奉は敗れた。数え切れないほど多く百官士卒が殺され、天子御物などは残らず略奪された《後漢書董卓伝》。御車が曹陽に到達したとき、董承・楊奉李傕らと偽り和睦をし、河東郡密使を送って、かつての白波賊の統帥李楽韓暹胡才、また南匈奴右賢王(または左賢王去卑らを呼び寄せた。おのおの数千騎を率いて彼らがやって来ると、李傕らの軍勢を破って数千人の首を挙げ、御車はようやく進むことができた。しかし李傕らがふたたび襲ってくると、後詰め楊奉らは敗れて多く死者出した《後漢書董卓伝》。

陝に到達すると楊奉らと相談し、ここで黄河を北に渡ることにした。李楽に舟を準備させて天子を乗せたが、河に落ちた者が舟に捕まろうとするので、董承は戈で彼らの指を切り、舟底に落ちた指は手ですくえるほどになった《後漢書董卓伝》。河内太守張楊食膳捧げ出迎え天子河東郡安邑に遷した《後漢書董卓伝》。

建安元年一九六)正月兗州曹操天子迎えようと計画し、曹洪派遣してきた。董承は袁術の将萇奴とともに要害に籠って曹洪侵入阻止した《武帝紀》。二月諸将のあいだで権力争い起こり、董承は韓暹攻められて張楊元へ亡命した。七月張楊洛陽宮殿修復したのでようやく帰ることができ、張楊大司馬楊奉車騎将軍韓暹大将軍・領司隷校尉となり、董承は韓暹宿所同じくした。しかし韓暹功績を誇って政治干渉したので、董承は密かに曹操召し寄せた。韓暹処罰恐れ出奔し、董承は衛将軍昇進して列侯に封ぜられた《後漢書董卓伝》。

同四年、董承は車騎将軍昇進し、開府を許された《後漢書董卓伝》。董承の女は献上されて貴人となった《後漢書伏皇后紀》。献帝曹操政治専断していることを憎み、董承に曹操誅伐の密詔を下した。董承は左将軍劉備計画立てたが、劉備袁術討伐に出ることになり、そのまま下邳で兵を挙げた《先主伝》。董承は偏将軍王子服(または王服)・長水校尉(または越騎校尉种輯・議郎呉碩・将軍呉子らと計画を練った。翌五年正月計画曹操漏れ、董承は王子服种輯・呉碩とともに殺され、三族皆殺しになった《先主伝・後漢書董卓伝》。

参照袁術 / 王子服 / 郭汜 / 韓暹 / 牛輔 / 去卑 / 胡才 / 呉子 / 呉碩 / 曹洪 / 曹操 / 段煨 / 种輯 / 張済 / 萇奴 / 張楊 / 董貴人 / 董太后 / 董卓 / 楊定 / 楊奉 / 李傕 / 李楽 / 劉協献帝) / 劉宏霊帝) / 劉備 / 安邑県 / 兗州 / 華陰県 / 河間国 / 河内郡 / 河東郡 / 下邳国 / 黄河 / 弘農郡 / 陝県 / 曹陽亭 / 長安県 / 郿県 / 洛陽県 / 安集将軍 / 右賢王 / 衛将軍 / 越騎校尉 / 貴人 / 議郎 / 左賢王 / 左将軍 / 車騎将軍 / 将軍 / 司隷校尉 / 大司馬 / 大将軍 / 太守 / 中郎将 / 長水校尉 / 寧輯将軍 / 偏将軍 / 牧 / 南匈奴 / 府(開府) / 領 / 列侯 / 白波


鄧升Deng Sheng

トウショウ

(?~206?)

高幹の将。

建安十年(二〇五)、高幹上党太守人質に取って曹操に叛き、軍勢挙げて壺口関に籠った。曹操将楽進・李典背後に回ろうとしたので壺関城に引き揚げたが、そこで楽進らを打ち破った。翌十一正月曹操が自ら軍勢を進めてきたので、高幹夏昭・鄧升に城を守らせ、自分匈奴単于救援求めにいった。鄧升らは三ヶ月間、曹操軍の包囲を凌いだが陥落した《武帝紀・袁紹伝・楽進伝》

参照夏昭 / 楽進 / 高幹 / 曹操 / 李典 / 壺関県 / 壺口関 / 上党郡 / 単于 / 太守 / 匈奴


陶升Tao Sheng

トウショウ
タウシヨウ

(?~?)
建義中郎将

黒山賊の頭目張燕伝》。

陶升はもともと内黄県小役人であったが、黄巾賊張角蜂起すると、賊に身を落とし平漢将軍自称する。賊将それぞれ数千から三軍勢を率いていた《袁紹張燕伝・後漢書袁紹伝》。

初平四年(一九三)三月上巳冀州袁紹公孫瓚征討帰途、薄洛津において賓客たちを集め大宴会催していた折り魏郡兵士たち叛逆して黒山于毒らと手を結び、総勢数万人で鄴城を襲撃太守栗成殺害した。朝廷から正規冀州牧として壺寿迎え入れる袁紹伝・後漢書同伝》。

袁紹彼の部下家族はみな鄴城内におり、恐怖のあまり青ざめたり泣き出したりする者がいた。陶升は于毒らの元にいたが、彼だけは袁紹に心を寄せ配下軍勢引き連れ西城乗り越え役所の門を閉ざして賊徒どもを入れないようにした。そして袁紹家族や州吏を車に乗せ、彼自身護衛しながら斥丘送り届けた。袁紹斥丘まで引き返すと、陶升を建義中郎将取り立てる袁紹伝・後漢書同伝》。

参照于毒 / 袁紹 / 壺寿 / 公孫瓚 / 張角 / 栗成 / 魏郡 / 冀州 / 鄴県 / 内黄県 / 薄洛津 / 太守 / 平漢将軍 / 牧 / 黄巾賊 / 黒山賊 / 上巳


凍傷

読み方:トウショウ(toushou)

寒気のため、手足や耳の血行が止まって、感覚が失われ、ついには組織壊死する傷害

季節

分類 人事





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「トウショウ」の関連用語

1
100% |||||



4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
94% |||||

8
94% |||||

9
94% |||||

10
94% |||||

トウショウのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

有人飛行打ち上げ競争

マークX ジオ

マイラー

ニューかめりあ

ミサゴ

ハイポイドギヤ

バーナーピッチ

ジターリング





トウショウのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
むじん書院むじん書院
Copyright (C) 2017 mujin. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2017 Weblio RSS