テンペル第一彗星とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > テンペル第一彗星の意味・解説 

テンペル第一彗星

テンペル第一彗星(9P/Tempel)は1867年フランステンペルによって発見された彗星です。5.5年周期太陽周り公転しています。彗星大きさは幅5km、長さ11kmです。
2005年1月打ち上げられたNASA彗星探査機ディープインパクトが、彗星内部様子調べることを目的に、2005年7月4日彗星めがけて重さ370kgの銅製衝突体(インパクター)を衝突させ、彗星内部物質放出させることに成功しました。
衝突様子探査機本体ハッブル宇宙望遠鏡ESAヨーロッパ宇宙機関)の彗星探査機ロゼッタ日本すばる望遠鏡などでも観測されています。
データからみる限り衝突体が彗星衝突した直後放出された物質は、どうやら大量の細かい粉のような物質であるということが分かってきました。



テンペル第1彗星

(テンペル第一彗星 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/22 05:53 UTC 版)

テンペル第1彗星(9P/Tempel 1)は、1867年4月3日ドイツエルンスト・テンペルによりマルセイユで発見された周期彗星である。木星に接近して摂動を受けやすい軌道にあるため公転周期は変動しており、1881年までは5.68年だったが現在は5.5年。このため、1898年から1967年まで一時消息不明となった。




「テンペル第1彗星」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「テンペル第一彗星」の関連用語

テンペル第一彗星のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アメリカ航空宇宙局

巨大望遠鏡

STS-66

りゅうせい

マーキュリー6号

第2次国際微小重力実験室

W・デ・シッター

ポール・ディラック





テンペル第一彗星のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2017 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのテンペル第1彗星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS