デュアスロンとは?

デュアスロン

歴史と沿革




デュアスロン(英語 duathlon)とは複合競技一種で、第1ランランニング)、バイク自転車ロードレース)、第2ランランニング)を順に行い所要時間順位競うスポーツです。名前は、ラテン語で「2つの」という意味を表す「デュ」に、「競技」という意味の「アスロン」が組み合わされています。もともとは、スイムバイクランニングからなる複合競技トライアスロン」のスイムランニング代えて行う競技として生まれ普及しました。

日本では1990年頃から()ランナーズ社が開催するJSDS(ジャパン・スーパー・デュアスロン・シリーズ)によって競技開催盛んになりました。現在は2004年から始まった「カーフマンジャパン・デュアスロングランプリ」が年間シリーズ戦として人気得ています。

一方海外では国際トライアスロン連合ITU)が、デュアスロン人気の高いヨーロッパ中心に各国代表選手が参加する世界選手権毎年開催しています。


競技方法

競技距離



競技の距離は会場、及びクラスによって多少異なります。一般大会ではラン5km+バイク30~40km+ラン5kmのケース主流ですが、ITU主催世界選手権ワールドカップなどの公式距離は、ラン10km+バイク40km+ラン5kmとなっています。また、初心者向けではラン0.5km+バイク5km+ラン0.5km程度の距離のレースあります

もっと長い距離のレースあります。たとえば、2008年の「ロングデュアスロン世界選手権」では第1ラン18km+バイク74km+第2ラン9kmで行われましたし、さらに2010年9月イギリス開催された「ロンドンデュアスロン」は第1ラン20km+バイク80km+第2ラン10kmで競われています。

日本では、1986年に初開催されて以来24回の歴史がある「ビホロ100kmデュアスロン大会」が長距離大会として有名で、第1ラン10km+バイク80km+第2ラン10kmで行われています。

国内主な大会
ビホロ100kmデュアスロン大会北海道美幌町
庄内デュアスロン大会in酒田山形県酒田市
カーフマンジャパン・デュアスロングランプリ (国内複数箇所でのシリーズ戦)


2008世界デュアスロン選手権(イタリア・リミニ)より>

海外主な大会
デュアスロン世界選手権
ロングデュアスロン世界選手権
ロンドンデュアスロン (イギリス・ロンドン)


ルール



デュアスロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/02/05 05:44 UTC 版)

デュアスロン英語 duathlon)とは、複合競技の一種で、第一ラン(ランニング)、バイク(自転車ロードレース)、第二ラン(ランニング)を順に行い、所要時間、順位を競うスポーツトライアスロンスイム水泳)を第一ランに代えたもの。




「デュアスロン」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

デュアスロンに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「デュアスロン」の関連用語

デュアスロンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




デュアスロンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2014 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのデュアスロン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS