デュアルコアとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > デュアルコアの意味・解説 

デュアルコア(でゅあるこあ)(dual core)

2つのプロセッサコアを搭載したCPU

一般に、ひとつのパッケージに2個以上の独立したプロセッサコアを搭載するCPUマルチコア呼ばれている。デュアルコアはマルチコア基本的構成をなすものだ。

基本ソフトOS)やアプリケーションからは、あたかも2つの独立したCPU存在しているかのように見える。

インテルAMDなどのメーカーは、クロック周波数増大によるCPU性能向上には限界があると見ている。たとえ熱の発生一定水準抑えることができたとしても、微細加工要する製造過程では量子効果による影響が出てくるためだ。

そこで、ひとつのパッケージ複数のプロセッサコアを搭載し、それらが並列して処理を進めることで性能の向上を目指す考えかたが有望視されている。今後は、シングルコアプロセッサのクロック周波数上昇せず、マルチプロセッサ結合技術に力が注がれることになろう。

日本AMD22日、報道関係者パートナー各社向けて今後主力製品として期待されるデュアルコアの Athlon64 プロセッサOpteron プロセッサ発表した。

(2005.04.25掲載


デュアルコア

別名:デュアルコアプロセッサ
【英】dual-core

デュアルコアとは、1つCPUパッケージに2個のCPUコア搭載したCPUのことである。デュアルコアでは、複数アプリケーション並行して動作させる場合に力を発揮すると言われている。

従来サーバーのような高い性能要求されるコンピュータでは、CPU複数搭載することで性能の向上を図っている。一方エンドユーザーが使うクライアントパソコンでは、クロック周波数の高いCPU搭載することで、性能の向上を図っている。しかし、CPUから発生する熱や消費電力増大などで、その手法は困難になってきている。

このような問題解決する手段一つとして、2個の演算回路搭載して、1個のCPUありながら疑似的に2個のCPU搭載しているような動作実現するデュアルコアが利用されている。

デュアルコアは、複数CPUコア搭載するマルチコア技術一つである。なお、演算回路を4個搭載することでさらに高い機能実現するCPUクアッドコア呼ばれている。

マイクロプロセッサのほかの用語一覧
CPU:  スーパースカラ  スキュー  タンデム結合  デュアルコア  デカコア  ドデカコア  ドデカコアプロセッサ

マルチコア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/05/29 14:32 UTC 版)

(デュアルコア から転送)

マルチコア (Multiple core, Multi-core) は、1つのプロセッサ・パッケージ内に複数のプロセッサ・コアを封入した技術であり、マルチプロセッシングの一形態である。




  1. ^ 伝統的にインテルは前者、AMDは後者で呼び分けている
  2. ^ ポラックの法則ではプロセッサを構成するトランジスタ数を2倍にしても処理能力は\sqrt{2}倍(約1.4倍)にとどまるとされている。一方で、消費電力はトランジスタ数に比例する。この法則によれば2倍のコストで1.4倍のリターンしか得られず、プロセッサ当りのトランジスタ数を増やすことは非効率となる。
  3. ^ スーパーコンピュータの領域ではより早くからスカラー演算能力の限界として認識されていた。
  4. ^ クロックを停止するのは「クロック・ゲーティング」である。
  5. ^ 機能ブロックごとに電源供給を停止するのは「パワー・ゲーティング」である。
  6. ^ 機能ブロックごとにスレッシュホールド電圧値を変えて動作速度を変えるのは「マルチVth」である。
  7. ^ ローカル・キャッシュを共有し合う機構とは、コアローカルなL2キャッシュとダイ共有のL3キャッシュの関係において、通常はスヌープしてローカルなL2キャッシュ間のコヒーレンシを確保する仕組みだが、自分のコアのL2でmissして他のコアのL2にあれば、L3ではなく他のコアのL2をアクセスする仕組みを指す。コア数が増えるとダイ共有のL3では対応し切れなくなる為と思われる。
  8. ^ ソニー・コンピュータエンタテインメントのCellプロセッサでは8個あるコア相当のSPEの内、実際にイネーブルにするSPEは7個とした。こうすることで1個のSPEの動作不良な量産ダイの中でも出荷可能となり、歩留まりが向上する。米インテル社から将来出荷予定のNehalemでもキャッシュメモリーの冗長化だけでなく不良コアをディスエーブルする機能が付くと公表されている。
  9. ^ インテル、メニーコア化への取り組みなど、研究活動に関する説明会を開催, マイコミジャーナル, 2005年11月09日






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

デュアルコアのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




デュアルコアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2014 時事用語のABC All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2014 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリデュアルコアの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマルチコア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS