データベーススペシャリスト試験とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 資格 > 試験 > データベーススペシャリスト試験の意味・解説 

データベーススペシャリスト試験

読み方データベーススペシャリストしけん
別名:データベーススペシャリスト試験(DB)
【英】Database Specialist Examination

データベーススペシャリスト試験とは、経済産業省認定している国家試験1つである。独立行政法人情報処理推進機構試験運営を行っている。

データベーススペシャリスト試験は「テクニカルエンジニア(データベース)試験」の後身であり、2009年新制度より「データベーススペシャリスト試験」に名称が改められた。両者試験範囲大きな差は無いが、試験時間などに変更がある。

データベーススペシャリスト試験では、特定のデータベース依存せず、最適情報システム企画開発運用管理保守が行える専門的知識を有している者を対象としている。そのためデータベース技術に関する高い実践能力期待される。


参照リンク
データベーススペシャリスト試験(DB) - (情報処理技術者試験センター

データベーススペシャリスト試験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/20 06:00 UTC 版)

データベーススペシャリスト試験(- しけん、Database Specialist Examination、略号DB)は、情報処理技術者試験の一区分である。試験制度のスキルレベル4(スキルレベルは1~4が設定されている)に相当し、高度情報処理技術者試験に含まれる。対象者像は「データベースに関係する固有技術を活用し、最適な情報システム基盤の企画・要件定義・開発・運用・保守において中心的な役割を果たすとともに、固有技術の専門家として情報システムの企画・要件定義・開発・運用・保守への技術支援を行う者」。




  1. ^ [https://career.levtech.jp/word/list/151/ データベーススペシャリストの求人・転職 | レバテックキャリア
  2. ^ [https://career.levtech.jp/word/list/151/ データベーススペシャリストの求人・転職 | レバテックキャリア
  3. ^ [https://career.levtech.jp/word/list/151/ データベーススペシャリストの求人・転職 | レバテックキャリア
  4. ^ [https://career.levtech.jp/word/list/151/ データベーススペシャリストの求人・転職 | レバテックキャリア
  5. ^ [https://career.levtech.jp/word/list/151/ データベーススペシャリストの求人・転職 | レバテックキャリア
  6. ^ 情報処理技術者試験 推移表 (PDF) (情報処理技術者試験センター)


「データベーススペシャリスト試験」の続きの解説一覧





データベーススペシャリスト試験と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

データベーススペシャリスト試験に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「データベーススペシャリスト試験」の関連用語

データベーススペシャリスト試験のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

L-06D JOJO

パラルビ

Firefox

Ascend HW-01E

WikiReader

ARROWS M01

Xperia Z SO-02E

デュアルポインタマウス





データベーススペシャリスト試験のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリデータベーススペシャリスト試験の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのデータベーススペシャリスト試験 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS