トゥデイとは?

トゥデイ

トゥデイ・F スペシャル
通称名 トゥデイ
車名・型式 ホンダ・JBH-AF67
全長×全幅×全高(m) 1.695×0.630×1.030
軸距(m) 1.180
最低地上高(m) 0.110
シート高(m) 0.695
車両重量kg 79
乗車定員(人) 1
最小回転半径(m) 1.8
エンジン型式・種類 AF67E・空冷4ストロークOHC単気筒
総排気量cm3 49
内径×行程mm 37.8×44.0
圧縮比 10.1
最高出力kWPS]/rpm 3.0[4.1]/8,250
最大トルクN・mkg・m]/rpm 3.7[0.38]/7,500
燃料消費率km/L) 73.0(30km/h定地走行テスト値)
燃料供給装置形式 電子式電子制御燃料噴射装置PGM-FI)>
始動方式 セルフ式(キック併設
点火装置形式 フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用
燃料タンク容量(L) 4.6
クラッチ形式 乾式多板シュー式
変速機形式 無段変速式(Vマチック)
変速比 1 速 2.850〜0.860
減速比 1 次 3.600
2 次 3.769
キャスター(度)/トレールmm 26°30´/71
タイヤサイズ 80/100-10 46J
80/100-10 46J
ブレーキ形式 機械式リーディング・トレーリング
機械式リーディング・トレーリング
懸架方式 テレスコピック
ユニットスイング
フレーム形式 アンダーボーン

トゥデイ/トゥデイ・デラックス

通称名 トゥデイ/トゥデイ・デラックス
車名・型式 ホンダ・BA-AF61
全長×全幅×全高(m) 1.695×0.630×1.030
軸距(m) 1.180
最低地上高(m) 0.110
シート高(m) 0.695
車両重量kg 75
乾燥重量kg 71
乗車定員(人) 1
最小回転半径(m) 1.8
エンジン型式・種類 AF61E・空冷4ストロークOHC単気筒
総排気量cm3 49
内径×行程mm 37.8×44.0
圧縮比 10.1
最高出力kWPS]/rpm 2.8[3.8]/8,000
最大トルクN・mkg・m]/rpm 3.6[0.37]/6,500
燃料消費率km/L) 65.0(30km/h定地走行テスト値)
キャブレター型式 VK0DA
始動方式 セルフ式(キック併設
点火装置形式 CDIバッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用
燃料タンク容量(L) 5.0
クラッチ形式 乾式多板シュー式
変速機形式 無段変速式(Vマチック)
変速比 1 速 2.850〜0.860
減速比 1 次 3.600
2 次 3.769
キャスター(度)/トレールmm 26°30´/71
タイヤサイズ 80/100-10 46J
80/100-10 46J
ブレーキ形式 機械式リーディング・トレーリング
機械式リーディング・トレーリング
懸架方式 テレスコピック
ユニット・スイング
フレーム形式 アンダーボーン

トゥデイ

英語 Today

トゥデイは、今日現代を意味する。デビュー1985年9月だが、そのとき商用カテゴリーの軽だった。88年3月乗用型を発売。ボディタイプは3ドアハッチバックで、低いシルエット特徴があった。エンジン2気筒から3気筒SOHC・547ccに変わり、36psと42psの2チューンがあった。駆動方式FFミッションは3速ATと5速MT89年4月XEXL追加

90年3月、新軽規格(660cc)にミートした3気筒SOHCエンジンの656cc版となり、キャブレーター仕様の42ps、PGM-FIの52psを採用した。ボディ全長100mm増となり、バンパーエンジンルーム拡大にあてた。リヤスタイルもバンパーウインドウ大型化をはかった。内装若干変わった駆動方式FFのほか、ビスカスカップリングを用いた4WD(4月発売)を設定した。91年9月、ポシェット・リミテッドに電動パワーステアリング装備した。トゥデイのパワーステアリング初めて。

93年1月フルモデルチェンジ、2代目となった。2ドアのセミノッチバックセダンで、リヤウインドウ大きく湾曲し、短いテールには下ヒンジトランクが付いた。エンジン旧型踏襲する48psと58psにパワーアップ駆動方式FFフルタイム4WD旧型併売した。5月アソシエのサブネームを付け4ドアセダン設定エンジン2種ミッションは5速MTと3速AT。リヤウインドウ平面的となった。94年3月には4ドアJiというモデル追加した。

96年2月マイナーチェンジで、2ドア4ドアともにリヤハッチ付き変わったユーザーからの要望伝えられたが、3年ほどでのこの大変更異例といえた。フロント部もリデザイン。3ドアモデルには、MTREC(エムトレック、多連スロットルによる高応答性エンジン制御システム)エンジン搭載し、テールスポイラーやマフラーカッター、タコメーターなどを装着したスポーティモデルも誕生した。

97年4月登場した新世代(2代目)ライフとは併売したが、98年10月新規格(3代目)ライフ登場とともに消えた

トゥデイ

トゥデイ_2

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

トゥデイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/07/09 12:10 UTC 版)

トゥデイ(today)は、英語で「今日」の意味。




「トゥデイ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

トゥデイに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「トゥデイ」の関連用語

トゥデイのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

クラッシュゾーン

ティアドロップフォルム

トゥデイ

継続検査

ハンディキャップドカー

内部欠陥

チェーンテンショナー

サーモスタット





トゥデイのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
HONDAHONDA
COPYRIGHT (C) 2017 Honda Motor Co., Ltd. and its subsidiaries and affiliates. All Rights Reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトゥデイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS