ディルドリンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 医薬品 > > 農薬 > ディルドリンの意味・解説 

ディルドリン

分子式C12H8Cl6O
その他の名称:ディルドリン、オクタロックス、HEOD、Octalox、Dieldrin、イロキソール、Moth Shub D、Termitox、Dielmoth、Red Shield、Alvit 55、レッドシールド、Insectlack、SD-3417、exo-Dieldrin、ENT-16225、Dieldrex、アルビット55Kombi Albertan、テルミトックス、ディルドレックス、ドリトックス、NCI-C-00124、RCRA waste number P-037、Dorytox、ディールモス、Aldrin epoxide、Illoxol、コンビアルバータン、モスシュブD、アルドリンエポキシド、exo-ディルドリン、インセクトラック、ディールドリン、ディールドレックス、(1aα,2aα,6aα,7aα)-3,4,5,6,9,9-Hexachloro-1a,2,2a,3,6,6a,7,7a-octahydro-2β,7β:3α,6α-dimethanonaphth[2,3-b]oxirene、ディエルドリン、ジエルドリン
体系名:(1aα,2aα,6aα,7aα)-3,4,5,6,9,9-ヘキサクロロ-1a,2,2a,3,6,6a,7,7a-オクタヒドロ-2β,7β:3α,6α-ジメタノナフト[2,3-b]オキシレン


ディルドリン

農薬Dieldrin
和名orISO名[商品名]ディルドリン
分子式C12H8OCl6
用途殺虫剤
LD50(ラット)/g kg-10.046(特定化学物質)
LD50(マウス)/g kg-1
劇毒区分劇物
ランク
有機480
無機132
農薬登録(1996年時点)日本で登録され1973年失効承認ISO
その他
分子データ
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

ディルドリン(C12H8Cl6O)

ディルドリンは、ドリン殺虫剤として昭和30年代ピーク使用され、昭和46年以降実質的生産使用中止されました。その後白蟻防除剤としては使われていましたが、昭和56年アルドリンエンドリンとともに化学物質審査規制法に基づく第一特定化学物質指定され、全面的使用中止となっています。また、2001年5月採択された「残留性有機汚染物質(POPs)に関するストックホルム条約」の対象物質に指定され、環境適正な方法での管理廃棄物適正な処分求められています。中毒症状としては、頭痛、めまい、吐き気大量摂取した場合呼吸困難肝腎障害貧血脳波異常などが認められています。

ディルドリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/22 03:34 UTC 版)

ディルドリン (dieldrin) とは元来1948年に J. Hyman と Co, Denver によって殺虫剤として製造された塩素化炭化水素の一つ。ディルドリンはナフタレンを基本とする環状構造を有する。アルドリンが動物体内あるいは土壌中でエポキシ化されることでも生じる。エンドリンとは立体異性体との関係にある。


[ヘルプ]
  1. ^ a b 植村振作・河村宏・辻万千子・冨田重行・前田静夫著 『農薬毒性の事典 改訂版』 三省堂、2002年ISBN 978-4385356044
  2. ^ 毒物及び劇物取締法 昭和二十五年十二月二十八日 法律三百三号 第二条 別表第二
  3. ^ 東京都立衛生研究所毒性部病理研究科


「ディルドリン」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ディルドリン」の関連用語

ディルドリンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

猫谷第1堰堤

泉谷 英雄

南部次郎

Cruzer

ミスガイ

クラフト紙

二層同時舗設式アスファルトフィニッシャ

ウッドマイカルタ





ディルドリンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2017 京浜河川事務所 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのディルドリン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS